ホルモン系避妊薬が、うつ病になるリスクを高める…?

リスクを知った上で自分に合った避妊法を見つけたい

人気の記事

100万人以上の女性を対象にして大規模な研究結果、デンマークの研究者たちは、ホルモン系避妊薬の摂取がうつ病のリスクを高めることを発見したんだそう。避妊ピルを服用している女性たちは特に知っておいて欲しいこちらのニュースを、コスモポリタン アメリカ版から

The New York Timesによると、対象となったのは15歳から34歳までの女性で、2000年から2013年までの13年間追跡調査を実施。避妊ピルを服用し始めてから半年すると、ホルモンを含む避妊ピルを服用していない女性に比べうつ病のリスクが40%も高まったんだそう。

ADの後に記事が続きます

避妊薬によっては他よりも高いリスクを持っているものがある。例えば、3月毎に打つ効力を持続させるために徐々に成分が放出するように作られたデポ注射ミニピルのようなプロゲスチンのみを含む避妊薬はうつ病にかかるリスクが2倍以上高くなり、ミレーナ(子宮内避妊器具、IUD)を使う場合、その確率が3以上高まるらしい。また、研究者たちは成人女性よりも10代の女性の方がうつ病にかかるリスクが高それは若い女性はもともとうつ病にかかりやすい傾向にあること起因している可能性を指摘している。

米国医師会雑誌JAMAでこの研究結果を発表した上席著者のオーヤヴィン・リデゴー『タイム紙』の取材に対し、ホルモン系避妊薬を服用する女性のほとんどはうつ病を発症しないものの40%のリスク増大は「決して些細なものとは言えない」と語っただとか。

以前の研究では、男性と比較して女性はうつ病リスクが2倍高く、ホルモン系避妊薬を服用することによってさらにそのリスクが高まるということが分かっている。

リデゴーは、「女性に対してこのような可能性があることを女性に告知することは重要です。また、非ホルモン系の効果的な避妊薬も出回っています」と語っている。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
34歳の女性が「自覚症状のないガン」への警告をシェア
健康
シェア
「ガンは誰でもなりうる」、34歳の女性が世に贈るメッセージ
「健康的な生活をしているから大丈夫」とは限らない…
じゃがいもとステーキの乗ったプレート
健康
シェア
研究でわかった「炭水化物と脂肪」の理想の摂取バランス
乳製品や肉は減らさなくても大丈夫?
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
健康
シェア
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
PMS(月経前症候群)や頭痛に悩まされた時、効果が期待できる食材って?
ネイリストがシェアした「皮膚がんのサイン」
健康
シェア
ご用心!ネイリストがシェアした「皮膚ガンのサイン」
「ネイルによる変色」だと思って、放置するのは危険!
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると、体は…?
健康
シェア
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると体は…?
ダイエット中でも、摂り過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性が
健康
シェア
アジア初上陸!新感覚のトライアスロンが横浜で開催決定
「WANDERLUST 108」で、ヨガや瞑想を楽しむトライアスロンを体験して!
女優ジェシカ・ビールの引き締まったボディを保つ秘訣7
健康
シェア
女優ジェシカ・ビールの引き締まったボディを保つ秘訣7
夫のジャスティン・ティンバーレイクにも良い影響が出ているよう♡
専門家に聞いた!炭酸水はどれだけ飲んでもいいの?
健康
シェア
炭酸水はカラダに良い?悪い?あらゆる面から徹底調査!
海外で「炭酸水は普通の水より太りやすい」説が浮上!専門家たちの見解は…?
健康
シェア
それ、「脱水状態」かも?医師が教える症状のサイン10
深刻な状態を避けるために。
健康
シェア
飲み会シーズン前にチェック!専門家に聞く二日酔い対策
飲み過ぎた翌日に訪れる、吐き気や頭痛…。予防&解消するのにおすすめなテクニックを伝授!