「私はインターセックス」。人気モデルが赤裸々告白!

子供時代に「強制的に手術を受けさせられた」という、彼女が伝えたいこととは?

人気の記事

ハンネ・ギャビー・オディールはこれまでにアレキサンダー・ワン、シャネル、ディオールなど、一流のメゾンと仕事をした実績を持つ29歳のベルギー人モデル。コスモポリタン アメリカ版によると、彼女は先日、自分が"インターセックス"であることを公言したのだとか。

彼女は<USA Today>のインタビューの中で、「アンドロゲン不応症」と呼ばれる、男性型染色体(彼女の場合はXY)と、停留精嚢を持った状態で生まれたと告白。彼女が10歳のとき、両親は精嚢を除去しないと将来ガンになり、「正常な女の子として成長できなくなる」と伝えてきたそう。結局彼女は除去手術を受け、18歳のときに膣再建手術を受けることに。

そして今、オディールはこの事実を公言し、インターセックスの子供たちが時に自分の同意と完全な理解なしに、強制的に手術を受けさせられている事実を広めたいと思っているそう。こういった手術は医学的に必要だからという理由ではなく、子供を"男の子、または女の子っぽく見せるために"行われている場合もあるらしく、彼女は「インターセックスであること自体は大したことではありません。ただ、両親が最初から正直でいてくれたら良かったのに、とは思います。彼らのした行為のせいで、自分にはトラウマが残りました」とコメント。

非営利のインターセックス支援団体<interACT>によると、オディールのようなインターセックスの人びとは全人口の2%を占めるそうで、彼らは女性でも男性でもないホルモン、性器、または内臓を持って生まれてくるのだとか。また、インターセックスの人の多くがオディールのような手術を受けさせられているそう。

「インターセックスの人びとが、自分の体に関する選択を自分自身で下すことができるようにするべきです。このような不当な扱いに終止符を打つべく、私は声を上げることにしました。私はそのお陰で甚大な心の痛みを経験しましたから」。同団体のビデオの中で、このように語る彼女。

オディールの勇気ある発言がこの先、人々の知識の高まりや、インターセックスの人々にとって最良の選択肢を選べる社会へと繋がっていくことを願うばかり。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
夜中に目が覚めてしまった女性。避けたい行動とは?
健康
シェア
専門家が指摘!夜中に目が覚めてしまったときのNG行為
わかってはいるけれど…
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。
健康
シェア
「温泉マニア」のソンミがハマった温泉宿はどこ?
今月からモデルのソンミさんによる連載がスタート。温泉マニアの彼女に絶対行くべき温泉宿を教えてもらいました!
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
健康
シェア
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
正しい診断までに要した期間は、なんと「7年」…
グウィネス一押し!「クリーンスリーピング」の取り入れ方
健康
シェア
グウィネス推奨!睡眠美容「クリーンスリーピング」の始め方
グウィネス・パルトロウが提唱するセレブ式睡眠法を、一般人が実践するには…?