「彼氏の家では良く寝られない」謎がわかった!

​実は、警戒してる…!?

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

新しい場所で寝ると、脳の半分しか寝ていないという研究結果が米専門誌<Current Biology>で発表されました。

「脳の左半球が、睡眠中も覚醒しているようです」と、研究チームの一員である米ブラウン大学の佐々木由香准教授(認知心理科学)はコメントしています。

ADの後に記事が続きます

実験ではブラウン大の学生35人に研究ラボで寝てもらい、彼らの脳波を観察。驚くことに、脳の右半球の方が、左半球よりも、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りの状態にあった。しかし2日目に同じ場所で寝てもらうと、左右差はなくなったのだという。

実際に、初めて彼氏の家で寝るときに眠りが浅かったり疲れたりということに思い当たる人もいるのでは? これは慣れてくると熟睡できるようになるそう。

マックス・プランク鳥類学研究所、鳥類睡眠チームを率いるニールス・ラッテンボルグさんによると、「昔からイルカや、多くの哺乳類や鳥類は脳の片側ずつ眠ることができる、というのは知られていました。しかし人間にもこの能力が備わっている、というのは今回の研究で初めて判明した」とのこと。

「人類の脳が進化し始めた頃はまだ文明が発達しておらず、夜は真っ暗で、自然の驚異にさらされていました。寝ている間に襲われる可能性があるのだから、脳を半分ずつ眠らせる能力を備えておくのは理にかなっている」と、ラッテンボルグさんは説明しています。

彼が数年前に行った実験では、アヒルを横一列に並べ、眠った際の脳を観察。すると端にいるアヒルは脳を片側ずつ眠らせたが、真ん中のアヒルは完全に眠っていたのだとか。両側に仲間がいると安心して熟睡できるようです。

人間も同様に、親しい人と一緒だと良く眠れるとの調査結果もでています。研究者たちは「シングルの人に比べ、パートナーと良好な関係を築いている人の方が健康な理由は、一緒に寝る人がいるからなのかもしれない」という仮説を立てています。

女性は隣に人がいると、1人のときに比べ、良く眠れないという説があります。また、誰かと一緒に寝ると、男女ともに1人のときよりも頻繁に動き回る傾向にある、とも言われています。

しかし、ピッツバーグ大学准教授(精神医学および心理学)のウェンディ・トゥロクセルさんは「仮にこの説が正しく、実際に身体的な負担があったとしても、それ以上に、一緒に寝ることの心理的な面でのプラスがあるため、総合的には健康に良いと考えられます」とコメントしています。一緒に眠ることにより、ラブホルモンとも言われるオキシトシンが増加し、不安を和らげる効果があるのだとか。

調査では、安定したパートナーがいる女性はそうでない人に比べ、寝付きが良く、睡眠途中で起きることが少ないことも判明したそう。

末永く一緒にいられるパートナーが、質の良い眠りと健康も保ってくれるとは、新しい発見ですね。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
彼と体型が真逆でもOK!勇気ある女性の投稿が素敵
健康
シェア
愛されることに体型は関係ない!ある女性の投稿が素敵
「自分はこのままでパーフェクト」と思えたとき、きっとすべてが変わるはず♡
健康
シェア
現役モデルが5日間口にしたものをぜーんぶ見せます!
忙しくてもヘルシーに乗り切るコツ満載!モデルの朝、昼、晩ごはん5日分♡
「効果的なダイエット法」に共通する10の特徴
健康
シェア
専門家が教える「効果的なダイエット」の見分け方
これでもう失敗しない♡
人気モデルが赤裸々告白!摂食障害と「自己愛」について
健康
シェア
人気モデルが明かす私の「摂食障害」と「自己愛」
「自分が他人に好かれる理由は体しかないんじゃないかと思ってたの。」
健康
シェア
病欠にメンタルヘルスは含まれる?米企業CEOの英断が話題に
メンタルヘルスの不調から休みを申し出た従業員へ贈った、CEOの言葉が先進的!
最強のおやつ♡「ダークチョコレート」の健康効果7選
健康
シェア
最新研究で判明!「ダークチョコレート」が健康に良い?
おいしく食べて健康に!
2人合わせて約260キロ減量!カップルがめでたく結婚♡
健康
シェア
2人で-260キロ!?ダイエット成功カップルが結婚♡
減量に成功できたのは、愛のおかげ?
ヨガで「生理痛が楽になる」説は本当だった!?
健康
シェア
研究で判明!ヨガが生理痛の救世主になるかも…!?
ヨガがもたらす効果って?
マネできる♡アシュリー・グラハムの1日の食事メニュー
健康
シェア
人気モデル、アシュリー・グラハムの食事を覗き見♡
プラスサイズモデルとして注目を浴びる、アシュリー・グラハムが普段食べてるものって?
看護師が教える「婦人科系がん」の5つのこと
健康
シェア
ナースが伝えたい、「婦人科系がん」に関する5つのこと
あまり知られていない女性特有のがんも