研究で判明!Instagramでウツの改善に効果がある…?

不安をも共有できる場所に!?

人気の記事

Instagram>は、セルフィーとグルメ画像のためだけだと思ったら大間違い。というのも、コスモポリタン イギリス版によると、最近、ユーザーの多く不安感やウツとの闘いをシェアする場として<Instagram>を利用しているからだとか。しかも、ドレクセル大学が実施した調査によると、ユーザーは癒やし効果も得ていることがかったという。

ADの後に記事が続きます

20172月に実施されたこの調査では、1カ月間に24,929人のユーザーによる9万件の投稿の中から、#depressionウツ)」とタグ付けされた800件近くの投稿への返答を研究者たちが分析。その結果、<Instagram>が健康について語り合うプラットフォームとして利用され、メンタルヘルスに悩む人たちにとって情報源となっていることが判明したという。

悩みを抱えている人たちにとって、自分の気持ちを言葉にすることよりも、写真を投稿することのほうが簡単なこともありまた自分が属する安全なコミュニティだとしてみなているよう

この報告書を共同執筆したアンドレア・フォルテ博士は、<Yahoo ビューティーに対して「私たちが分析した多くのデータは体に対するイメージと見た目に関するものでした。取得したデータの中から「#ウツ」投稿とともに添えられた上位100のタグを見ると、#デブ』『#拒食症』『#美しい』『#痩せている』『#過食症』『#醜い』『#スリム』『#空腹などのキーワードが見つかりましたさらに投稿内容を分析したところ、見た目食べ物に関する画像は、より多くのコメントを集めていました」と解説。

また、ネガティブなコメントよりも「あなたは強いし、きれい」というようなポジティブなコメントの方がかなり多くった、研究者たちにとって意外な結果だった共同執筆者のナザニン・アンダリビさん。実際、<Instagramも、このようなアプローチを支持し2016年秋は、深刻な状況に陥っていると思われるユーザーがいた場合、オペレーターに知らせることによって自殺を防止するツールを導入。そのような通知を受けたオペレーターは、本人、またはその友人に直接メッセージを送ることによりサポートをすることができるとか。

アンダリビさんは、<Instagram>は正しい方向に向かっているとは思うものの、すでに存在しているサポートグループにより一層注目すべきだと考えているそう。「ユーザーをこのようなプラットフォームから逸脱させたり、デリケートな悩みの公開を恥ずかしいものと思わせるより、既存のサポートグループにフォーカスべきです」。

この調査は、ウツの症状を持つ人にとって<Instagram>が効果的なはけ口となっていることを強調するものの、過去の調査では、特に女性の場合ウツ病を促進し、自尊心に悪影響を及ぼす元凶となっている可能性を指摘するものも

ドレクセル大学の研究者たちは、多くの人が「デリケートで個人的な悩みをそこで打ち明けることで救いを求め同じ悩みを持つ人を見つけ、侮辱された体験を打ち明ける場として<Instagram>を利用している」と主張。

確かに家族や友だちには直接相談しにくいことがあるのは事実。匿名性の高いネットの世界でならではの良い点があることが明らかになった。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!