そうなの?バナナは朝食に向かない食べ物らしい

え?理想の朝食だと思ってたのに…。

どんな忙しい朝も皮をむくだけで簡単に食べられるバナナはありがたい存在。ただ、コスモポリタン アメリカ版によれば朝食には向いていないそうで…。

栄養士であるダリル・ジョッフーレ博士によると、バナナは一時的にエネルギーをアップしてくれるものの、逆に疲労感をもたらせてしまうのだそう。

ADの後に記事が続きます

「朝の時間、バナナはすぐに食べられる理想的な果物だと思われるかもしれません。ところが、バナナの栄養素に注目すると、糖分が25%でやや酸性であるため、バナナだけで朝食を済ませることはおすすめしません」

ただ、バナナのデメリットを補うための方法もあるそう。健康的な脂肪分やスパイス(ピーナツバター、ヨーグルト、オートミールなどに添え、シナモンを振りかけるなど)と一緒に食べれば、お昼までに空腹を避けることができる朝ごはんになるともアドバイス。バナナ党の人は、ぜひお試しあれ!

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡
健康
シェア
外食続きで体重増…現役モデルは5日間、何を食べて元に戻す?
低カロリーでも、お腹を満足させるコツが盛りだくさん!