ホルモン系避妊薬が、うつ病になるリスクを高める…?

リスクを知った上で自分に合った避妊法を見つけたい

人気の記事

100万人以上の女性を対象にして大規模な研究結果、デンマークの研究者たちは、ホルモン系避妊薬の摂取がうつ病のリスクを高めることを発見したんだそう。避妊ピルを服用している女性たちは特に知っておいて欲しいこちらのニュースを、コスモポリタン アメリカ版から

The New York Timesによると、対象となったのは15歳から34歳までの女性で、2000年から2013年までの13年間追跡調査を実施。避妊ピルを服用し始めてから半年すると、ホルモンを含む避妊ピルを服用していない女性に比べうつ病のリスクが40%も高まったんだそう。

ADの後に記事が続きます

避妊薬によっては他よりも高いリスクを持っているものがある。例えば、3月毎に打つ効力を持続させるために徐々に成分が放出するように作られたデポ注射ミニピルのようなプロゲスチンのみを含む避妊薬はうつ病にかかるリスクが2倍以上高くなり、ミレーナ(子宮内避妊器具、IUD)を使う場合、その確率が3以上高まるらしい。また、研究者たちは成人女性よりも10代の女性の方がうつ病にかかるリスクが高それは若い女性はもともとうつ病にかかりやすい傾向にあること起因している可能性を指摘している。

米国医師会雑誌JAMAでこの研究結果を発表した上席著者のオーヤヴィン・リデゴー『タイム紙』の取材に対し、ホルモン系避妊薬を服用する女性のほとんどはうつ病を発症しないものの40%のリスク増大は「決して些細なものとは言えない」と語っただとか。

以前の研究では、男性と比較して女性はうつ病リスクが2倍高く、ホルモン系避妊薬を服用することによってさらにそのリスクが高まるということが分かっている。

リデゴーは、「女性に対してこのような可能性があることを女性に告知することは重要です。また、非ホルモン系の効果的な避妊薬も出回っています」と語っている。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
彼と体型が真逆でもOK!勇気ある女性の投稿が素敵
健康
シェア
愛されることに体型は関係ない!ある女性の投稿が素敵
「自分はこのままでパーフェクト」と思えたとき、きっとすべてが変わるはず♡
健康
シェア
現役モデルが5日間口にしたものをぜーんぶ見せます!
忙しくてもヘルシーに乗り切るコツ満載!モデルの朝、昼、晩ごはん5日分♡
「効果的なダイエット法」に共通する10の特徴
健康
シェア
専門家が教える「効果的なダイエット」の見分け方
これでもう失敗しない♡
人気モデルが赤裸々告白!摂食障害と「自己愛」について
健康
シェア
人気モデルが明かす私の「摂食障害」と「自己愛」
「自分が他人に好かれる理由は体しかないんじゃないかと思ってたの。」
健康
シェア
病欠にメンタルヘルスは含まれる?米企業CEOの英断が話題に
メンタルヘルスの不調から休みを申し出た従業員へ贈った、CEOの言葉が先進的!
最強のおやつ♡「ダークチョコレート」の健康効果7選
健康
シェア
最新研究で判明!「ダークチョコレート」が健康に良い?
おいしく食べて健康に!
2人合わせて約260キロ減量!カップルがめでたく結婚♡
健康
シェア
2人で-260キロ!?ダイエット成功カップルが結婚♡
減量に成功できたのは、愛のおかげ?
ヨガで「生理痛が楽になる」説は本当だった!?
健康
シェア
研究で判明!ヨガが生理痛の救世主になるかも…!?
ヨガがもたらす効果って?
マネできる♡アシュリー・グラハムの1日の食事メニュー
健康
シェア
人気モデル、アシュリー・グラハムの食事を覗き見♡
プラスサイズモデルとして注目を浴びる、アシュリー・グラハムが普段食べてるものって?
看護師が教える「婦人科系がん」の5つのこと
健康
シェア
ナースが伝えたい、「婦人科系がん」に関する5つのこと
あまり知られていない女性特有のがんも