「標準」って何?米女性の平均サイズが10年で大きく変化!

自分の体型が標準か否かは、「服のサイズ」だけでは断定できないのかも…?

人気の記事

「Sサイズが入らなくなった」「いつもはLサイズなのに、このお店だとMサイズでも着られた」など、何かと女性たちを一喜一憂させる「服のサイズ」。

コスモポリタン アメリカ版によると、最近アメリカでは「女性の洋服サイズの表示がおかしい…」という声が上がっているそう。表示サイズのほとんどが意味を成さず、vanity sizing(メーカーが販売促進のために、意図的にラベルの表示サイズを小さくすること)だと指摘されているのだとか。さらにメーカーが現在使っている体型に関する情報が、完全に時代遅れだということも判明。

ADの後に記事が続きます

<Revelist>に掲載された『the International Journal of Fashion Design, Technology, and Education』誌の調査では、アメリカ人女性の平均サイズは今16号から18で、14号が平均だった10年前から確実に大きくなっているもよう。

調査はアメリカ疾病管理予防センター(CDC)のデータに加えて、5,500人を超えるアメリカ人成人女性の計測結果を基にしており、ウエストサイズの平均は21年間で6.6センチも増加したとのこと。

論文では、そのデータがファッション業界や一般女性たちに極めて重大な意味を持つこと、また、全国の女性たちが洋服選びの際に、不正確で紛らわしい表示に悩まされてきたことなどを指摘。「平均サイズが思っていたより大きいことを知って、女性たちはホッとしているかもしれません。今回の調査結果が、"標準"が何かについて人々が考えを変えることにつながればと思います。またファッション業界にサイズ展開の拡大を促すきっかけになれば、と期待しています」と語るのは、著者のデボラ・クリステル博士。

サイズの分類が統一されていなければ、洋服選びに時間がかかるのは当然。でも混乱の大元は、「大きいサイズは恥ずかしい…」という女心なのかも。

「正しい平均サイズ」がきちんと市場で反映されれば、こういった女心にも変化の兆しが見えてくるかもしれませんね。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション
シェア
ボーナスで買いたい!SATCキャリーみたいなピンヒール
キャリーのシューズクローゼットにある、憧れブランドの新作をチェック!
ファッション
シェア
A|Xアルマーニ エクスチェンジが若手アーティストとコラボ!
世界が注目する7名のアーティストがデザインしたTシャツを、国内4店舗で限定発売!
イマイチしっくりこないコーディネートも、小物の取り入れ方ひとつでグッとこなれた装いに変わるもの。ワンポイントでできる秋のスタイルアップ術を、ファッション&ビューティブロガーとして活躍するサマンサ麻里子さんがコスモ読者に伝授してくれました。この秋に手に入れたというアイテムにも注目です!
ファッション
シェア
人気コスモガール!サマンサ麻里子が選ぶ、秋小物6点♡
アイテムをひとつプラスするだけで、まとまりのある秋コーデに!
リアーナが語るファッションの教訓
ファッション
シェア
「日によって体型が変わる体質を楽しむ」リアーナの服選び
歌手活動のみならず、コスメやアパレルブランドのコラボも手がけるリアーナならではの楽しみ方!
ファッション
シェア
一気におしゃれ度UP!今コーデに投入すべきアクセサリー5
ファッショニスタたちがリアルに注目しているバッグ・シューズ・小物をお届け!
ファッション
シェア
パリピもビックリ!?マイリーのぶっとびコーデヒストリー
パリピコーデ歴は超ベテランのマイリーだけど、最近ちょっと大人になったみたい(笑)
ファッション
シェア
この秋冬、ブーツはモードな「ニーハイ」を選んで!
鮮やかなレッドやブルーのほか、ビッグトレンドのグレンチェック柄などで主張は強めに♡
ファッション
シェア
セレブがこの秋いちばんに飛びついたのは「グレンチェック」
マニッシュで、トラッドで、かっこいい!
おっぱい専用「タタタオル」
ファッション
シェア
斬新!海外で登場した「おっぱい専用タオル」
このタオル使えるだけの大きさがある人がうらやましい…
セレブがお手本♡秋ムードを高める着こなしテク10
ファッション
シェア
今すぐマネしたい♡おしゃれセレブの「秋コーデ」10
気温のアップダウンが激しい季節を乗り切るヒント満載!