これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題

「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」

人気の記事

2016年11月に第1子を産んだビューティブロガーのルース・リーさん(25歳)。彼女の初めての出産は、帝王切開だったそう。

Happy First Valentine's Day to my Valentine's Day baby. 🙈😜😍

A post shared by Ruth Lee (@baybayruth) on

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン アメリカ版によると、ルースさんは元々自然分娩を望んでおり、自然分娩のセミナーに参加したり本を読んだりしていたものの、実際の出産では壮絶な経験をすることに。

19時間にもわたったというその時の分娩について、彼女は「今までに経験したことがないくらい、心身ともに激しい痛みだった」とコメント。帝王切開の後は、4日間を病院で過ごしたそう。そんなルースさんが最近、帝王切開後の傷跡の写真をInstagramに投稿して話題に。

I'm posting this tonight with tears in my eyes. I can't help it. The pregnancy and birth of my little girl was the most amazing thing I've ever been a part of. Some people don't want kids, and I respect that. Really, I do. But for me, You see, I always have. When it finally happened though, it was so hard to fully comprehend. Pregnancy and babies, I mean that's common. It's everywhere. But when it's YOUR body and YOUR baby, it's so different. You literally feel like it's a miracle. Because, when it happens to you, it is. What brings me to Instagram tonight, is the post-baby. I followed SO many pregnant models during my pregnancy. And when they photographed themselves pool-side 5 minutes postpartum, I thought, "wow! I hope that happens to me!" I was 25 when I gave birth. I was healthy. I was young. I stayed active during my pregnancy. I took the best prenatals, went to the gym, used every kind of stretch mark prevention you could think of. I took hours of birthing classes, read every book under the sun, and studied natural childbirth my whole pregnancy. I STILL ended up with a traumatic labor, cesarean section, scars, stretch marks, and unfortunately the inability to breastfeed long term. I took this picture a few days after I gave birth, when my PPD really first reared its head into my life. I took this and actually was horrified. I couldn't believe it was me. I'm sharing it because I know in my heart that there are people out there that struggle with inadequacy. That might think they are not beautiful, that they might be ruined, less worthy, or not good enough. Yours might not actually be physical scars, but maybe, a failed relationship, a difficulty in your career, a mental struggle, money issues, or just feeling lost in life. Be kind to yourself. And know that you are not alone. Comparison is the thief of joy. Don't let social media taint your view of what is beautiful, what is REAL. And above all, know that if you are struggling, I am here. I have an open inbox or (if you actually know me) an open door. #stopcensoringmotherhood #nofilter

A post shared by Ruth Lee (@baybayruth) on

今日は涙ながらにこの投稿をしているわ。感情を抑えることができないの。私の可愛い娘の妊娠と出産は、人生の中で最も素敵なことだった。子供が欲しくない人もいると思うし、そういう生き方もありだと思う。でも、私自身はずっと子供が欲しかったの。お母さんと赤ちゃんは一心同体。文字通り "奇跡"みたいに思えるのよ。今日この写真をInstagramに投稿しようと思ったのは、出産後の話をしたかったから。私は妊娠中に、妊娠しているモデルをたくさんSNSでフォローしたわ。彼女たちが出産後に投稿した水着の写真を見て、「私もこうなったらいいな!」と思ってた。私は25歳だし、若くて健康だから、妊娠中は活発に過ごしていたわ。ジムへ行ったり、できる限り妊娠線を防ぐ努力をしたり、出産に向けてベストを尽くしてた。

でも、自然分娩に向けて準備をしていったにも関わらず、トラウマ級の難産を経験し、帝王切開の傷跡や、妊娠線が残った。そしてさらに不運なことに、産後の長期間、娘に母乳をあげることもできなかったの。この写真は出産直後に撮ったものよ。これを見てゾッとしたわ。これが私だなんて信じられなかった…。私がこの写真をシェアしたのは、自分自身の不完全さに苦しんでいる人がたくさんいると思ったから。

自分は美しくない、自分には価値がない、そう思って満足できない人もいるかもしれない。出産後の物理的な傷跡ではなく、パートナーとの関係がうまくいってなかったり、仕事への復帰が難しかったり、出産で変わってしまった体型やお金の問題などで、自分の人生を見失ったような気分になってしまう人もいるかもしれない。でも、自分自身に優しくしてね。あなたは1人じゃないということを知っておいてほしいの。誰かと比べることは、あなたから自信や幸せを奪ってしまうわ。SNSであなたの価値や美しさを推し量らないで。そして、今もしあなたが苦しんでいるのなら、私はあなたの味方よ!

始めは帝王切開の傷跡や、変わってしまった体型にショックを隠しきれなかった様子の彼女。しかしその後、ゆっくりではあるものの、産後の体を受け入れ始めたのだとか。産後の運動においても、医者からOKのサインが出たあとすぐにジムへと通い始めたそう。

You guys must be thinking I'm crazy to post these, ammmmmiright? Society will look at the first picture (2 days Postpartum) and be offended. Cankles. Messy hair. No make up. A DIAPER, for goodness sake. (We ogle and thrive off of the images of women looking like beautiful unicorn fairy models after birthing humans. 🙄 whyyyyyy.) Not my usual look. But guess what? I made my husband take that picture because it was REAL. I felt victorious. I was probably in my weakest condition ever ever ever, yet I felt so strong. Society will look at the second picture (8 weeks Postpartum) and be offended. Omg stretch marks are you serious?! How embarrassing. 😑 (zoom in, I dare you!) I am so sick of people acting like stretch marks don't happen. Yes, some of you amazing ladies have been kissed by the angel of luck and managed to birth a watermelon without so much as a whisper of an imperfection, but I am not one of you. And most women aren't. Yet, it's so rare to see evidence that stretch marks exist. It's so rare, in fact, that we are forced to view them as ugly or uncommon. 😩Let's change that. I find them so bad ass and beautiful. Pregnancy and motherhood are no joke. We earned these. ⚡️ I'm grateful, so so so grateful for this body of mine, saggy skin and stretchmarks included. I can't wait for Presley to get older and for me to show those stripes off to her. (& tell her that I have them from growing her beautiful little soul inside me.) 🐯🐯🐯🐯🐯 I LOVE MY MOM BOD! #takingbackpostpartum #8weekspostpartum #fourthtrimester #babymomma #tigerstripes

