悩める生理中のお腹のゆるみ…原因と対策を医師が解説

あの下腹部の不快感を抑えるには、生理痛になる前に対策を!

人気の記事

生理になる度にお腹がゆるくなる…という女子は多いはず。ただでさえ生理痛が重かったり、頭痛になったりしてツラいのに、お腹の調子までおかしくなるなんて…これってなぜ?

コスモポリタン アメリカ版が医師に聞いてみたところ、生理と下痢には密接な関係があるんだそう。

なぜ生理時にお腹がゆるくなるの?

生理学的には、"月経周期"とは特定のホルモンや化学物質の分泌量が増減するもので、生理はその一連のサイクルで起こる現象のひとつなのだそう。ニューヨークの産婦人科医レベッカ・ブライトマン医師によると、生理初期にはプロスタグランジンという物質が子宮から分泌され、平滑筋の収縮を促す作用があるのだとか。

ADの後に記事が続きます

この平滑筋の収縮こそが、いわゆる生理痛の正体。そして、平滑筋は消化管とも連動しているため、ミラ・カガ内科医師曰く「プロスタグランジンは子宮だけでなく、消化管などの近隣部位にも作用してしまうことがあります」とのこと。つまり、生理痛がひどいときは、お腹のゆるみ具合もひどくなるダブルパンチ構造というわけ! 「便通が良くなる程度という女性もいれば、プロスタグランジンが消化管に与える作用が強すぎて、下痢になってしまうという女性もいます」とカガ医師。生理痛と同じように、一般的に症状が一番重たいのは最初の2日程度だそうで、その後はしだいに症状が軽くなると思えば、多少前向きになれるかも? 

そして生理前は便秘に…

お腹がゆるくなる原因がプロスタグランジンなのはわかったけれど、生理周期といえばプロゲステロン(黄体ホルモン)の関わりが大きいもの。ブライトマン医師によると、プロゲステロン分泌は排卵時に始まり、その役目は卵子が受精するのに備えて子宮の内膜を厚くすることなのだそう。さらに「プロゲステロンには、消化管の運動機能を低下させる一面もあります。そのため、生理前の1週間~10日間に便秘になるという女性が多いのです」。

つまり、排卵後は便秘でお腹が張りがちになり、生理がくるとプロスタグランジンの分泌が急上昇して、下腹部に蓄積していたものが子宮からも消化管からも一斉に排泄される…ということのよう。

予防策はあるの

カガ医師もブライトマン医師も、この生理とお腹のゆるみ対策として、イブプロフェンか類似の非ステロイド系抗炎症薬を生理前に服用し、プロスタグランジンの過剰分泌を抑えるのがベストという見解で一致。そして、最大限の効果を得るには、生理痛がくる前に服用するのがポイントのよう。生理が15日にくると予想されるのであれば、推奨量のイブプロフェンや非ステロイド系抗炎症薬を13日から服用するのが効果的、とカガ医師。イブプロフェンにプロスタグランジンの分泌を抑える働きがあるとはいえ、余程の過剰摂取をしない限りは、生理周期が乱れる心配はないとのこと。

イブプロフェンの効果は大きく、生理痛だけでなく生理による下痢の予防にもなるそう。また、低用量ピルなどの避妊薬を服用している場合、生理中のエストロゲン(卵巣ホルモン)とプロゲステロン分泌が抑えられているため、一般的に生理痛が軽くなることが多いのだとか。生理痛や便秘の対策として避妊薬を服用することに抵抗があるという人は、日常的に水分を多めにとり、十分な食物繊維の摂取を心がけ、さらに軽い運動を取り入れることで消化管の運動機能を活性化することを心がけて。

生理の症状が重くてひどく不快という人や、便秘や下痢に周期が見られないという人は、一度病院に行ってみるのがよさそう。なぜなら、消化管運動が不規則な場合、生理が原因ではなく、過敏性腸症候群(ストレスが原因で下痢や便秘になる)などの他の病気が潜んでいる可能性もあるから。

何はともあれ、生理前は便秘になりがちで、生理がくるとお腹がゆるくなる…という症状が毎月繰り返されるのは、どうやら普通のようなので安心してOK。ときにはウンザリしてしまう生理による体の不調も、女性はみんな多かれ少なかれ同じ経験をしていると思えば、慰めになる…!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: シャー順子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡
健康
シェア
外食続きで体重増…現役モデルは5日間、何を食べて元に戻す?
低カロリーでも、お腹を満足させるコツが盛りだくさん!