「傷もあなたの一部!」ある女性が水着写真に込めた思い

「心の傷、体の傷…人間であれば、誰でも傷を抱えてるはずよ」

人気の記事

ミシェル・エルマンさん(23歳)は、英国ロンドンで自分の体に自信を持つためのコーチングをしている女性。とはいえ、彼女自身も以前から自分の体に自信を持てていたわけではないそう。

脳腫瘍治療、腸穿孔(ちょうせんこう)や腸閉塞、のう胞、髄液が頭蓋腔内に溜まる"水頭症"と呼ばれる病気など、これまでに15回もの手術を繰り返してきたというミシェルさん。

ADの後に記事が続きます

ミシェルさんが体のサイズを気にするようになり、自尊心が薄れていくのを感じ始めたのは11歳のころ。当時は3カ月にわたる入院中、一般食を口にすることができず、その後の6カ月も回復のためエクササイズはできないまま。一般食の生活には戻れたものの、ただ食べるだけの日々を送っていたため、身体は風船のように膨らんでいったのだとか。最後の手術では下腹部に傷が残り、それはまるで「ぷっくりしたロールパンがくっついている」様に見えて、とてもショックを受けたそう。

PEOPLE WITH SCARS CAN’T WEAR BIKINIS This is what I have believed for the last 21 years of my life and when asked in January why I never wear bikinis, this horrible sentence came out of my mouth. I was shocked - at myself! I had had 15 surgeries, a brain tumour, a punctured intestine, an obstructed bowel, a cyst in brain and have lived for the last 21 years with a condition called Hydrocephalus yet somehow my scars have always been the hardest part. They make already awkward moments in your adolescence even more uncomfortable - like taking your top off for the first time in front of your boyfriend, and made me feel even more isolated in a world where I felt no one could understand. At age 7, I tried on my first bikini and after receiving a range of reactions from disgust to pity, it soon became easier to hide away and be doomed to a life of tankinis and one-pieces. Why did I believe this? Because over the years, I have learnt that my scars make people uncomfortable. I had become ashamed of my body and soon other people’s disgust became my own and this was allowed to be the case because of one simple reason - I had no one to talk to about it. Well in January, I started to talk about it - all of it, and I want other people to join in on the conversation. Every human has scars, whether there are emotional and physical - they are part of our story and we should be proud of them. About a month ago, I finally faced up to wearing a bikini and although, I love my body thoroughly and have for many years - this was one of the most difficult things I have ever done, yet once it was on, it was one of the most liberating feelings to know that I wasn’t letting two pieces of material stop me from being comfortable in my own body. My belief is that no one should have to feel ashamed of their body, whether you have stretch marks or a C-section scar so... THIS summer, let’s stand up and be proud of our scars and what they represent - a story! Tag a friend below and lets make this the summer of scars! #scarrednotscared

A post shared by Michelle Elman (@scarrednotscared) on

今年の1月、自分自身に「なぜ今までビキニを着なかったの?」と質問してみると、「身体に傷のある人がビキニを着ちゃいけないから」…こんなひどい答えが聞こえてきた。そんな考え方で、21年間も過ごしてきたことに気づいたの。そんな自分にショックを受けたわ。私はとても大変な手術を15回も繰り返してきた。いつも、身体に残る傷跡を見るのが辛かったわ。傷があるだけでも辛いのに、思春期ならなおさら。例えば初めてボーイフレンドの前で裸を見せた時、この世に私を理解してくれる人は誰もいないような、とてつもない孤独感に苛まれた。初めてビキニを着たのは7歳の時だったけど、周りの人たちの哀れむような反応を目にして、身体を隠せるワンピースやタンキニを選ぶようになった。それが私の運命だとも思うようになったわ。何年も周りの人達の反応を見ているうちに、自分でも自分の体を嫌うようになって、他の人たちから伝わってくる嫌悪感が、いつのまにか自分に対する嫌悪感に変わってしまっていた…その理由は単純よ。私には、悩みを打ち明ける友達がいなかったから。

1月になって、自分から周囲の人に話すことにしてみたの。今までの悩みすべてをね。だからみんなにも、自分のことを語ってほしいの。人間であれば誰でも傷を抱えてるはずよ。心の傷や、体の傷…。でも傷は私たちの人生の一部なのだから、自信を持って尊重すべきよ。少し前に久しぶりにビキニを着ることになって、何年も人生を共にしてきたこの身体を愛していることに気がついた。ビキニを着るのはとても勇気の要ることだったけど、一度着てみたら開放感が溢れてきて、水着姿を楽しめなくしてたのは自分自身だったんだって、わかったような気がしたの。自分の身体を恥じないで。たとえ妊娠線や帝王切開の傷があったとしても。

あなたの人生を物語るその傷に自信を持って、立ち上がりましょう!

