「寝る前の読書」が快眠に繋がるってホント?

たった6分間の読書が、睡眠に効果的という説が。

夜の睡眠が肌や脳機能、健康に深く影響することはみなさんご存知のはず。ではどうしたらより良い眠りを実現できるのでしょう? 

コスモポリタン イギリス版に、「おやすみ前の読書が快眠に効果的」という記事が。

就寝前に6分間読書をするだけで、人間の体にかかるストレスが減り、神経が静まるらしく、音楽を聞いたりお茶を飲んだりするよりも、効果的で即効性があるのだとか。研究を行った認知神経心理学者のデヴィッド・ルイス博士によると、読書によって別世界に意識を傾けることで、筋肉の緊張が解け、同時に心拍数が穏やかになるとのこと。

ADの後に記事が続きます

ストレスから早く解放されるほど、体は眠るための準備を進め、意識が現実から離れて、夢の世界へいざなわれる、というわけ。つまり「若草物語」(アメリカの古典文学作品。いわゆる"いい話")を読んで寝れば、いつもよりぐっすり眠れて、いい夢が見られるということ。『ブレイキング・バッド』(アメリカの人気ドラマ・シリーズ。ぶっ飛んだストーリーで話題に)のようにハラハラする展開のドラマを見て眠ったときとは大違いなのだそう。

さらに、フィクション作品を読むと、他人の考えに寛容になったり、理解が深まって、社会との関わりもスムーズにいくようになるという研究結果も。よく眠り、いい夢を見て、楽しい生活を送りたいなら、ベッドに入るときはテレビもDVDもパソコンもOFF。代わりに本といっしょに眠りにつきましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
健康
シェア
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
「サラダは健康的」とはいえ、これをやっちゃ台無しよ…
インスタは「ウツ改善に効果がある」という研究結果が!
健康
シェア
Instagramは「ウツ」の改善に効果がある?
不安をも共有できる場所に!?
ボディアクティビストが、批判コメントに爽快な切り返し!
健康
シェア
体型批判を一刀両断!ある女性のSNSコメントが爽快
「幸せは"サイズ"に比例しない」
悩める生理中のお腹のゆるみ…原因と対策を医師が解説
健康
シェア
なぜ?「生理中にお腹がゆるくなる理由」を医師が解説
あの下腹部の不快感を抑えるには、生理痛になる前に対策を!
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。