目覚ましのスヌーズ機能が、目覚めを邪魔してた!?

そのプラス5分の睡眠が命取り…。

ぐっすり眠っている朝に自分を叩き起こす目覚まし時計って、まさしく悪魔。もっと眠りたい欲求を妨げられるだけでもツラいのに、目覚まし時計が起こしうるさらなる悪影響があるらしい。そんなニュースをコスモポリタン イギリス版から紹介します。

ほとんどの人は、ベッドから這い上がる前にスヌーズ機能を使うはず。ところが、このスヌーズ機能実はとんでもないクセモノなんだとか。<ASAP Scienceは、スヌーズ機能使って「あと5眠ってしまうことにより体がきちんと目を覚ますプロセスを阻害すると解説。なんでも、目覚まし時計そのものが自然の睡眠サイクルを乱し、きちんとした目覚めを邪魔するため、睡眠慣性(起きているのに覚醒できず、ぼんやりしてしまうこと)」と呼ばれるひどいだるさを生じさせてしまうんだそう。

ADの後に記事が続きます

通常、起床後には睡眠慣性が徐々に消え、体が正常に機能するのに、スヌーズ機能を使って2度寝すると、体が前よりも深い睡眠に陥るため、体が混乱してしまうんだそう。つまり、スヌーズ機能を使うたびに、体が目覚めるプロセスを阻害しているということ。

結論を言うと、目覚まし時計が鳴ったら、腹をくくって気合を入れ、一気に起きてしまうがベスト。まあ、それが簡単にできないのが人間の性(さが)なんだけど…。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

Cosmopolitan UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。
健康
シェア
「温泉マニア」のソンミがハマった温泉宿はどこ?
今月からモデルのソンミさんによる連載がスタート。温泉マニアの彼女に絶対行くべき温泉宿を教えてもらいました!
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
健康
シェア
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
正しい診断までに要した期間は、なんと「7年」…
人気トレーナーが伝授!「ボディメイク」を継続する秘訣10
健康
シェア
人気トレーナー推奨!「ボディメイク」に大切な心得10
インスタフォロワー53万人を誇る人気トレーナーの、体づくりの秘訣とは?
健康
シェア
人間の神秘!妊婦さんの「お腹の中」を解説する動画
内臓の位置って、めっちゃ変わるんだ…
健康
シェア
かっこいい!人気女性プロレスラーが考える「自信の持ち方」
「美は内面から輝くもの。見た目はみんな違うけど、健康でいることが自信を育ててくれるのよ」
今すぐ掃除を!雑菌まみれのオフィスアイテム9
健康
シェア
今すぐ掃除!雑菌が気になるオフィスアイテム9
これからは抗菌シートが手放せない!
SNSスターが見せた、「素顔」に隠された大切なこと
健康
シェア
SNSスターの素顔に、「いいね!」が殺到した理由
コンプレックスも、あなたの「個性」!
「恋をすると痩せる」理由はセロトニンにあり?
健康
シェア
「恋をすると痩せる」理由は幸せホルモン…?
幸せホルモン「セロトニン」と体重にはどんな関係が?
ボロボロだった過去を告白…イギリス人モデルに共感
健康
シェア
「ボロボロだった過去」に共感!英国人モデルの告白
「誰もパーフェクトじゃないし、誰かのために自分を変える必要はないのよ」