研究で判明!肺炎などのリスク減に、サウナがいい!?

寒くなってきたし…サウナ通いもいいかも!

水泳とサウナは健康的なリラックス法として知られているけど、実際に体にもいいのだとか! 最新の論文によると、週に2回サウナに入ると、肺炎など一部の感染症のリスクを減らせるのだという。

イギリスの新聞<テレグラフ>の記事によると、この研究はイギリスのブリストル大学とフィンランドのイースタン大学により行われたもので、サウナに入ることでの、胸部疾患のリスクを減らせることが判明したのだとか。定期的にサウナを利用している男性は、肺炎にかかるリスクが27%低く、利用回数が週に4回以上だと、感染症にかかるリスクが40%も減るとのこと。

ADの後に記事が続きます

研究チームは4261歳の男性約2,000人を対象に、25年間にわたり健康状態を調査。その中で、サウナの利用状況に加え、ぜん息、胸部感染症による肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)による胸部疾患が原因の入院歴も記録したという。

テレグラフによると、男性を対象としたこの研究結果は女性にも当てはまると見られ、「サウナを利用することで気道閉塞が緩和する」ため、呼吸器系疾患に効果があると考えられているようだ。

論文の著者は次のようにコメント。

「今回の研究結果から、急性疾患と慢性疾患の両方にサウナはよい効果をもたらすということが立証されました。サウナは楽しくリラックスできます。ほとんどの人にとってサウナは安全で、あまり負担がかからない健康法ですよ」

ただし、妊娠中の人や最近、心臓発作を起こした人、高血圧や低血圧の人はサウナの利用は避けた方がいいそう。また、病気などでサウナの利用に不安がある場合は、必ず医師に相談を。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

RED

More from Cosmopolitan Japan:
食べ過ぎたわけではないのに、気づくとおなかがパンパンに張っている。そんなおなかのハリに効果的な食べ物やドリンクなど、全56のヒントをご紹介する連載の最終回。意識して取り入れたら、ぺったんこなおなかが手に入るはず! 第1回、第2回、第3回はこちらから。※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko Kuwabara    From:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART4】
いつもの食生活をちょっと改善するだけで「ガスだまり」がなくなるなんて…!
「セルライトもあなたの一部」、ある女性の声に共感者続出!
健康
シェア
プラスサイズモデルがSNSで広めた「セルライトの愛し方」
自分のカラダを、心の底から愛せるようになるためのヒント
食べ過ぎたわけではないのに、気づくとおなかがパンパンに張っている…。そんな経験したことない? おなかの張りに効く56の対処法の第3回目をお届け。ガスだまりを引き起こしていた、意外な食べ物を第1回目、第2回目も合わせてチェック!※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko Kuwabara    From:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART3】
ほんの少しだけ食べ物に気を使うことで、おなかがスッキリする!?
栄養士たちに聞いた!彼らが口にしない7つの食べ物
健康
シェア
栄養士に聞いた、彼らが「口にしない食べ物」7
栄養士が健康のために避けている食べ物って?
アメリカでは、「フラット・ベリー・ダイエット(おなかぺったんこダイエット)」が大ブーム中。憧れのフラット・ベリーに近づくべく、ハリに効く56の対処法の第2回目をお届け。第1回目はこちら。※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko KuwabaraFrom:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART2】
飲み物や食べ物によって「ガスだまり」を改善できる…!?
食べることによって健康効果が得られるダークチョコレート
健康
シェア
おやつにも◎!チョコレートで得られる体にイイこと5
美味しくて体にもいい効果が見込めるなんて…♡
不安な気持ちを落ち着ける効果のあるハーブ/ガーデニング
健康
シェア
心が不安定な時に…気持ちが落ち着くハーブ10選
ティータイムや料理に取り入れてみて。
「オイル」をかけたほうが、よりヘルシーになる「サラダ」
健康
シェア
サラダは「オイル」をかけたほうが、よりヘルシーになる!?
我慢してノンオイルドレッシング使っていたのに!
栄養士が教える、冬を乗り切るための8つの最強食材
健康
シェア
栄養士が教える、寒い季節を乗り切るための最強食材8
体はもちろん、お肌や心にも良い食材って?
アスリートのカラダ作りから学ぶ「食生活」の8つのルール
健康
シェア
アスリートのカラダ作りから学ぶ「食生活」の8つのルール
「食べる食品を賢く選ぶ」のがカギ!