ロングヘアをキレイに保つには?避けるべき7つの習慣

「早く伸ばしたいから」といって、カットを怠るのは逆効果!?

人気の記事

髪をキレイにキープするうえで、やってはいけない7つのNG習慣を、コスモポリタン イギリス版から。ロングヘアの人や、これから髪を伸ばしたいと思っている人は参考にしてみて。

1.  あまりサロンに行かない

ロングヘアはメンテナンスが大変。でも、キレイにロングヘアを保つには、定期的にサロンで毛先をカットすることが大事。枝毛を切ることで、髪の成長が早くなり健康な髪がキープできるんだとか。長さをキープしたいからと言って、カットを怠らないようにしましょう。

ADの後に記事が続きます

2.  きつく髪を結ぶ

髪をきつく結ぶと、毛根に強い負荷がかかって頭皮を緊張させることに。結果、健康な髪の成長の妨げになってしまうそう。

3. ヘアスプレーの使いすぎ

ヘアスプレーはセットには欠かせないものだけど、使いすぎはよくないのだとか。というのも、スプレーは冷却効果で髪を固定するものなので、髪が乾燥してしまい、ダメージにつながるというわけ。

4.  濡れた髪をブラッシングする

髪は濡れた状態が最もダメージを受けやすいもの。濡れたままブラッシングしたり、ゴワゴワのタオルで乾かしたりすると、髪が傷ついてしまうそう。

5.  コンディショナーを使わない

コンディショナーは、髪を強くしなやかに、柔らかくしてくれるもの。「コンディショナーを使うと髪がベタベタになる」というのは誤解なので、きちんと使っていきましょう。どうしてもベタベタが気になる人は、毛先に使うだけでもその効果を得られますよ。

6.  逆毛を立てる

ボリュームを出したいときなどに便利な"逆毛"。でも、逆毛は髪に大きなダメージを与えてしまうそう。本来のキューティクルの方向とは逆方向に髪をとかすので、当然といえば当然。なるべく避けるようにしましょう。

7. ドライヤーやヘアアイロンの使いすぎ

ドライヤーやアイロンの熱は、髪の水分を奪ってしまうので結果的にダメージにつながるのだとか。熱から髪を守るヘアケア剤を使うか、ヘアアイロンを使う頻度を週に2~3回程度に留めるのもオススメ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
セレブも次々挑戦!旬なヘアは2000年代風ストレート!?
ヘアスタイル
シェア
セレブも続々!2000年代風ストレートヘアが再来中!?
今すぐストレートアイロンを準備して♡
ブラウンヘア
ヘアスタイル
シェア
セレブに人気!ヘアカラーのトレンドキーワード5
今注目のカラーはズバリこの5つ!
細毛で悩む前に!プロが教える基礎知識とケア方法
ヘアスタイル
シェア
プロが教える、細毛・薄毛の6つの基礎知識とケア方法
美容院いらず!?
若さをキープするには?プロ直伝「大人のヘアカラー」講座
ヘアスタイル
シェア
逆に老ける!?プロが説く「大人のヘアカラー」の注意点
特に、白髪が気になる人は知っておきたいNGパターン
最先端ヘアカラー「カラーメルティング」
ヘアスタイル
シェア
最先端ヘアカラー「カラーメルティング」に注目!
色の濃淡も組み合わせも、選択肢は無限大!
セクシー度アップ♡セレブのブラウンヘアカラー16
ヘアスタイル
シェア
今の季節にマネしたい♡セレブのセクシーブラウンヘア16
"モテる色"といえば、やっぱりブラウン♡
ヘアスタイル
シェア
ベテランモデルが手放せない!本当にイイ、ヘアケアプロダクト6選
全身に使えるヘアワックスに、カラーを長持ちさせるシャンプーって?
熱で色が変わる!?革新的なヘアカラー
ヘアスタイル
シェア
熱で色が変わる!?革新的なヘアカラーがおもしろい
カメレオンみたい!
ヘアスタイル
シェア
20年間分!アン・ハサウェイのヘアスタイルを一挙見せ
エッジィなプラチナブロンドもアン・ハサウェイなら上品にキマる♡
髪の長さ「164センチ」スーパーロングヘアの女性が、髪をキレイに伸ばせた秘訣
ヘアスタイル
シェア
スーパーロングヘアの女性が、髪をキレイに伸ばせた秘訣
その髪の長さ、なんと「163センチ」!?