10代初めのころは「太った子」と呼ばれても、仕方なく受け入れるだけだったというミシェルさん。同年代の女の子たちが着る服を試着することもできず、友人たちとショッピングに行ってもお揃いで着られるサイズが見つからない日々。

でも15歳になったある日、体重を気にしてくよくよしても幸せにはなれないと気づいた彼女は、自分のマイナス思考を矯正することを決め、徐々に前向きさを取り戻すことに成功。自分の傷について周りにオープンに話すようになったことも、彼女にとって大きな助けとなったそう。

ADの後に記事が続きます

ただ、昨年はある悲しい出来事にも見舞われたよう。ミシェルさんがある男性に恋心を抱いた際、それを知った女友達の1人から「あなたは太すぎるから、彼に見合わない」という発言をされたのだとか。

一時はかつての暗い気持ちに陥ったものの、その後この友人とは距離を置くことにしたミシェルさん。その理由はもちろん、"体のサイズであなたの価値を定めようとする友人は、友人ではないから"。彼女いわく、真のボディポジティブ(体に対する前向きな考え)とは、「周りからどう見えるかなんて気にしないこと、そして、体型によって自分の人生を生きるのを諦めないこと」。

最近別の友人から水遊びに誘われた時も、ミシェルさんは迷うことなく「イエス」と返事をし、シャツを脱いで躊躇なく水に飛び込んだのだとか。

There's a stereotype around being the "fat girl" in a friendship group. She's the one who sits on the sidelines and never joins in. She's the one perpetually single and sits silently while all her friends discuss their love life because god forbid, if she actually find a boyfriend, she would never be comfortable naked or in the bedroom. She's the insecure one, the one constantly complaining about her body and talking about diets. I couldn't call bullshit more on this stereotype. Since the age of 11, I have always been the "fat" friend but I have never been THAT girl. Even with all my insecurities around my scars, and my body in general, I was never the girl who sat inside - I refused to because of my pride and ego and my surgeries never let me be the person who missed out on life. The difference between now and then is that there's no hesitation, there are no second thoughts and when my friend suggested jumping in the Fjord, I was all "Hell yeah!". Before I would have said yes reluctantly, spent the time hiding as much of my body as possible until the last moment, definitely worn a top and definitely wouldn't have taken photos, let alone been in them. Now, I'm the one suggesting photos, I was the first to whip off my top and the thought that my body was different wasn't there. The fact that I know many girls, fat or skinny, would miss out on opportunities like this is what fuels my body positivity. Body positivity isn't about being able to take underwear selfies, it's about not letting your underwear or your swimsuit be the reason you aren't taking part. And ultimately when you are around the right people, you won't EVER feel like the "fat friend". I don't look at these pictures and see me as the odd one out. I look at the pictures and see the memories and the three bodies that we had fun in! #ScarredNotScared Swipe for a video of me high pitch screaming as I jump in!

A post shared by Michelle Elman (@scarrednotscared) on

友人が水に飛び込もうと誘ってくれた時の私の返事は、「もちろん!」。以前の私なら、嫌々「いいよ」と返事をしてたかも。できるだけ目立たないように身体を隠して、上着も着て、一緒に写真を撮るのも拒否してた。でも今は、自分から「写真を撮ろう」って誘うし、誰より先に服を脱ぐのも私。今は自分の体に対して、前のように卑屈に考えなくなったから。

"ボディポジティブ"は、下着姿のセルフィーを撮ることじゃないわ。下着や水着なんかに、あなたの自信を奪わせないことを指すのよ。良い友達に囲まれていれば、自分のことを「おデブな子」なんて二度と思わなくて済むはずだから。

自分の体を受け入れたことで、今は素敵な友人たちにも恵まれたミシェルさん。彼女の経験が物語るように、自分を愛することは、周りの人を愛することにも繋がっていくのかもしれません。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
専門家が解説!「ストレス過剰」から来る症状と対処法6
健康
シェア
見逃さないで!「ストレス過剰」を示す6つのサイン
当てはまったら要注意、少し休息が必要かも?
彼と体型が真逆でもOK!勇気ある女性の投稿が素敵
健康
シェア
愛されることに体型は関係ない!ある女性の投稿が素敵
「自分はこのままでパーフェクト」と思えたとき、きっとすべてが変わるはず♡
健康
シェア
現役モデルが5日間口にしたものをぜーんぶ見せます!
忙しくてもヘルシーに乗り切るコツ満載!モデルの朝、昼、晩ごはん5日分♡
「効果的なダイエット法」に共通する10の特徴
健康
シェア
専門家が教える「効果的なダイエット」の見分け方
これでもう失敗しない♡
人気モデルが赤裸々告白!摂食障害と「自己愛」について
健康
シェア
人気モデルが明かす私の「摂食障害」と「自己愛」
「自分が他人に好かれる理由は体しかないんじゃないかと思ってたの。」
健康
シェア
病欠にメンタルヘルスは含まれる?米企業CEOの英断が話題に
メンタルヘルスの不調から休みを申し出た従業員へ贈った、CEOの言葉が先進的!
最強のおやつ♡「ダークチョコレート」の健康効果7選
健康
シェア
最新研究で判明!「ダークチョコレート」が健康に良い?
おいしく食べて健康に!
2人合わせて約260キロ減量!カップルがめでたく結婚♡
健康
シェア
2人で-260キロ!?ダイエット成功カップルが結婚♡
減量に成功できたのは、愛のおかげ?
ヨガで「生理痛が楽になる」説は本当だった!?
健康
シェア
研究で判明!ヨガが生理痛の救世主になるかも…!?
ヨガがもたらす効果って?
マネできる♡アシュリー・グラハムの1日の食事メニュー
健康
シェア
人気モデル、アシュリー・グラハムの食事を覗き見♡
プラスサイズモデルとして注目を浴びる、アシュリー・グラハムが普段食べてるものって?