白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション
シェア
センス抜群♡セレーナ・ゴメスに学ぶモテコーデ35選
25歳を迎えてより洗練されたセレーナ。トレンドルックもお手のもの!
ファッション
シェア
今年のサングラスはセレブ愛用の○・△・□を狙って!
それぞれ印象がガラリと違う"マル・サンカク・シカク"フレームだけど、どれもかけるだけでトレンド感あるスタイルに。
ファッション
シェア
最新ゴシップ情報も!デートでセレブは何を着る?
自分の魅力を最大限に引き出したセレブたちのデートルックをお届け!
キャンディの包み紙でドレスを作ったアーティストのエミリー・セイルハマーさん
ファッション
シェア
傑作…かわいいドレスの材料は「キャンディの包み紙」!?
何枚使ったの!?
ファッション
シェア
注目のヴィクシーエンジェル♡サラ・サンパイオの私服コーデ25
美脚がまぶしい♡ストリートからモードまで着こなすおしゃれ上級者!
ケンダルの透けファッション
ファッション
シェア
姉よりすごい?ケンダルの透け透けファッション21選
セレブ姉妹の中で露出度MAXなのはケンダル・ジェンナーかも?
目標にしたい♡60歳+のおしゃれインスタグラマー10人
ファッション
シェア
目標にしたい♡60歳+のおしゃれインスタグラマー10人
将来こんな女性になりた~い♡
ファッション
シェア
世界各国リゾート地でのセレブのおしゃれをCheck!
ビーチリゾートではもちろん、タウンでもマネできそうなキュートなサマーコーデが満載!
ファッション
シェア
ジュリアン・ムーア、ランジェリーブランドの新フェイスに抜擢!
アカデミー賞女優が纏った「フロラーレ バイ トリンプ」は、9月にお披露目されるそう♡
フランスで「痩せすぎたモデル」の起用が禁止に!?
ファッション
シェア
なぜ?仏で「痩せすぎモデル」の雇用が禁止された理由
これによって、今後のモデル業界が大きく変わるかも?