A post shared by Ruth Lee (@baybayruth) on

こんな写真をアップするなんて、きっと皆は私の頭がおかしくなったと思うかもしれないわね。左側の写真は、産後2日目。髪はボサボサ、ノーメイクで、おむつもしてる。とんでもない姿よね…いつもこんな格好をしてるわけではないのよ。でも、聞いて。私が夫にこの写真を撮ってもらったのは、これが現実だから。これを撮ったとき、私は勝ち誇った気分だった。この時の私は一番弱りきっていたのに、この写真を撮ることで、なぜか強くなれた気がしたの。

右側の写真は、産後2カ月目。これを見た人は、「やだ! こんな妊娠線の写真をアップするなんて、恥ずかしくないの!?」と思うでしょうね。でも、現実から目をそむける風潮にはウンザリ。中には運に恵まれて、これといった傷を負うことなくすんなり出産できた人もいるでしょう。だけど私はそうじゃなかった。きっと多くの女性が私と同じだと思うの。妊娠線をはっきりと目にするのは、珍しいことでしょうね。でもそれを珍しいと感じる理由は、世の中が私たちに、それは醜くて、滅多に起こらないことだと思い込ませているから。だけど、その考え方を変えましょう! 妊娠線は、神秘的で美しいものだと思うわ。妊娠したり、母になることは、私たち女性にとって素晴らしい経験よ。妊娠線は勲章。私は本当に、心から…たるんだ肌も妊娠線も含めて、自分の体に感謝しているわ! 娘が大きくなって妊娠線を見せるのが楽しみよ。そして、「この妊娠線は、あなたが生まれた証よ」と話してあげたい。私は自分の身体を愛してる!

I still remember how I felt in the picture on the left. I had THREE months left of being pregnant. 🐋 At that time, I started getting my first hint of stretch marks. I was wearing maternity clothes exclusively. I packed ALL my crop tops and short shorts and clothes I loved, and told myself I most likely would NEVER wear them again. I had one of my worst break downs EVER in a dressing room, when clothes I thought would fit, didn't. It was one day I really wanted to feel pretty, but I felt huge and a loss of control of myself. Now, I truly loved being pregnant, but some days were definitely harder than others. The picture on the right is me today 😊(#tenweekspostpartum). I've been back at the gym for just four weeks now. I will honestly tell you, I have never, ever had to work harder. Sometimes I feel so defeated, I have had to re-learn everything. The first time I did an ab work out postpartum, I legitimately looked around to make sure no one was laughing at me! 😵😭 Pregnancy is rough, being a mom is the HARDEST job in the world, and top of it all, you have to learn how to fall in love with YOURSELF all over again. It's insane what we are capable of! But, amazing!!! ❤️️ I don't care if you're 90 lbs or 300 lbs- don't give up on yourself! It doesn't matter what the super model on social media looks like, it matters that you beat the person in the mirror. Every single person goes though their own unique journey!👌🏼🙌🏼 happy Tuesday, everyone! ❤️️❤️️❤️️👑👑👑 #postbaby #mombod #postpartum #selflove #momswholift

A post shared by Ruth Lee (@baybayruth) on

左の写真を撮った時のこと、今もまだ覚えているわ。出産まであと3カ月で、妊娠線も少しずつ現れていたの。まだ着られると思った服がフィットしなかった時は、すごくショックだった。その日は着飾って出かけたいと思っていたから余計に、自分自身を見失った気がしたわ。もちろん赤ちゃんができるのは素敵なことだけど、時々辛くもあったのよ。右の写真はジムに通い始めて4週間目。正直なところ…こんなに大変だと思わなかった! 1から体型改善をするのは本当に大変。産後初めてジムで腹筋をした時、周りを見回して、誰も私のことを笑ったりしてないか確認したくらいよ。妊娠は過酷だし、ママになることは世界一大変な仕事。でもそれ以上に大変なのは、あなた自身を愛する方法を学び直すこと。あなたが痩せていようが太っていようが、自分を諦めないで。モデル達がSNSでどんな見た目をしていても関係ないわ。鏡に映る自分に打ち勝つことが大事よ。

ルースさんは、これからお母さんになる人はもちろん、すべての女性に対しても、自分と他人を比べてほしくないと思っているよう。鏡の中の自分と向き合い、受け入れる努力を重ねてきたルースさんの言葉には、きっと多くの女性が勇気づけられるはず。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Mai

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
まるで別人!痩せると「手」もこんなに変わる!?
健康
シェア
本人も驚き!ダイエットで「手」がこんなに変わる!?
痩せたら指輪も買い替えなきゃ!
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
健康
シェア
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
「何を食べるか」より、「いつ食べるか」がポイント!?
「変えたかったのは心」。私が無茶なダイエットをやめるまで
健康
シェア
痩せても同じ「自分」。私が過激なダイエットをやめた理由
「"痩せた人=勝者"、"太った人=敗者"という考え方は間違いです」
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡
冷凍の野菜や果物は、生鮮食材より栄養価が高い!?
健康
シェア
え!冷凍野菜&果物は、生のものより栄養価が高い!?
もう冷凍野菜を使うことに、罪悪感を抱かなくていいかも…?