白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション
シェア
「アニヤ・ハインドマーチ」の新作はカスタムし放題!?
チャームやステッカーはもちろん、ハンドルまで!種類も豊富で迷っちゃう♡
ファッション
シェア
1点投入で爽やか♡セレブから真似ぶ「イエロー」着こなし術
今年っぽいイエローの取り入れ方、教えちゃいます♡
ファッション
シェア
ワールドトレンドを発信する5人の女性達
サマンサ麻里子が世界で人気のインスタグラマー達をご紹介!
キツイ服は切っちゃえ!プラスサイズモデルの決断が爽快
ファッション
シェア
キツイ服は切っちゃえ!プラスサイズモデルの決断が爽快
この姿勢、全人類が見習うべき!
ファッション
シェア
自分でできる!ヨーロッパでウエディングフォト
編集長が自らプロデュースしたスペイン、バレンシアでのウエディング撮影。
ファッション
シェア
大きなお腹もチャームポイントに♡
妊婦でもファッションってこんなに楽しめるんです!
ファッション
シェア
ブームが止まらない!コスモが選ぶスニーカーBEST9
機能派? オシャレ派? うーん、どちらも逃したくない♡
Unaさん
ファッション
シェア
春ファッションが盛りだくさん♡「Unaのフィルム写真記」
真似したい春スタイルに、キュートな瞬間がいっぱい詰まってる♡
ファッション
シェア
セレブが集合♡"パンテール ドゥ カルティエ"記念パーティ
カルティエから、憧れのアイコン ウォッチが復活♡LAで開催されたイベントには、ミランダ・カーやアリシア・キーズが登場!
キャットアイ症候群」のモデルが、ファッション業界で活躍!
ファッション
シェア
ファッション界で輝く!「キャットアイ症候群」モデル
個性が輝く時代!