無理なく減らせる!?ワインの飲み過ぎを防ぐコツ

飲み会で使えそう。

飲み会やパーティでワインをどんどん注がれて、二日酔いに悩まされたなんて経験のある人は要チェック! なんと無理せずワインの飲酒量を減らせる方法が見つかったらしい。

コスモポリタン イギリス版によると、これは米コーネル大学とアイオワ州立大学の研究で、大学生(男女)や大学のスタッフ74名に、いろいろな状況でワインを注いでもらった調査をもとにしているのだそう。

ADの後に記事が続きます

被験者はワインの色(赤または白)、グラスのサイズ(普通と大きめ)、それからグラスの位置(手に持つのか、テーブルに置くか)といった、複数の状況で「いつも通りの量を注ぐよう」依頼されたとか。

以下は、調査結果の一部。

ワインの色:グラスに注ぐ量は、赤ワインよりも白ワインのほうが9.2%多かった(赤は量が見えやすいけれど、白ワインは半透明に近いので量がわかりにくいのがその理由)。

グラスのサイズ:大きめのサイズのグラスには、普通のグラスよりも11.9%多くワインを注いだ。

グラスの場所:相手がグラスを手に持ったときは、テーブルに置いたときよりも12.2%多くワインを注いだ。

注ぐ量:「グラスの半分まで注ぐ」よう指示されたときは、その"半分"よりも、さらに18%少なく注いだ。

つまり、ワインを飲むときには「普通サイズのグラスをテーブルに置き、赤ワインをグラスの半分を目安に注ぐ」ことで、普段より2割ほどお酒の量が減らせるということらしい。お酒を飲む機会が多い人は、ぜひお試しあれ!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
栄養士がアドバイス!「むくみ」を軽くする食べ物6選
健康
シェア
栄養士が教える、「むくみ」を軽減する食べ物6選
毎日の食生活に取り入れてみて!
まるで別人!痩せると「手」もこんなに変わる!?
健康
シェア
本人も驚き!ダイエットで「手」がこんなに変わる!?
痩せたら指輪も買い替えなきゃ!
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
健康
シェア
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
「何を食べるか」より、「いつ食べるか」がポイント!?
「変えたかったのは心」。私が無茶なダイエットをやめるまで
健康
シェア
痩せても同じ「自分」。私が過激なダイエットをやめた理由
「"痩せた人=勝者"、"太った人=敗者"という考え方は間違いです」
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