メイクを3日休むと、体の有害化学物質が減る…?

当たり前にしてることこそ、ちょっと見直したい。

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiがちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りしてお届けします!

化粧品やシャンプーを科学物質を含まないものに3日間変えるだけで、体内の有害化学物質の量が半減する、という研究結果が「Environmental Health Perspectives」という学会誌に掲載された。

ADの後に記事が続きます

研究の対象となったのは10代のラテン系女性100名。市販の化粧品に多く見られる有害化学物質(フタル酸、パラベン、トリクロサン、オキシベンゾンなど)が含まれない化粧品を3日間使用してもらい、尿検査により使用前と後で体内の変化があるか観察された。

結果では、この3日間で体内の有害化学物質の量が"顕著に下がった"とのこと。特に、化粧品の保存料として頻繁に使われるメチルとプロピルパラベンにおいては、45%ほど減少していたという。

「メイク用品、基礎化粧品、シャンプーなどにはホルモンへ悪影響を及ぼす化学物質が含まれていることが多く、特に発育中の若い女性はそれらのダメージを受けやすい」と研究に携わったキム・ハーレーさんは説明。

10年以上化粧品の安全性について訴えかけている団体Campaign for Safe Cosmeticsを運営するジャネット・ヌーデルマンさんは「有名ブランドの商品だから安心、値段が高いから安全、とは言い切れません」とコメントしている。商品パッケージの裏などに書かれている成分の種類が多ければ多いほど、安全性が低い可能性が高く、また、「香料」という言葉はあいまいで、危険物質が含まれている場合もあるので要注意、とのこと。

売られているものが必ずしも安全とは限らないよう。化粧品を購入する際にしっかり成分を確認したり、メイクをしないで過ごす日を取り入れてみたりするのが良いかもしれませんね。

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…