「寝る前の読書」が快眠に繋がるってホント?

たった6分間の読書が、睡眠に効果的という説が。

夜の睡眠が肌や脳機能、健康に深く影響することはみなさんご存知のはず。ではどうしたらより良い眠りを実現できるのでしょう? 

コスモポリタン イギリス版に、「おやすみ前の読書が快眠に効果的」という記事が。

就寝前に6分間読書をするだけで、人間の体にかかるストレスが減り、神経が静まるらしく、音楽を聞いたりお茶を飲んだりするよりも、効果的で即効性があるのだとか。研究を行った認知神経心理学者のデヴィッド・ルイス博士によると、読書によって別世界に意識を傾けることで、筋肉の緊張が解け、同時に心拍数が穏やかになるとのこと。

ADの後に記事が続きます

ストレスから早く解放されるほど、体は眠るための準備を進め、意識が現実から離れて、夢の世界へいざなわれる、というわけ。つまり「若草物語」(アメリカの古典文学作品。いわゆる"いい話")を読んで寝れば、いつもよりぐっすり眠れて、いい夢が見られるということ。『ブレイキング・バッド』(アメリカの人気ドラマ・シリーズ。ぶっ飛んだストーリーで話題に)のようにハラハラする展開のドラマを見て眠ったときとは大違いなのだそう。

さらに、フィクション作品を読むと、他人の考えに寛容になったり、理解が深まって、社会との関わりもスムーズにいくようになるという研究結果も。よく眠り、いい夢を見て、楽しい生活を送りたいなら、ベッドに入るときはテレビもDVDもパソコンもOFF。代わりに本といっしょに眠りにつきましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!