ロングヘアをキレイに保つには?避けるべき7つの習慣

「早く伸ばしたいから」といって、カットを怠るのは逆効果!?

人気の記事

髪をキレイにキープするうえで、やってはいけない7つのNG習慣を、コスモポリタン イギリス版から。ロングヘアの人や、これから髪を伸ばしたいと思っている人は参考にしてみて。

1.  あまりサロンに行かない

ロングヘアはメンテナンスが大変。でも、キレイにロングヘアを保つには、定期的にサロンで毛先をカットすることが大事。枝毛を切ることで、髪の成長が早くなり健康な髪がキープできるんだとか。長さをキープしたいからと言って、カットを怠らないようにしましょう。

ADの後に記事が続きます

2.  きつく髪を結ぶ

髪をきつく結ぶと、毛根に強い負荷がかかって頭皮を緊張させることに。結果、健康な髪の成長の妨げになってしまうそう。

3. ヘアスプレーの使いすぎ

ヘアスプレーはセットには欠かせないものだけど、使いすぎはよくないのだとか。というのも、スプレーは冷却効果で髪を固定するものなので、髪が乾燥してしまい、ダメージにつながるというわけ。

4.  濡れた髪をブラッシングする

髪は濡れた状態が最もダメージを受けやすいもの。濡れたままブラッシングしたり、ゴワゴワのタオルで乾かしたりすると、髪が傷ついてしまうそう。

5.  コンディショナーを使わない

コンディショナーは、髪を強くしなやかに、柔らかくしてくれるもの。「コンディショナーを使うと髪がベタベタになる」というのは誤解なので、きちんと使っていきましょう。どうしてもベタベタが気になる人は、毛先に使うだけでもその効果を得られますよ。

6.  逆毛を立てる

ボリュームを出したいときなどに便利な"逆毛"。でも、逆毛は髪に大きなダメージを与えてしまうそう。本来のキューティクルの方向とは逆方向に髪をとかすので、当然といえば当然。なるべく避けるようにしましょう。

7. ドライヤーやヘアアイロンの使いすぎ

ドライヤーやアイロンの熱は、髪の水分を奪ってしまうので結果的にダメージにつながるのだとか。熱から髪を守るヘアケア剤を使うか、ヘアアイロンを使う頻度を週に2~3回程度に留めるのもオススメ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
プロが指南!面長さんにぴったりなヘアスタイル8
ヘアスタイル
シェア
プロが指南!面長さんに似合う8つのヘアスタイル
NYのヘアスタイリストが伝授
カラーリストによる高度な「ヘアカラーアート」
ヘアスタイル
シェア
カラーリストの高度な「ヘアカラーアート」がすごい!
どこをどう染めればこうなるの!?
プロが伝授!この夏押さえるべきヘアトレンド17♡
ヘアスタイル
シェア
プロが教える、この夏注目のヘアトレンド17♡
ヘアスタイリング業界のプロたちに聞いた、ホットなトレンドはこれ!
プロが解説!髪を美しく保つ秘訣は「枕カバー」!?
ヘアスタイル
シェア
プロが指導!髪を美しく保つ秘訣は「枕カバー」にあり!?
セレブを手がけるヘアスタイリスト、ジェン・アトキンがアドバイス
ヘアスタイル
シェア
アレンジテクも学べる♡セレブのポニーテール42選
いつものヘアスタイルに飽きちゃったなら取り入れてみて!
専門家監修の似合うブロンンドの見つけ方、ケアの仕方
ヘアスタイル
シェア
専門家が解説!あなたに似合う「ブロンド」の見つけ方
大胆なイメージチェンジがしたい人、必見♡
簡単イメチェン!セレブのかわいい「横分け」テクニック14
ヘアスタイル
シェア
一気に垢抜ける!セレブのかわいい「横分け」スタイル14
目指せ、テイラー・スウィフト!
ロングヘア女子にオススメのウェディングヘア17選
ヘアスタイル
シェア
海外花嫁に学ぶ♡ロング女子のウェディングヘア17選
華やかなスタイルにうっとり♡
コスモポリタン寝てる間に髪が綺麗になるヘアケア法
ヘアスタイル
シェア
寝てる間も髪を美しく!就寝中のヘアケア方法4
起きたときの手間も少ない♡
ヘアスタイル
シェア
オリヴィア・パレルモに学ぶ「理想のデートルック」#後編
いつ見てもマッチングコーデが絵になるふたり...♡