白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
微妙すぎたボーイバンドファッション
ファッション
シェア
懐かしすぎ…時代を感じるボーイズバンドファッション12
イケイケの90sファッションに思わず赤面…。
婚約会見や初公務などで披露したエレガントな装いが絶賛され、いまやファッションアイコンとしても大注目のメーガン・マークル。今後、王室の暗黙のルールでフォーマル化してしまう!? その前に、これまでの彼女のファッションを総チェック! ヘンリー王子もファンだったというドラマ『SUIT/スーツ』の"デキる女"風コーデからオフでのさわやかなデニムルックまで、シンプルながらもしっかりと女らしさをおさえた、男子ウケ抜群なメーガンスタイルのポイントをピックアップしました!
ファッション
シェア
ヘンリー王子が惚れた!メーガンのファッションを徹底チェック
メーガンのファッションは、とことん男子のツボをおさえていた!
ファッション
シェア
キャサリン妃のウエディングドレスに隠された7のトリビア
今なお注目される、あのスタイルを徹底解剖!
Critics Choice Awards 2018ファッション
ファッション
シェア
今度はホワイトづくし!?本格派女優たちが纏った27のドレス
アンジーにガル・ガドットも参加♡ 映画賞で見つけた一流セレブたちのドレスアップをチェック!
ファッション
シェア
アイテム別♡キャサリン妃の愛用ブランドBEST5
おしゃれなキャサリン妃は何を身に着けてる?2017年の全公務スタイルから徹底リサーチ♡
ファッション
シェア
おしゃれセレブはファストファッション上手!
セレブだってザラもH&Mも着るんです!
ファッション
シェア
冬こそ!コーデが華やぐ派手バッグ♡
モノトーンばかり選んでない?派手バッグでおしゃれ度もテンションもアップ!
メラニアのファッションチェック
ファッション
シェア
好感度UP中!メラニア・トランプの14着こなし総チェック
ファーストレディも板についてきた?
歴代セレブのアイコニックなドレス:後編
ファッション
シェア
1968~2017!歴代セレブのアイコニックなドレス50【後編】
うっとりするようなドレスから、個性的過ぎるドレスまで…忘れられないドレスの数々を総まとめ。
才色兼備♡アマル・クルーニーに学ぶ秋冬コーデ15
ファッション
シェア
才色兼備♡アマル・クルーニーに学ぶ「デキる女」コーデ15
"デキるオンナ"、アマルのお気に入りブランドは…?