メイクを3日休むと、体の有害化学物質が減る…?

当たり前にしてることこそ、ちょっと見直したい。

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiがちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りしてお届けします!

化粧品やシャンプーを科学物質を含まないものに3日間変えるだけで、体内の有害化学物質の量が半減する、という研究結果が「Environmental Health Perspectives」という学会誌に掲載された。

ADの後に記事が続きます

研究の対象となったのは10代のラテン系女性100名。市販の化粧品に多く見られる有害化学物質(フタル酸、パラベン、トリクロサン、オキシベンゾンなど)が含まれない化粧品を3日間使用してもらい、尿検査により使用前と後で体内の変化があるか観察された。

結果では、この3日間で体内の有害化学物質の量が"顕著に下がった"とのこと。特に、化粧品の保存料として頻繁に使われるメチルとプロピルパラベンにおいては、45%ほど減少していたという。

「メイク用品、基礎化粧品、シャンプーなどにはホルモンへ悪影響を及ぼす化学物質が含まれていることが多く、特に発育中の若い女性はそれらのダメージを受けやすい」と研究に携わったキム・ハーレーさんは説明。

10年以上化粧品の安全性について訴えかけている団体Campaign for Safe Cosmeticsを運営するジャネット・ヌーデルマンさんは「有名ブランドの商品だから安心、値段が高いから安全、とは言い切れません」とコメントしている。商品パッケージの裏などに書かれている成分の種類が多ければ多いほど、安全性が低い可能性が高く、また、「香料」という言葉はあいまいで、危険物質が含まれている場合もあるので要注意、とのこと。

売られているものが必ずしも安全とは限らないよう。化粧品を購入する際にしっかり成分を確認したり、メイクをしないで過ごす日を取り入れてみたりするのが良いかもしれませんね。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
健康
シェア
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
「サラダは健康的」とはいえ、これをやっちゃ台無しよ…
インスタは「ウツ改善に効果がある」という研究結果が!
健康
シェア
Instagramは「ウツ」の改善に効果がある?
不安をも共有できる場所に!?
ボディアクティビストが、批判コメントに爽快な切り返し!
健康
シェア
体型批判を一刀両断!ある女性のSNSコメントが爽快
「幸せは"サイズ"に比例しない」
悩める生理中のお腹のゆるみ…原因と対策を医師が解説
健康
シェア
なぜ?「生理中にお腹がゆるくなる理由」を医師が解説
あの下腹部の不快感を抑えるには、生理痛になる前に対策を!
夜中に目が覚めてしまった女性。避けたい行動とは?
健康
シェア
専門家が指摘!夜中に目が覚めてしまったときのNG行為
わかってはいるけれど…
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。