メイクを3日休むと、体の有害化学物質が減る…?

当たり前にしてることこそ、ちょっと見直したい。

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiがちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りしてお届けします!

化粧品やシャンプーを科学物質を含まないものに3日間変えるだけで、体内の有害化学物質の量が半減する、という研究結果が「Environmental Health Perspectives」という学会誌に掲載された。

ADの後に記事が続きます

研究の対象となったのは10代のラテン系女性100名。市販の化粧品に多く見られる有害化学物質(フタル酸、パラベン、トリクロサン、オキシベンゾンなど)が含まれない化粧品を3日間使用してもらい、尿検査により使用前と後で体内の変化があるか観察された。

結果では、この3日間で体内の有害化学物質の量が"顕著に下がった"とのこと。特に、化粧品の保存料として頻繁に使われるメチルとプロピルパラベンにおいては、45%ほど減少していたという。

「メイク用品、基礎化粧品、シャンプーなどにはホルモンへ悪影響を及ぼす化学物質が含まれていることが多く、特に発育中の若い女性はそれらのダメージを受けやすい」と研究に携わったキム・ハーレーさんは説明。

10年以上化粧品の安全性について訴えかけている団体Campaign for Safe Cosmeticsを運営するジャネット・ヌーデルマンさんは「有名ブランドの商品だから安心、値段が高いから安全、とは言い切れません」とコメントしている。商品パッケージの裏などに書かれている成分の種類が多ければ多いほど、安全性が低い可能性が高く、また、「香料」という言葉はあいまいで、危険物質が含まれている場合もあるので要注意、とのこと。

売られているものが必ずしも安全とは限らないよう。化粧品を購入する際にしっかり成分を確認したり、メイクをしないで過ごす日を取り入れてみたりするのが良いかもしれませんね。

More from Cosmopolitan Japan:
炭水化物の摂取量を制限する「低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)」。世界中で話題になったダイエット法で、一時は人気セレブも実践していると言われていた。ダイエットトレンドの移り変わりとともに、最近はあまり聞かなくなったけれど、ここでもう一度そのダイエットの効果を検証。低炭水化物ダイエットを実践中の人も、これから挑戦しようと思っている人も、ぜひ参考にしてみて。
健康
シェア
「低炭水化物ダイエット」の知っておくべき6つのこと
肉類と脂質は好きなだけ食べていいというのは間違い!?
研究で判明!「怒り」の感情が、睡眠の質を下げている!?
健康
シェア
怒ったまま寝ると「睡眠の質」が下がる!?
ベッドに入る前に、心配事は忘れて彼との仲直りを心掛けて♡
メンタルヘルスのプロ5人が実践する「セルフケア術」
健康
シェア
メンタルヘルスのプロが教える「セルフケア術」5つ
その道のプロだって人間。ストレスを感じたときは、どう対処してる?
大きなハンバーガーとダイエット中に食べる小さなハンバーガー
健康
シェア
研究で発覚!ダイエットは「休憩」を挟んだ方が効果的!?
ストイックになりすぎないのがコツなのかも
栄養士8人が回答!「二日酔い」のとき何食べてる?
健康
シェア
栄養士8人が回答!「二日酔いの朝」に食べるのは?
大きく分けると3つ!
見た目では判断できない!女性が語る「摂食障害の真実」
健康
シェア
見た目で判断しないで!女性が伝える「摂食障害の真実」
「内面が回復しない限り、どうやっても自分の外見を愛せるようにはならないんです」
ママと赤ちゃん/病院で、体重計に貼られていたメモ「体重計は数字を測るだけで、あなたの美しさを測るものではありません」
健康
シェア
診療所の体重計に貼られていたメモに、産後ママが感動♡
産後太りを気にするママを癒やしたのは?
バーに並べられたお酒
健康
シェア
研究が指摘!お酒の飲み過ぎが脳に与える悪影響
お酒をよく飲む学生の脳に現れた変化とは…?
ダイエット中に最適♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
健康
シェア
ダイエット中もOK♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
おいしく食べて健康にダイエット!
深刻な事態になる前に!要注意な「ストレスのサイン」10
健康
シェア
ただのストレスじゃない!?専門家による「要注意の症状」10
忙しさのせいにして見過ごしがちな不眠や頭痛、イライラが、実は疾患のサインであることも!?