調査で判明!プラスチックの"水筒"は雑菌の宝庫!?

雑菌を抑える方法は…?

人気の記事

水分補給や節約のため、「いつも水筒を持ち歩いている」という人にとって、ちょっと気になるニュースをお届け。コスモポリタン アメリカ版によると、水筒のタイプによっては、健康面でのリスクにつながる恐れがあるのだとか!

ちなみにここで問われているのは、海外でよく見かけるプラスチックタイプのボトル(水筒)のこと。これを長時間持ち歩くことで、その中の環境が"良くない方向"に変わる可能性が高くなるのだそう。何度も繰り返し使うことにより、水筒の中で細菌(病原菌)が爆発的に発生し、これがなんと"トイレの便座を舐めるのと同じくらい不衛生である"という説が! これって、ホントなの?

ADの後に記事が続きます

<Treadmillreviews>では、1週間にわたりアスリートが繰り返し使った複数の水筒を調査。<Metro>が発表した結果によると、そのうち1つの水筒には1平方センチメートルあたり、なんと90万以上の"細菌(バクテリア)集団"が存在していたそう。数字で言われてもピンと来ないかもしれないけれど、この数はなんと、トイレの便座に生息する細菌の数よりも多い計算になるのだとか(驚)!

さらに最悪なことに、研究者のグループは、そのうち60%もの細菌が人間の健康を損なう可能性があることも発見。というわけで「最近、ちょっと体の調子がすぐれないな…」なんて思っている人は、いつも使っている水筒を疑ってみたほうがいいのかも?

では、対処策はというと…水筒の飲み口を"スライド式(1平方センチメートルあたり93万3,000以上の細菌が発生)"から"プッシュ式"、または、"ねじぶた式"に変えるだけでも、リスクは大幅に軽減されるよう。

また、食洗機でも使えるステンレススチール製のボトルを使う、というのも選択肢のひとつ。気になる人はどちらかの方法を試してみて。

いずれにしても一番肝心なのは、水筒を念入りに洗うこと。これだけでも細菌の繁殖をかなり抑えられるはず。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡
健康
シェア
外食続きで体重増…現役モデルは5日間、何を食べて元に戻す?
低カロリーでも、お腹を満足させるコツが盛りだくさん!