目覚ましのスヌーズ機能が、目覚めを邪魔してた!?

そのプラス5分の睡眠が命取り…。

ぐっすり眠っている朝に自分を叩き起こす目覚まし時計って、まさしく悪魔。もっと眠りたい欲求を妨げられるだけでもツラいのに、目覚まし時計が起こしうるさらなる悪影響があるらしい。そんなニュースをコスモポリタン イギリス版から紹介します。

ほとんどの人は、ベッドから這い上がる前にスヌーズ機能を使うはず。ところが、このスヌーズ機能実はとんでもないクセモノなんだとか。<ASAP Scienceは、スヌーズ機能使って「あと5眠ってしまうことにより体がきちんと目を覚ますプロセスを阻害すると解説。なんでも、目覚まし時計そのものが自然の睡眠サイクルを乱し、きちんとした目覚めを邪魔するため、睡眠慣性(起きているのに覚醒できず、ぼんやりしてしまうこと)」と呼ばれるひどいだるさを生じさせてしまうんだそう。

ADの後に記事が続きます

通常、起床後には睡眠慣性が徐々に消え、体が正常に機能するのに、スヌーズ機能を使って2度寝すると、体が前よりも深い睡眠に陥るため、体が混乱してしまうんだそう。つまり、スヌーズ機能を使うたびに、体が目覚めるプロセスを阻害しているということ。

結論を言うと、目覚まし時計が鳴ったら、腹をくくって気合を入れ、一気に起きてしまうがベスト。まあ、それが簡単にできないのが人間の性(さが)なんだけど…。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

Cosmopolitan UK

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…