白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション
シェア
6人のエディターが教える、夜遊びマストアイテム♡
ナイトライフを思いっきり楽しむために、エディターは何を身に着ける?
ロンドンの2大ブレイクは、ロゴ・マニア&J.W.アンダーソンのピアスバッグ!
ファッション
シェア
ロゴ&ピアスバッグが大ブーム!ロンドンガールのオシャレスナップ
歩く広告塔レベルの大胆ロゴと、J.W.アンダーソンのアイコンバッグがロンドンを席巻中!
ファッション
シェア
ナイトシーンで目立つおしゃれは、セレブが知っている!
派手色で攻めるか、露出で勝負するか、ツヤ感で魅せるか!
ファッション
シェア
ALL1万円以下!ナイトアウトを盛り上げるアクセサリー♡
コーデに1つプラスするだけで、パッと華やかに!
ファッション
シェア
続報が待ち遠しい!「プーマ」がセレーナ・ゴメスとコラボ♡
商品デザインにも携わっていくんだとか。恋人ザ・ウィークエンドとの共演もあるかも!?
ツィッギーに学ぶ、秋冬トレンドアイテムの着こなし方
ファッション
シェア
ツイッギーをお手本に♡秋冬トレンドの着こなしアレンジ
グレンチェック、コーデュロイパンツ、レトロな花柄…今季のおしゃれはツイッギーに学んで!
ファッション
シェア
小物を効果的に取り入れて差をつける!福田萌子の秋ファッション
重くなりがちな秋のコーディネートも華やかに!萌子のおすすめ小物とは?
ファッション
シェア
同じドレスでもニッコリ!心が広いセレブのカブりルック8組
偶然なのか、わざとなのか気になるところ!
ファッション
シェア
デニムはどう着るのが正解?ストリートから学ぶ、秋冬トレンド7
ファッショニスタたちが注目している、ブレイク寸前の着こなし&アイテムをいち早くお届け!
ファッション
シェア
テーブルがスカートになったことも!?ロンドンFWの名場面13
あの有名トップセレブのランウェイデビューはロンドンだった!歴史に残るシーンを振り返り。