ロングヘアをキレイに保つには?避けるべき7つの習慣

「早く伸ばしたいから」といって、カットを怠るのは逆効果!?

人気の記事

髪をキレイにキープするうえで、やってはいけない7つのNG習慣を、コスモポリタン イギリス版から。ロングヘアの人や、これから髪を伸ばしたいと思っている人は参考にしてみて。

1.  あまりサロンに行かない

ロングヘアはメンテナンスが大変。でも、キレイにロングヘアを保つには、定期的にサロンで毛先をカットすることが大事。枝毛を切ることで、髪の成長が早くなり健康な髪がキープできるんだとか。長さをキープしたいからと言って、カットを怠らないようにしましょう。

ADの後に記事が続きます

2.  きつく髪を結ぶ

髪をきつく結ぶと、毛根に強い負荷がかかって頭皮を緊張させることに。結果、健康な髪の成長の妨げになってしまうそう。

3. ヘアスプレーの使いすぎ

ヘアスプレーはセットには欠かせないものだけど、使いすぎはよくないのだとか。というのも、スプレーは冷却効果で髪を固定するものなので、髪が乾燥してしまい、ダメージにつながるというわけ。

4.  濡れた髪をブラッシングする

髪は濡れた状態が最もダメージを受けやすいもの。濡れたままブラッシングしたり、ゴワゴワのタオルで乾かしたりすると、髪が傷ついてしまうそう。

5.  コンディショナーを使わない

コンディショナーは、髪を強くしなやかに、柔らかくしてくれるもの。「コンディショナーを使うと髪がベタベタになる」というのは誤解なので、きちんと使っていきましょう。どうしてもベタベタが気になる人は、毛先に使うだけでもその効果を得られますよ。

6.  逆毛を立てる

ボリュームを出したいときなどに便利な"逆毛"。でも、逆毛は髪に大きなダメージを与えてしまうそう。本来のキューティクルの方向とは逆方向に髪をとかすので、当然といえば当然。なるべく避けるようにしましょう。

7. ドライヤーやヘアアイロンの使いすぎ

ドライヤーやアイロンの熱は、髪の水分を奪ってしまうので結果的にダメージにつながるのだとか。熱から髪を守るヘアケア剤を使うか、ヘアアイロンを使う頻度を週に2~3回程度に留めるのもオススメ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
坊主頭の女性たちが始めた「#ボールドチャレンジ」が話題
ヘアスタイル
シェア
女性たちが坊主頭を披露!「#ボールドチャレンジ」って? 
そこに秘められた力強いメッセージとは?
試したい!プチイメチェンを叶える5つのキーワード
ヘアスタイル
シェア
セレブがお手本!プチイメチェンの5つのキーワード
ちょっとした工夫で立体感&動きがぐんとアップ
ヘアスタイリストが伝授!髪を早く伸ばすコツ11
ヘアスタイル
シェア
トップヘアスタイリストが教える、髪を早く伸ばすコツ11
ちょっとした工夫で♡
パリジェンヌが伝授!朝の簡単3分ヘアアレンジ
ヘアスタイル
シェア
パリジェンヌに学ぶ♡簡単3分ヘアアレンジ講座
エフォートレスでキュートなヘアアレンジに挑戦してみよう!
どうやって染めるの?海外で話題の「ネオンカラーヘア」
ヘアスタイル
シェア
暗闇で光る!「ネオンカラーヘア」が海外で話題
夜道を歩くときによさそう(笑)
冬をかわいく乗り切る!マフラーと相性◎なヘアアレンジ
ヘアスタイル
シェア
プロが伝授!マフラーと相性抜群なヘアアレンジ6選
髪を傷めずオシャレに♡
こんなに変わった!キム・カーダシアン ヘアスタイル集
ヘアスタイル
シェア
キム・カーダシアンのロングヘアを一挙振り返り!
Bリストセレブ→ファッションアイコンへの劇的変身をおさらい。
忙しい女子に嬉しい♡「時短ヘア」が次なるトレンド?
ヘアスタイル
シェア
ロブはもう古い?次なるキーワードは「ローメンテナンス」
「力を抜く」のがこれからのオシャレ♡
スポットハイドヘア
ヘアスタイル
シェア
おしゃれにニキビを隠す「スポットハイドヘア」6選
味方はコンシーラーだけじゃなかった!
濡れた髪をとかす女性
ヘアスタイル
シェア
枝毛を防ぐ!濡れた髪の正しいケア方法って?
つやっつやの髪でいるために♡