リンゴ酢がもたらす10の驚きの効果

その知られざる「逆効果」も知っておこう

人気の記事

リンゴ酢(アップルサイダービネガー)をベースにした飲み物が、飲みやすくて健康的だと全米で人気だ。 ネットで「benefits of apple cider vinegar(リンゴ酢の効果)」と検索すると、いわゆる健康への効果がたくさん表示される。「傷口を消毒する」「ニキビを治す」などなど、調べ出したらキリがない。しかし問題なのは、そんなウワサを裏付ける科学的根拠がほとんどないこと。

ADの後に記事が続きます

リンゴ酢が役に立たないと言いたいわけじゃない。米アリゾナ州フェニックスにあるアリゾナ州立大学の健康増進栄養学部でお酢の効果について長年研究を続けているキャロル・ジョンストン博士。公認の栄養士でもある博士によると、リンゴ酢は驚くべき奇跡を起こすことが科学的にかなり証明されているらしい(ちなみに、博士のモットーは「逸話となる健康法には価値があるかもしれないが、科学で証明するまでわからない」)。

重要なのは、すべてのお酢には酢酸と呼ばれる活性成分が含まれており、あらゆる種類において(低温殺菌されているか否か、オーガニックかどうか、また味に関わらず)ほぼ変わりがないということだ。ちなみに博士本人は、リンゴ酢よりもまろやかな味の赤ワインビネガーが好きらしい。唯一の違いは、色が濃いお酢には濃い色の果物(ブドウ、ザクロなど)に含まれる抗酸化物質が微量含まれている可能性があるという点だ。

そんなお酢の効果を安全に試したいのなら、コップ1杯の水にスプーン1、2杯のお酢を加え、食事をとる直前の空腹状態で飲むのがおすすめ。ただし、お酢をストレートで飲むことはNG。人間の食道は強い酸に耐えうるようにできていないので、微量のお酢を飲もうとしても簡単に気管に入ってしまうから。つまり肺に酸を取り込むことになり、肺が火傷するような深刻な痛みを招くという。

飲みすぎにも注意。大量のお酢を用いると「有毒作用がある」と博士は説明する。スプーン1杯で効果がわかり、スプーン2杯でかなりの効果が見られるが、それ以上の量を飲んでも決していいことはないそう。

お酢の本当の効果10

1. 摂取した炭水化物の吸収を抑える

酢酸は、胃の中ででんぷんを消化する酵素の働きを妨げるので、摂食した炭水化物のカロリー摂取を抑えることができる。

理論上では、お酢にはダイエット効果があるということになり、この見解を証明する研究結果もある。しかし、ジョンストン博士は「(いくらお酢を飲んだとしても)お酢は必ずしもダイエット効果があるわけではない」としているのでご注意を。特に、カロリー摂取しても問題ないとされる量の2倍以上を摂取すればなおさらだ。お酢がどの程度のカロリーを抑えるのかは正確にわかっておらず、これまで研究もされてきていない。未消化のでんぷんは結腸で発酵し、最終的には体内ででんぷんのカロリーを摂取することになるので、お酢に急激なダイエット効果があるとは疑わしい、と博士は考えている。

2. 糖分や炭水化物を大量に取り込んだ後のエネルギー摂取を緩和する

食前にお酢を飲むことで、血液中に急激に糖分が溶け込む働きを遅らせる効果がある。血糖値は高低差のある山型ではなく緩やかな丘のように上昇し、急激な上昇を抑えることができる。

3.満腹感が持続する

朝食前にお酢を飲んでからパンを食べた人は、お酢を飲まずにパンを食べた人に比べて、食後90分間の満足感が持続したという研究結果がある(とはいえ食後2時間たつと、どちらのグループも空腹になったようだ。お酢はさておき、パンが優れた朝食にならない理由でもある)。

4.筋肉が効率的にエネルギーを作リ出すのを助ける

持久力が必要なアスリートは競技前夜に炭水化物を大量に摂取するが、食前に薄めたお酢を飲むこともある。酢酸は筋肉が炭水化物を激しい運動に必要なエネルギーに変える働きを促進すると動物実験で証明されており、高く評価されている。

5.血圧を下げる

お酢を飲むことで血圧が下がることが、動物実験によって証明されている。なぜこのように作用するのか、また人間でも同様に効果があるのかは証明されていないが、ジョンストン博士は少なくともある程度の効用はあると確信している。

