白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

​白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ファッション
シェア
パーティでも目立ち度MAX!普段着も一気に今っぽ!
ツヤっぽく、しなやかで、女らしいベルベットが、ワンランク上のトレンドコーデを実現。
ファッション
シェア
人気ファッションブランド「プチバトー」の新たな取り組みって?
女性の人権を守るため「FIDH」に全額寄付されるそう。
サラ・ジェシカ・パーカーがブランドショップをオープン!
ファッション
シェア
サラ・ジェシカ・パーカーがブランド初店舗をオープン!
場所はもちろんニューヨーク…じゃない!?
ファッション
シェア
パーティから普段使いまで♡ブラックドレスで5変化
1枚は持ってるリトル・ブラック・ドレス。パーティー以外でもこう着られる!
ファッション
シェア
パーティにぴったり♡「カルツェドニア」の美脚タイツ
スワロフスキーが配された、ゴージャスタイツって?
ファッション
シェア
ジジ・ハディッドが「リーボック」のアンバサダーに!
「ワークアウトは、単なる運動ではないわ。精神を鍛えることよ」
ファッション
シェア
初公開!コスモエディターたちのポーチの中身
本当に良いと思っているモノだけをピックアップ! コスモエディターの私物ビューティアイテム大公開。
ファッション
シェア
ブラックタイトスカートさえあれば♡印象ガラリ着回し術
「ZARA」のベーシックなタイトスカートで作る4スタイル♡
ファッション
シェア
オリヴィア・パレルモが選んだ「バナナ・リパブリック」の秋冬は?
センス抜群のオリビアが、セルフスタイリング!
ファッション
シェア
「ボッテガ・ヴェネタ」のバッグや靴の音で奏でるオーケストラ?
発想がユニークすぎる♡