やっぱり?ダイエットにフルーツが最適な理由

フルーツがもたらす驚きの効果とは?

フルーツを食べると、より多くのカロリー(といっても良質なカロリー)を摂取することになるにもかかわらず、体重の増加が防げるという画期的な研究結果をハーバード大学公衆衛生学部ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルにて発表

体重が気になるフルーツ好きの人にとっては朗報となるこのニュースだけど、その鍵はアンチエイジング効果に加え、心臓疾患を防ぎ、減量を促進すると言われている抗酸化物質「フラボノイドんだそう。そこで、詳細をコスモポリタンフィリピン版からお届けします。

ADの後に記事が続きます

24年にわたって行われたこの研究は27歳から65歳までの人(12万4,000人)を対象とし、彼らの食生活、ライフスタイル、体重をモニタリング。その結果、減量する上でブルーベリー、いちご、リンゴ、ぶどう、梨、オレンジが最も効果的なことが判明。推奨されているように1日にフルーツを5個(400グラムまたは約2.5カップ相当)食べると、4年で500グラム近く減量ができる可能性があるんだとか。

歳を重ねるにつれ、体重は平均で毎年500グラムから1キロ増加するんだそう。その原因としては代謝の低下、ホルモンの変化、筋肉の現象に伴うカロリー消費の低下などが考えられている。それを踏まえると、普通だったら4年後に2.5~4キロ体重が増えることに比べれば、500グラム近くの減量ができるは嬉しいニュース。最低でも体重が維持できだけでもありがたいというもの。

この研究結果を執筆したモニカ・ベルトイア氏は、「体重を維持することはもとより、ほんの少しでも体重を減らすことは健康につながります」とコメント。具体的には糖尿病、ガン、高血圧、心血管疾患の予防につながるそうなので、早速今日からフルーツをたっぷり食べてみては?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN PH

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
インスタは「ウツ改善に効果がある」という研究結果が!
健康
シェア
Instagramは「ウツ」の改善に効果がある?
不安をも共有できる場所に!?
ボディアクティビストが、批判コメントに爽快な切り返し!
健康
シェア
体型批判を一刀両断!ある女性のSNSコメントが爽快
「幸せは"サイズ"に比例しない」
悩める生理中のお腹のゆるみ…原因と対策を医師が解説
健康
シェア
なぜ?「生理中にお腹がゆるくなる理由」を医師が解説
あの下腹部の不快感を抑えるには、生理痛になる前に対策を!
夜中に目が覚めてしまった女性。避けたい行動とは?
健康
シェア
専門家が指摘!夜中に目が覚めてしまったときのNG行為
わかってはいるけれど…
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。