乳がんの手術を受けた友人のために、タトゥー修行

胸に、リアルな乳首や華やかななデザインを描く。

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

イギリスで、乳がんの手術により乳首を失くした友人のために、タトゥーの修行をし、リアルな乳首を描いた女性が話題を呼んでいます。

ADの後に記事が続きます

4歳の娘をもつレイチェル・ケネディーさんは元々美容師でしたが、親友のアンドリア・ハリスさんが乳がんと闘っていることを知り、入れ墨師になることを決心。修行にかかった金額はおよそ1,200ポンドとのこと。実際に乳首を描いていくまでにかかったのは、およそ3時間だったという。

「完成したところを見たとき、本当に感動しました。物理的な変化だけでなく、心にも変化がもたらされました」とアンドリアさんは語りました。

タトゥーを施したレイチェルさんは「これからもライフワークとして、多くの女性たちを救っていきたい。辛い経験をした女性たちに、また自分は美しいと感じてもらい、希望を持ってもらいたい」とコメントしています。

他にも、大事な人のためにタトゥーを施したケースがあります。

アメリカのノエル・フラナスさんは、乳がんと診断され両乳腺切除を受けた義理の姉妹のために、乳首のようなタトゥーではなく、何か彼女が喜ぶようなタトゥーを入れてあげたいと思ったことをきっかけに、NPOP.ink(ピンク)』を立ち上げました。

このNPOは、乳がん手術を受けた女性たちにタトゥーアーティストを紹介し、胸にデザインを入れるという選択を提供、。心を癒すことを目的とした団体です。

タトゥーをする前は鏡の前に立つと辛い記憶がよみがえってきましたが、今は鏡を見ると心動かされ癒される気持ちになります」と、施述を受けた女性はコメント。

日本では、欧米に比べると、タトゥーに悪いイメージをもつ人は多いようで、受け入れられ難いかもしれません。しかし近年、日本での乳がん件数は増加傾向にあり、現在12人に1人が患うと言われています。今後は日本でも、このような心を癒すための活動やクリエイティブな考え方が浸透し、受け入れられていくといいですね。

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!