ADの後に記事が続きます

6.フルーツや野菜を消毒する

農産物を除菌するには、水で薄めたお酢を使うのが一番らしい。お酢には抗菌作用があり、サルモネラ菌などの病原菌を著しく減少させることが証明されている。水で薄めたお酢をボトルに入れて、農産物(サラダ、フルーツなど)にスプレーで吹きかけ、水で洗い流してからテーブルに出すだけでOK。

ただし、お酢ベースのドレッシングが不衛生なデリのサラダバーで同様に作用するわけではないのでご注意を。サラダのドレッシングに使われる材料(塩、オリーブオイルなど)またはサラダ自体にお酢が混ざると、酢酸の作用が弱まるそう。このお酢の効果は今後も研究が必要だと、ジョンストン博士は考えている。

7.足のニオイを消す

水で薄めたお酢に浸したペーパータオルで足を拭いてみよう。お酢の抗菌作用がニオイの元を退治してくれる。

8.クラゲに刺されたときの痛みを緩和する

万が一クラゲに刺されてしまった場合に、たまたま水で薄めたお酢があれば、かなりラッキー。クラゲの毒には、なによりもお酢が効くという。一方で、やっぱりお湯が一番効くという研究結果もあるが…。

9.身体のPH値のバランスを保ち、骨の健康につながる

お酢はあきらかに酸性だが、体内に取り込まれると中和作用が働き、身体のPH値を標準(アルカリ性)に近づける。

アルカリ性の食生活(野菜を多め、肉を少なめ)を送っている人は、骨塩密度が高い傾向にあることが証明されている。今はまだ気にならないかもしれないが、これは年をとったときに切実になる。理論上では、お酢は骨を強くするのだ(まだ証明には至っていないが、仮説に基づく論文が多数発表されている)。

10.胸やけを緩和する

ジョンストン博士は、胸やけに対するお酢の効果についての研究を終えたばかりだという。胸焼けを引き起こす原因に対し、お酢が効果的な場合がある。食道や胃潰瘍の症状からくるものであれば、お酢を飲むことで胸やけを悪化させてしまう。摂取した食べ物によるものであれば、お酢の酢酸を胃に取り入れることで中和され、胸やけの解消につながる。少なくとも少しは気分が回復するだろう。

リンゴ酢が健康にいいと勘違いされる6の落とし穴

よくいわれる健康法には価値があるかもしれない。何世紀にわたって言い伝えられるのであれば、おそらく正しいはず。お酢のホメオパシー (同質療法の一種/病気や症状を起こしうる物質をごく微量に使えば、症状を緩和することができるという考え)のような効果について事実を確認するために、ジョンストン博士は実験を行ってきた。「しかし、科学で証明するまでわからない」と付け加える。効果というよりむしろ害になるかもしれないので、次のような、事実に基づかないウワサを信じないようにしよう。

1. ニキビを治す

お酢による抗菌作用や吹き出物を治す作用について読んだことがあるかもしれないが、お酢の酸が皮膚を刺激し、皮膚の損傷を悪化させるのでおすすめしない。

2. 食欲を抑える

お酢を飲むことで食欲が減退するという研究結果があるが、 その効果を得るためには、空腹時には気分が悪くなりそうな量を飲まなければいけないので、実際にはありえない(それゆえ、研究者は食欲を抑えるためにお酢を飲むことに反対している)。

3. 傷口を消毒する

お酢が細菌を殺すのはまちがいないが、同時に酸が傷口の皮膚を刺激するので、誰も擦り傷に塗りたくはないだろう。抗菌せっけんを使えば、痛みを伴わずに細菌を防ぐことができる。

4. 歯を白くする

ジョンストン博士は「注意してほしい。お酢は酸なので歯のエナメル質を溶かし、赤ワインのように染色する」と注意を促している。

5. 日焼けのダメージを和らげる

「お酢は酸なので、ますます皮膚を刺激するだけ」と博士は否定している。

6. 身体を浄化する

自然療法の情報によると、お酢は血行を良くし、さらに肝臓をきれいにし、身体を全体的に浄化すると言われている。ジョンストン博士は「試してみる価値はあるかもしれないけど、科学的証拠はない」と懐疑的に語っている。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか