白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ファッション
シェア
パッと見ゴージャスなドレス、よく見りゃ大胆!!!
ただゴージャスなだけでは、レッドカーペットのおしゃれバトルで勝ち残れないみたいですね(笑)
ファッション
シェア
「ロベルト・カヴァリ」期間限定のポップアップストア開催
春夏注目のアイテムが、一堂にラインナップ♡
ファッション
シェア
「クロエ」×福士リナのスペシャルフォトを公開♡
いま最もホットなモデル、福士リナが新クロエガールに!
ファッション
シェア
寒い日こそオシャレしたい!セレブたちの「よそゆきコート」
「オシャレは後回し」になってしまいがちな冬こそ持っておきたい、珠玉のコート7選。
ファッション
シェア
欲しい…!ヒールからフラットになる2WAYシューズ
女心、わかってる♡
ファッション
シェア
「プラダ」の今までのイメージを覆す広告とは
「1シーズンに1アイディア」は、もう古い…?
ファッション
シェア
暖かい上にオシャレ♡ マネしたいセレブの「ふわもこスタイル」
ファーやボア、ムートン。ふわふわ&もこもこな素材をセレブたちはこう取り入れる!
ファッション
シェア
「マックスマーラ」祝65周年♡4人のインフルエンサーとタッグ
上海に集結した、世界が注目する4名とは…?
ファッション
シェア
「GUESS」35周年を記念した復刻コレクション発売!
狙うは、渾身のデニムコレクション…♡
やっぱり黒が好き!型破りな花嫁向けブラックドレス集
ファッション
シェア
「黒が好き!」な女子のためのウェディングドレス21選
こうやって見ると、ウェディングに黒って意外とアリかも!