「彼氏の家では良く寝られない」謎がわかった!

​実は、警戒してる…!?

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

新しい場所で寝ると、脳の半分しか寝ていないという研究結果が米専門誌<Current Biology>で発表されました。

「脳の左半球が、睡眠中も覚醒しているようです」と、研究チームの一員である米ブラウン大学の佐々木由香准教授(認知心理科学)はコメントしています。

ADの後に記事が続きます

実験ではブラウン大の学生35人に研究ラボで寝てもらい、彼らの脳波を観察。驚くことに、脳の右半球の方が、左半球よりも、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りの状態にあった。しかし2日目に同じ場所で寝てもらうと、左右差はなくなったのだという。

実際に、初めて彼氏の家で寝るときに眠りが浅かったり疲れたりということに思い当たる人もいるのでは? これは慣れてくると熟睡できるようになるそう。

マックス・プランク鳥類学研究所、鳥類睡眠チームを率いるニールス・ラッテンボルグさんによると、「昔からイルカや、多くの哺乳類や鳥類は脳の片側ずつ眠ることができる、というのは知られていました。しかし人間にもこの能力が備わっている、というのは今回の研究で初めて判明した」とのこと。

「人類の脳が進化し始めた頃はまだ文明が発達しておらず、夜は真っ暗で、自然の驚異にさらされていました。寝ている間に襲われる可能性があるのだから、脳を半分ずつ眠らせる能力を備えておくのは理にかなっている」と、ラッテンボルグさんは説明しています。

彼が数年前に行った実験では、アヒルを横一列に並べ、眠った際の脳を観察。すると端にいるアヒルは脳を片側ずつ眠らせたが、真ん中のアヒルは完全に眠っていたのだとか。両側に仲間がいると安心して熟睡できるようです。

人間も同様に、親しい人と一緒だと良く眠れるとの調査結果もでています。研究者たちは「シングルの人に比べ、パートナーと良好な関係を築いている人の方が健康な理由は、一緒に寝る人がいるからなのかもしれない」という仮説を立てています。

女性は隣に人がいると、1人のときに比べ、良く眠れないという説があります。また、誰かと一緒に寝ると、男女ともに1人のときよりも頻繁に動き回る傾向にある、とも言われています。

しかし、ピッツバーグ大学准教授(精神医学および心理学)のウェンディ・トゥロクセルさんは「仮にこの説が正しく、実際に身体的な負担があったとしても、それ以上に、一緒に寝ることの心理的な面でのプラスがあるため、総合的には健康に良いと考えられます」とコメントしています。一緒に眠ることにより、ラブホルモンとも言われるオキシトシンが増加し、不安を和らげる効果があるのだとか。

調査では、安定したパートナーがいる女性はそうでない人に比べ、寝付きが良く、睡眠途中で起きることが少ないことも判明したそう。

末永く一緒にいられるパートナーが、質の良い眠りと健康も保ってくれるとは、新しい発見ですね。

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!