ボロボロだった過去を告白…イギリス人モデルに共感

「誰もパーフェクトじゃないし、誰かのために自分を変える必要はないのよ」

人気の記事

エミリー・バドールさんは、20歳のイギリス人モデル。コスモポリタン アメリカ版によると、彼女はこの数カ月の間に、自分自身の"パーフェクト"とは言えない写真と本当の気持ちを告白し、人々の共感を集めているそう。

バドールさんがインタビューで語ったところによれば、それはそもそも自分のために始めたことで、インスタグラムを使ったのは、自分の中のセルフイメージを壊すため。フォロワーからはネガティブな反応があるだろうと予測していたのだとか。

ADの後に記事が続きます

最初の投稿は、2枚の写真を並べたもの。1枚目は彼女が最も細かった2015年の7月の写真で、もう1枚は現在の写真。「左は2015年の7月で、私が1番軽かったとき。何キロだったかは言えないけど、サイズは46でウェストは58㎝しかなかった。そして、自分が太ってると思ってた」と、バドールさん。

i'm gonna be honest, the industry needs to change. man oh man i'm tired of it. on the left is july 2015, my lowest weight. i can't tell you how much i weighed but i can tell you i was size 4/6 and my waist only measured 23 inches. i can also tell you i thought i was fat. i've always had a few body image issues but since becoming a model, they've skyrocketed. at work, i've always felt like i didn't belong, i've always been short, and mixed race. i'd been modelling for just over a year, and going to castings made me feel super insecure. every time i didn't get a call back from my casting i'd start to wonder why. was i too fat? during 2015, i became obsessive with my measurements and clothes sizes. i exercised daily and i would never even look at any carbs let alone eat them. it started making me physically sick, dizzy, exhausted, etc. i ended up getting to a point where i'd have daily panic attacks about getting dressed, and couldn't even leave my bed in fear of catching my reflection in the mirror. at this time, i also started getting the most work i've ever had and travelling all over world. which, instilled in me "the thinner i am, the more work i'm gonna get". my hatred for myself became so overwhelming i knew something had to change, i took some time out and finally got working on loving myself. and today, for the first time in a long time, i felt good about myself this morning. i struggle with getting dressed sometimes, catching my reflection can occasionally hurt still and i have panic attacks now and again but i am getting there. sometimes i forget that self love is a journey. we have to call on this system to change. we need diversity. all bodies, differently abled, shaped, coloured, sized, gendered and aged. diversity is so important. representation is so important. i'm sick and tired of seeing amazing, talented, beautiful women hate themselves because they don't look like that VS model or whatever. too many young women suffer from mental health issues which stem from the pressure of today's media. ✨you are more than your appearance, you are strong and resilient and you are beautiful no matter what and i really hope you remember that✨

A post shared by e m i l y bador (@darth_bador) on

…それまで私にはほとんどボディイメージの問題がなかったのに、モデルになってからは、急激に悪化した。どこにも居場所がなくて、背が低いことや、人種が混じっているのが気になって。1年ちょっとしかモデルをしてないけど、オーディションに行くたびにすごく不安だったわ。オーディション結果の連絡が来ないと、理由を考えるようになった。「私、太りすぎ?」って。2015年は、自分のサイズに強迫的になって、毎日エクササイズをして、炭水化物には見向きもしなかった。体調も悪くて、目まいがしたし、疲れ果ててた。最終的には、日常的にパニック障害を起こすようになって、鏡を見るのがイヤでベッドから出られなくなった。この頃、仕事は1番多くなっていて、世界中を旅してた。だから、"細ければ細いほど仕事が来るんだ"と思い込んでたの。あまりの自己嫌悪の強さに、何かを変えなくちゃと思って、仕事を少し休んで、自分を愛することに力を注ぐようにした。そうしたら、今朝久しぶりに、自分のことを受け入れられたわ。

この投稿には多くのポジティブな反応が寄せられたようで、その内容にバドールさんは感激。

どうしよう、みんながくれたコメントで本当に涙が出ました。みんな、大好きです。

自称フェミニストであるバドールさんは、モデル業界の冷酷さや、女性が特定の容貌を保持することを要求する社会のあり方についても発言。「(モデルの仕事を始める)以前は、自分の人種的なアイデンティティを問うこともなかったし、ボディイメージや不安の問題も感じていませんでした。なんとかやっていたんです」と、バドールさん。「モデルの多くがこの問題に苦しんでいるのは、衝撃です。私の事務所に所属するモデルの1人が、不安はこの業界のせいだと言っていました。経験した人ならわかります」。

