ワインの色によって、二日酔いの度合いは違う!?

飲みたい、でも二日酔いはイヤ…

人気の記事

ワインは美味しいけれど、つい飲み過ぎちゃって二日酔になってしまうのが悩みどころ。コスモポリタンイギリス版によると、二日酔いの原因はワインの飲み方が間違っているからなんだとか。

芳醇な赤ワインのほうが二日酔いになりやすい、酸性の白ワインは次の日に胃の調子を狂わせるなど、人によって症状はあって結局どの色のワインが二日酔いを引き起こしやすいの!?

ADの後に記事が続きます

ありがたいことに、科学的な知識を持った専門家がそんな疑問に答えてくれました。<ABCによると、オーストラリアのパースにあるナショナル・ドラッグ・リサーチ・インスティテュートで教鞭をとるスティーブ・オールソップ教授は、二日酔いの程度はコンジナーという物質によって影響を受けると言う。

この物質はアルコール飲料の色と味を決定するらしく、コンジナーが多いほど、アルコールの色が濃くなるんだとか。<ABC>は、コンジナーとは「発酵過程で発生する有害な不純物」であると解説。これが飲んだ次の日も体内に残り、体調を悪くさせるんだそう。飲むお酒の量が多いほど、コンジナーの摂取量も増え、それにともなって2日酔いもひどくなるという。

そこで、「赤ワインと白ワインのどっちが悪いの?」という冒頭の疑問。上記の理屈によると、白ワインよりもずっと色の濃い赤ワインの方がひどい二日酔いを生じさせるということになる。

とは言うものの、悪酔いの真犯人はコンジナーだけではないのは事実なぜなら白ワインやジンなどの透明な色のお酒だけを飲んでひどい二日酔いに苦しことはあるから。ちゃんぽんの度合い、飲むスピード、体調など、二日酔いの度合いを左右する要素が数多くあ

二日酔いを100%防ぎたければ、ガブ飲みは避けたほうがいいのは当たり前。もし、自分の体をいたわってあげたければ、色が薄めのお酒を飲み、しかも途中でたくさんの水を飲むことがおすすめ

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