早く痩せるのに効果的なのは「ベジタリアンダイエット」!?

まずは、1日1食の菜食から

理想の体型でいるためにダイエットを思い立った人の多くがまずやめようと思うのが炭水化物と糖分。ところが、最近発表された研究によると、もっとも効果的な減量のために必要なのは、砂糖やカロリーではなく「肉の摂取量を抑えること」のようだと、コスモポリタン アメリカ版がレポート。

ADの後に記事が続きます

というのも、栄養についての学術誌『Journal of the American College of Nutrition』に掲載されたこの研究によれば、「ベジタリアンダイエット」によって、より効果的に減量できるだけでなく、代謝も上がることが明らかになったのだという。2型糖尿病を患う74人の被験者に、穀物、野菜、果物、ナッツによる菜食(=ベジタリアンダイエット)を守ってもらったところ、通常の食事に比べて2倍もダイエット効果があったのだとか。通常なら3キロ程度のところ、平均して6.3キロも体重が落ちたそう。

また、ベジタリアンダイエットによって筋肉中の脂肪も減るため、代謝を高めることになるのとのこと。患者さんの脂肪組織を研究したカーレオヴァ医師によると、「これは減量中の人々にとって重要な発見」だそうで、「メタボリック・シンドロームや2型糖尿病の人々にとってはもちろんですが、真面目に体重コントロールをしている人や痩せていて健康的な状態を保ちたい人にも意義のある発見です」とコメント。

でも、今すぐに肉を断つのはちょっと…という人も少なくないはず。そんなあなたには、11食だけ肉なしの食事をすることから始めるのがオススメ。できればブラック・ビーンズやひよこ豆を取り入れるとより効果的だそうだから、試してみて。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
食べ過ぎたわけではないのに、気づくとおなかがパンパンに張っている。そんなおなかのハリに効果的な食べ物やドリンクなど、全56のヒントをご紹介する連載の最終回。意識して取り入れたら、ぺったんこなおなかが手に入るはず! 第1回、第2回、第3回はこちらから。※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko Kuwabara    From:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART4】
いつもの食生活をちょっと改善するだけで「ガスだまり」がなくなるなんて…!
「セルライトもあなたの一部」、ある女性の声に共感者続出!
健康
シェア
プラスサイズモデルがSNSで広めた「セルライトの愛し方」
自分のカラダを、心の底から愛せるようになるためのヒント
食べ過ぎたわけではないのに、気づくとおなかがパンパンに張っている…。そんな経験したことない? おなかの張りに効く56の対処法の第3回目をお届け。ガスだまりを引き起こしていた、意外な食べ物を第1回目、第2回目も合わせてチェック!※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko Kuwabara    From:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART3】
ほんの少しだけ食べ物に気を使うことで、おなかがスッキリする!?
アメリカでは、「フラット・ベリー・ダイエット(おなかぺったんこダイエット)」が大ブーム中。憧れのフラット・ベリーに近づくべく、ハリに効く56の対処法の第2回目をお届け。第1回目はこちら。※この翻訳は、抄訳です。Translation:Reiko KuwabaraFrom:Delish
健康
シェア
原因はコレだった!ぽっこりおなかの解消法【PART2】
飲み物や食べ物によって「ガスだまり」を改善できる…!?
医師が解説!生理中の胸の痛みの原因とその対処法とは?
健康
シェア
「生理中に胸が痛む」理由と対処法を医師が解説!
ブラの選び方も大事なんだとか!
サウナに入る健康的な女性たち
健康
シェア
研究で判明!週に2回のサウナが肺炎のリスクを下げる!?
寒くなってきたし…サウナ通いもいいかも!
食べることによって健康効果が得られるダークチョコレート
健康
シェア
おやつにも◎!チョコレートで得られる体にイイこと5
美味しくて体にもいい効果が見込めるなんて…♡
不安な気持ちを落ち着ける効果のあるハーブ/ガーデニング
健康
シェア
心が不安定な時に…気持ちが落ち着くハーブ10選
ティータイムや料理に取り入れてみて。
栄養士が教える、冬を乗り切るための8つの最強食材
健康
シェア
栄養士が教える、寒い季節を乗り切るための最強食材8
体はもちろん、お肌や心にも良い食材って?
アスリートのカラダ作りから学ぶ「食生活」の8つのルール
健康
シェア
アスリートのカラダ作りから学ぶ「食生活」の8つのルール
「食べる食品を賢く選ぶ」のがカギ!