妊娠中に運動すると、子どもが運動好きになる…?

​運動オンチはもう遺伝しない!?

アクティブな両親のもとで育った子どもがアクティブになるのは当然だと思いますが、運動好きの子どもにするには産む前にしておくといいことがあるそうです。<The FASEB Journal>が発表した最新の研究によれば、妊娠中に運動をすると運動好きな子どもが産まれる可能性が高いのだとか!と、コスモポリタン アメリカ版が伝えています。

ADの後に記事が続きます

この研究では、同一の遺伝子を持つ妊娠したマウスを、回し車を使って運動したグループと、回し車がなく運動させなかったグループの2つに分け、産まれた子どもを調査。産まれたばかりのマウスは、母親の運動量に関係なく運動に特段の関心を示しませんでしたが、成長するにつれ、運動しなかったマウスの子どもに比べ、運動したマウスの子どもの方が回し車を使う時間が多くなり、ケージ内での運動量も多くなったということです。

もちろん、マウスと人間とでは違いがありますが、研究の共同執筆者は<New York Times>の記事で、この実験結果は「妊娠中の母親の運動が子どもの運動に影響を及ぼす可能性がある」と示唆しています。子宮内での揺れが赤ちゃんの脳の運動と行動を司る部分の発達に影響を与えるためではないかと考えられています。また、運動をする母親から生成された生化学物質が胎盤から伝わり、赤ちゃんの遺伝子形成や生理機能に影響を与えるのではないかとも考えられています。

この種の多くの研究と同様、アマチュアアスリートやオリンピックレベルのアスリートを産むには、それぞれどの程度の運動が必要なのかといった詳細な結論にいたるには、まだまだ研究が必要です。

その一方で、多くの専門家が医師の許可が出ている場合、妊娠中の女性に毎日30分以上の適度な運動をすすめています。ということで、子どもを産もうと決めたら、さっそく運動を始めましょう!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
34歳の女性が「自覚症状のないガン」への警告をシェア
健康
シェア
「ガンは誰でもなりうる」、34歳の女性が世に贈るメッセージ
「健康的な生活をしているから大丈夫」とは限らない…
じゃがいもとステーキの乗ったプレート
健康
シェア
研究でわかった「炭水化物と脂肪」の理想の摂取バランス
乳製品や肉は減らさなくても大丈夫?
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
健康
シェア
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
PMS(月経前症候群)や頭痛に悩まされた時、効果が期待できる食材って?
ネイリストがシェアした「皮膚がんのサイン」
健康
シェア
ご用心!ネイリストがシェアした「皮膚ガンのサイン」
「ネイルによる変色」だと思って、放置するのは危険!
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると、体は…?
健康
シェア
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると体は…?
ダイエット中でも、摂り過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性が
健康
シェア
アジア初上陸!新感覚のトライアスロンが横浜で開催決定
「WANDERLUST 108」で、ヨガや瞑想を楽しむトライアスロンを体験して!
女優ジェシカ・ビールの引き締まったボディを保つ秘訣7
健康
シェア
女優ジェシカ・ビールの引き締まったボディを保つ秘訣7
夫のジャスティン・ティンバーレイクにも良い影響が出ているよう♡
専門家に聞いた!炭酸水はどれだけ飲んでもいいの?
健康
シェア
炭酸水はカラダに良い?悪い?あらゆる面から徹底調査!
海外で「炭酸水は普通の水より太りやすい」説が浮上!専門家たちの見解は…?
健康
シェア
それ、「脱水状態」かも?医師が教える症状のサイン10
深刻な状態を避けるために。
健康
シェア
飲み会シーズン前にチェック!専門家に聞く二日酔い対策
飲み過ぎた翌日に訪れる、吐き気や頭痛…。予防&解消するのにおすすめなテクニックを伝授!