冷凍の野菜や果物は、生鮮食材より栄養価が高い!?

もう冷凍野菜を使うことに、罪悪感を抱かなくていいかも…?

人気の記事

冷凍野菜はとっても便利な食材。洗ったり、切ったりする必要はないし、火は通してあるし。でも、冷凍野菜(&果物)を使うことには、罪悪感が伴うという人もいるはず。手抜きをしているような、体に悪いことをしているような…。

ところが。コスモポリタン アメリカ版によると、2017年に<Journal of Food Composition and Analysis>に発表された新たな研究で、冷凍野菜&果物は、生鮮野菜&果物と同じくらい栄養豊富なことがわかったのだとか。しかも場合によっては、冷凍品の方が生鮮食材よりも栄養価が高いこともある、とのこと。

ADの後に記事が続きます

ジョージア大学の研究者たちは、2年間にわたってブロッコリー、カリフラワー、トウモロコシ、サヤインゲン、ホウレンソウ、ブルーベリー、イチゴの栄養素(ビタミンC、ビタミンA、葉酸)の値を分析。それぞれの食品を、新鮮な状態、冷蔵庫で5日置いた状態、冷凍された状態の3つの条件に分けて検査したそう。

その結果、ほとんどの場合において、いずれの条件でも栄養価は同等だということが判明。中には冷凍の果物の方が、冷蔵品や新鮮な食品に比べてビタミンAが豊富なケースもあったというから驚くばかり!

この研究のスポンサーには、冷凍食品のメリットについての調査を推進する非営利組織<Frozen Food Foundation>が参加していることから「偏った見方がされているのでは?」という懸念もあるけれど、今回の研究結果は以前実施された他の研究でも示唆されていて、その説明はごく合理的。というのも、冷凍食品は収穫後(つまりは旬の時期)に急速冷凍されるのに対し、"新鮮"な果物や野菜は、箱詰めされ、店に輸送されて、消費者の手に届くまでに時間がかかるから(<Mic>調べ)。

これで、下処理が面倒な日には大手を振って冷凍野菜を買うことができそう。旬を過ぎても大好きな果物や野菜をいつでも楽しめて、栄養価もそのままなら嬉しい限り。

でも一番忘れてはならないのは、冷凍か生鮮かにかかわらず、野菜や果物を食べることが体にとって重要だということ、ですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