白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション
シェア
世界人気都市がモチーフ!カラー別で揃えたい限定スニーカー
カラーブロックと刺繍がかわいい「エミリオ・プッチ」のスニーカーが発売に!
ファッション
シェア
編集長からアシスタントまで!愛用レイングッズ6点
傘にジャケット、ブーツやコスメまで。雨の日でもこのアイテムがあればハッピーに♡
ファッション
シェア
若手セレブが集結!「ピンクカーペット」でドレスチェック♡
カーリー・レイ・ジェプソンやカミラ・カベロなど注目アーティストの装いをご紹介!
ファッション
シェア
ロゴ入り傘がもらえる!カルヴェン雨の日キャンペーン
降水確率50%以上の日限定! 憂鬱な天気が楽しみになっちゃう!?
ファッション
シェア
レトロチックでお洒落!セレブの「ハイウエスト」コーデ15選
脚長効果はもちろん、ウエスト位置が高いだけでこなれて見えちゃう!
マネしたい!キャサリン妃の「大人カジュアル」29選
ファッション
シェア
キャサリン妃に学ぶ!エレガントな大人カジュアル29選
今すぐ取り入れたい、「大人キレイ」なスタイリング
ファッション
シェア
カラフル&華やか♡エリザベス女王のベストルック14選
一国の女王ながら、その色づかいでスタイルアイコンとしても愛されるエリザベス女王の装いをチェック!
ファッション
シェア
レッドカーペットで発見!シンプルかつ華やかなドレスルック12選
ブロードウェイと演劇の祭典「トニー賞」から、セレブ流ドレスアップ術をご紹介♡
フェスのお手本♡ヴァネッサ流フェスコーデ10連発
ファッション
シェア
フェスファッションの女王!ヴァネッサのコーデ10連発
フェスシーズン到来!マネしたくなるヴァネッサ・ハジェンズのスタイル集をお届け♡
ファッション
シェア
奇跡?必然?一流デザイナーとファッションの出会い7選
世界を席巻するデザイナーたちの「人生のターニングポイント」とは…