Ten minutes ago, I wasn't gonna post this. Ten minutes ago, I look at this and thought "my thighs look fat in this". Ten minutes ago, I almost didn't even check the comments section for fear of some internet troll ridiculing my my body. ✨ Cos it's hard learning to love yourself, it's fucking hard. And I still slip up, like, a lot. ✨ And we live in a world where it's almost impossible to escape the ridiculous traditional beauty standards the fashion industry think are 'correct'. Whether you're in it directly or not, it's hard not to be affected. But you've gotta stay strong. You've gotta remember you're perfect as you are. It's never worth forcing yourself to be something you're not. It's not worth making yourself sick just to look like the girls in the adverts (even if you're meant to be 'one of the girls in the adverts'). ✨ I did check the comments by the way. And it was worth it. "I love that you're using a regular model, someone who I can personally relate to. 😍 love the outfit too" (thank you @danidoce). Some times, I slip up, and I ridicule myself and my journey to self love isn't always perfect. But this one comment was a huge reminder that actually, there's nothing wrong with me, my thighs aren't fat, and I am as valid and as worthy as any other girl on New Looks instagram, as valid and as worthy as anyone. And I'm posting this photo as a reminder of that. It's not me who needs to change, it's the industry. And I hope you all remember that too✨❤️

A post shared by e m i l y bador (@darth_bador) on

つい10分前は、この写真を投稿しないつもりだった。「この写真、太ももが太く見える!」と思って。誰かに悪口を言われるのが怖くて、コメントのチェックもしなかった。自分を愛する方法を学ぶのって、とてつもなく難しいわ。私もよく失敗するの。ファッション業界が"正しい"と主張する美の基準に、影響を受けないでいることもすごく難しい。でも、みんなには強くあってほしいの。あなたはそのままで完璧なんだってことを、どうか忘れないで。 …みんなのコメント見ました。見てよかった。この業界が変わらなくちゃいけないのであって、自分が変わる必要はないとわかったから。

白人とマレーシア人の混血であるバドールさんは、フォロワーの人々に、自分の体だけでなく、自分のルーツにも誇りを持って欲しいと願っているそう。オンライン・ファッションマガジン<i-D>に、ファッション業界の何を変えたいかと問われたバドールさんは、"多様性がカギ"だと回答。「一定タイプのモデルだけを使うのを止めるべきです。ファッションは全ての人を代表するものでなくてはいけません。誰にも自分が排除されていると感じさせてはいけないんです」。

また、最近の投稿ではこうも言っていたバドールさん。「誰にも"パーフェクト"にならなくてはいけない理由なんてないわ。女性の体が性的な対象としてばかり見られることや、見かけで女性の価値を決めていいという風潮にはウンザリ」。

私は自分のたるんだお腹を愛することを覚え始めています。二度と平らなお腹にはならないというわけじゃないけど、それはそれでOK! これは、私自身へのメッセージ。「あなたが他のインスタグラムモデルたちみたいに見えなくても、何も問題はないし、素晴らしいわ。あなたは自分でいるだけで十分なの」。

では、モデルの卵たちへのアドバイスは? 「覚えておいて、誰もパーフェクトじゃないし、誰かのために自分を変える必要はないのよ」。その通り!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
研究で判明!「怒り」の感情が、睡眠の質を下げている!?
健康
シェア
怒ったまま寝ると「睡眠の質」が下がる!?
ベッドに入る前に、心配事は忘れて彼との仲直りを心掛けて♡
メンタルヘルスのプロ5人が実践する「セルフケア術」
健康
シェア
メンタルヘルスのプロが教える「セルフケア術」5つ
その道のプロだって人間。ストレスを感じたときは、どう対処してる?
大きなハンバーガーとダイエット中に食べる小さなハンバーガー
健康
シェア
研究で発覚!ダイエットは「休憩」を挟んだ方が効果的!?
ストイックになりすぎないのがコツなのかも
栄養士8人が回答!「二日酔い」のとき何食べてる?
健康
シェア
栄養士8人が回答!「二日酔いの朝」に食べるのは?
大きく分けると3つ!
見た目では判断できない!女性が語る「摂食障害の真実」
健康
シェア
見た目で判断しないで!女性が伝える「摂食障害の真実」
「内面が回復しない限り、どうやっても自分の外見を愛せるようにはならないんです」
バーに並べられたお酒
健康
シェア
研究が指摘!お酒の飲み過ぎが脳に与える悪影響
お酒をよく飲む学生の脳に現れた変化とは…?
ダイエット中に最適♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
健康
シェア
ダイエット中もOK♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
おいしく食べて健康にダイエット!
深刻な事態になる前に!要注意な「ストレスのサイン」10
健康
シェア
ただのストレスじゃない!?専門家による「要注意の症状」10
忙しさのせいにして見過ごしがちな不眠や頭痛、イライラが、実は疾患のサインであることも!?
ダイエット成功の秘訣?クロエの「おすすめヘルシー朝食」3
健康
シェア
ダイエット成功の秘訣?クロエの「おすすめヘルシー朝食」3
18キロの減量に成功したクロエ・カーダシアンの朝食って?
栄養士が教える、「プチ断食」の大事なルール9
健康
シェア
栄養士が教える、「プチ断食」の基礎知識9
近年話題のダイエットで押さえておくべき基本って?