調査で判明!プラスチックの"水筒"は雑菌の宝庫!?

雑菌を抑える方法は…?

人気の記事

水分補給や節約のため、「いつも水筒を持ち歩いている」という人にとって、ちょっと気になるニュースをお届け。コスモポリタン アメリカ版によると、水筒のタイプによっては、健康面でのリスクにつながる恐れがあるのだとか!

ちなみにここで問われているのは、海外でよく見かけるプラスチックタイプのボトル(水筒)のこと。これを長時間持ち歩くことで、その中の環境が"良くない方向"に変わる可能性が高くなるのだそう。何度も繰り返し使うことにより、水筒の中で細菌(病原菌)が爆発的に発生し、これがなんと"トイレの便座を舐めるのと同じくらい不衛生である"という説が! これって、ホントなの?

ADの後に記事が続きます

<Treadmillreviews>では、1週間にわたりアスリートが繰り返し使った複数の水筒を調査。<Metro>が発表した結果によると、そのうち1つの水筒には1平方センチメートルあたり、なんと90万以上の"細菌(バクテリア)集団"が存在していたそう。数字で言われてもピンと来ないかもしれないけれど、この数はなんと、トイレの便座に生息する細菌の数よりも多い計算になるのだとか(驚)!

さらに最悪なことに、研究者のグループは、そのうち60%もの細菌が人間の健康を損なう可能性があることも発見。というわけで「最近、ちょっと体の調子がすぐれないな…」なんて思っている人は、いつも使っている水筒を疑ってみたほうがいいのかも?

では、対処策はというと…水筒の飲み口を"スライド式(1平方センチメートルあたり93万3,000以上の細菌が発生)"から"プッシュ式"、または、"ねじぶた式"に変えるだけでも、リスクは大幅に軽減されるよう。

また、食洗機でも使えるステンレススチール製のボトルを使う、というのも選択肢のひとつ。気になる人はどちらかの方法を試してみて。

いずれにしても一番肝心なのは、水筒を念入りに洗うこと。これだけでも細菌の繁殖をかなり抑えられるはず。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
人気トレーナーが伝授!「ボディメイク」を継続する秘訣10
健康
シェア
人気トレーナー推奨!「ボディメイク」に大切な心得10
インスタフォロワー53万人を誇る人気トレーナーの、体づくりの秘訣とは?
健康
シェア
人間の神秘!妊婦さんの「お腹の中」を解説する動画
内臓の位置って、めっちゃ変わるんだ…
健康
シェア
かっこいい!人気女性プロレスラーが考える「自信の持ち方」
「美は内面から輝くもの。見た目はみんな違うけど、健康でいることが自信を育ててくれるのよ」
今すぐ掃除を!雑菌まみれのオフィスアイテム9
健康
シェア
今すぐ掃除!雑菌が気になるオフィスアイテム9
これからは抗菌シートが手放せない!
SNSスターが見せた、「素顔」に隠された大切なこと
健康
シェア
SNSスターの素顔に、「いいね!」が殺到した理由
コンプレックスも、あなたの「個性」!
「恋をすると痩せる」理由はセロトニンにあり?
健康
シェア
「恋をすると痩せる」理由は幸せホルモン…?
幸せホルモン「セロトニン」と体重にはどんな関係が?
ボロボロだった過去を告白…イギリス人モデルに共感
健康
シェア
「ボロボロだった過去」に共感!英国人モデルの告白
「誰もパーフェクトじゃないし、誰かのために自分を変える必要はないのよ」
トレーニングを「止め」て、私が辿りついた幸せ【体験談】
健康
シェア
私が「筋肉質」→「あえてポッチャリ」体型を選んだ理由
「人生を謳歌し、自分のために生きることを選びました」
医師が解説!ブラをつけたまま寝て起こるリスク
健康
シェア
実はNG!?夜の「ブラ着けっぱなし」リスクを医師が解説
「胸の形をキープ」どころか、血液やリンパの流れを妨げる!?
心の病気を乗り越え、私が100%の「自己愛」を手に入れるまで
健康
シェア
精神の病を乗り越え、私が学んだ「自分の愛し方」【体験談】
「悲しくなったり、うまくいかなくなったりしたら、休んでいいんです」