ボディソープはNG?女医が教えるアソコの「正しい洗い方」

大事なのは、洗ったあとの"乾燥"?

"デリケートゾーンの洗い方"について、意識したことはありますか? なんとな~く「洗いすぎるのは良くない」とわかっていても、ちゃんとした手順を知っているという人は少ないはず。

そこでコスモポリタン イギリス版から、"アソコの正しい洗い方"をお届け!

米ミシガン州立大学の産科学/婦人科学の医学博士、ナンシー・ハータ氏によると、膣にはもともと自浄作用があるのだとか。膣のpH値(酸性・アルカリ性の度合い/強さを表す指数)は元々低い=すなわち酸性で、それによって人間に有害なバクテリアの増殖を抑えているのだそう。ハータ氏いわく「膣やその周りに(ボディソープなどの)余計なものを使うことでpH値が変わってしまい、バクテリアが増殖しやすくなってしまうんです」とのこと。というわけで、ボディソープでゴシゴシ洗うのはNG!

ADの後に記事が続きます

また、ハータ氏いわく、膣からおりものが分泌されるのはいたって普通のことなんだとか。「おりものが出たからとあれこれ心配する人も多いけど、それも膣の自浄作用の一環」だそうなので、(おりものの臭いやかゆみがひどくないのであれば)心配しなくてもいいみたい。

では、ビデなどの膣を洗う専用アイテムは?  「ビデを使って膣を洗浄することでもpH値が変わってしまうので、バクテリアが増殖しやすくなります」。ということで、こちらもNG! 洗う際はマイルドな石鹸を使うのがオススメとのこと。むしろ大事なのはシャワーで体を洗ったあと、タオルでデリケートゾーンを拭き、下着を履く前にきちんと乾燥させることなんだとか。デリケートゾーンが蒸れると、カンジダ膣炎などを引き起こす可能性が高まるそう。

今日からお風呂のあとは、デリケートゾーンをしっかりと乾燥させましょう!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
栄養士がアドバイス!「むくみ」を軽くする食べ物6選
健康
シェア
栄養士が教える、「むくみ」を軽減する食べ物6選
毎日の食生活に取り入れてみて!
まるで別人!痩せると「手」もこんなに変わる!?
健康
シェア
本人も驚き!ダイエットで「手」がこんなに変わる!?
痩せたら指輪も買い替えなきゃ!
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
健康
シェア
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
「何を食べるか」より、「いつ食べるか」がポイント!?
「変えたかったのは心」。私が無茶なダイエットをやめるまで
健康
シェア
痩せても同じ「自分」。私が過激なダイエットをやめた理由
「"痩せた人=勝者"、"太った人=敗者"という考え方は間違いです」
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