赤、青、黄色…人間の食欲は"色"でコントロールできる?

​食欲を抑えるのは何色?

ファーストフードのロゴや内装に似たような色が使われているのには、理由があるって知ってた?

コスモポリタン フィリピン版によると、オレンジや赤、そして黄色といった色は、見る人の精神活動を活発化させ、より空腹を感じさせる効果もあるんだとか。<The Psychology of Color>によると、赤は強い感情や食欲をかきたて、オレンジは興奮や激しい欲求を誘発するんだそう。また、黄色は最もハッピーな気分を高揚させる色といわれていて、たとえば黄色に囲まれた環境にいると、食欲増進につながるのだとか!

ADの後に記事が続きます

ロゴに赤を取り入れている有名ファーストフードチェーンといえば、マクドナルドにKFC、ピザハット、ウェンディーズなど。

食べ物においても、ニンジンやカボチャ、バナナ、リンゴ、ストロベリー、チェリーといった健康に良い野菜やフルーツの多くは、オレンジや赤、黄色のものがたくさん。

その一方で、食欲を減退させる色も存在。例えばグレーやブラック、ブルーがそれ。落ち着きや安らぎを与えるブルーは、建築や芸術では重宝される色だけど、"食欲増進"においては逆効果なのだそう。それに自然の食べ物でも、グレーやブラック、またはブルーのものを見かけることはほとんどないはず。ダイエットで食欲を抑えたいときはこの作用を逆手にとって、グレーやブラック、ブルーの壁の部屋で食事を摂るといいかも? キッチンにブルーライトを使うだけでもドカ食いを防ぎ、食欲を減らす効果があるのだとか!

すべての色が全員に同じ効果をもたらすとは限らないそうだけど、食欲が一向におさまらないという人は、この"色ダイエット"も一度試してみて。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN PH

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
栄養士がアドバイス!「むくみ」を軽くする食べ物6選
健康
シェア
栄養士が教える、「むくみ」を軽減する食べ物6選
毎日の食生活に取り入れてみて!
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
健康
シェア
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
「何を食べるか」より、「いつ食べるか」がポイント!?
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡
ランナーは長生き!?ランニングで寿命が延びる可能性が
健康
シェア
研究で判明!ランニングがあなたの寿命を延ばすかも…!?
しかも、1日たったの5分でいいらしい
人気セレブ15人が食べてる「朝食」を調べてみた
健康
シェア
人気セレブ15人の「朝食メニュー」を大調査!
セレブ達の1日は、しっかりとした朝食からスタート♡