調査で判明!プラスチックの"水筒"は雑菌の宝庫!?

雑菌を抑える方法は…?

人気の記事

水分補給や節約のため、「いつも水筒を持ち歩いている」という人にとって、ちょっと気になるニュースをお届け。コスモポリタン アメリカ版によると、水筒のタイプによっては、健康面でのリスクにつながる恐れがあるのだとか!

ちなみにここで問われているのは、海外でよく見かけるプラスチックタイプのボトル(水筒)のこと。これを長時間持ち歩くことで、その中の環境が"良くない方向"に変わる可能性が高くなるのだそう。何度も繰り返し使うことにより、水筒の中で細菌(病原菌)が爆発的に発生し、これがなんと"トイレの便座を舐めるのと同じくらい不衛生である"という説が! これって、ホントなの?

ADの後に記事が続きます

<Treadmillreviews>では、1週間にわたりアスリートが繰り返し使った複数の水筒を調査。<Metro>が発表した結果によると、そのうち1つの水筒には1平方センチメートルあたり、なんと90万以上の"細菌(バクテリア)集団"が存在していたそう。数字で言われてもピンと来ないかもしれないけれど、この数はなんと、トイレの便座に生息する細菌の数よりも多い計算になるのだとか(驚)!

さらに最悪なことに、研究者のグループは、そのうち60%もの細菌が人間の健康を損なう可能性があることも発見。というわけで「最近、ちょっと体の調子がすぐれないな…」なんて思っている人は、いつも使っている水筒を疑ってみたほうがいいのかも?

では、対処策はというと…水筒の飲み口を"スライド式(1平方センチメートルあたり93万3,000以上の細菌が発生)"から"プッシュ式"、または、"ねじぶた式"に変えるだけでも、リスクは大幅に軽減されるよう。

また、食洗機でも使えるステンレススチール製のボトルを使う、というのも選択肢のひとつ。気になる人はどちらかの方法を試してみて。

いずれにしても一番肝心なのは、水筒を念入りに洗うこと。これだけでも細菌の繁殖をかなり抑えられるはず。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
夜中に目が覚めてしまった女性。避けたい行動とは?
健康
シェア
専門家が指摘!夜中に目が覚めてしまったときのNG行為
わかってはいるけれど…
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。
健康
シェア
「温泉マニア」のソンミがハマった温泉宿はどこ?
今月からモデルのソンミさんによる連載がスタート。温泉マニアの彼女に絶対行くべき温泉宿を教えてもらいました!
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
健康
シェア
私を苦しめた痛みの原因は「2つの膣」!?【体験談】
正しい診断までに要した期間は、なんと「7年」…
グウィネス一押し!「クリーンスリーピング」の取り入れ方
健康
シェア
グウィネス推奨!睡眠美容「クリーンスリーピング」の始め方
グウィネス・パルトロウが提唱するセレブ式睡眠法を、一般人が実践するには…?