白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
2017年の秋冬バッグ♡押さえておきたい6つのトレンド
ファッション
シェア
2017年秋冬バッグ、6大トレンドキーワード♡
ファッションのスパイスとなる「バッグ」のトレンドキーワードはこの6つ!
ファッション
シェア
GINZA SIXが迷宮に!ディオール8つの新ルック
コレクションには日本の春を象徴する、桜の花モチーフのドレスも♡
ファッション
シェア
舞台は東京!ディーゼルの 「THE WALLS」キャンペーン
ムービーをチェックしてデニムジャケット&シャツをゲットしよう!
ファッション
シェア
エントランスフリー!「カルヴェン」表参道店でパーティ開催♡
特製フードやドリンクが振る舞われるだけでなく、スペシャルグッズが当たるゲームも!
ファッション
シェア
セレブが大集合!今年のコーチェラクイーンは誰?
毎年フェストレンドを左右するコーチェラ。セレブの最新スナップから気に入りをチェックして!
ファッション
シェア
剛力彩芽が「A|Xアルマーニ エクスチェンジ 」のイメージアンバサダーに!
笑顔だけじゃない、スタイリッシュで革新的な彼女の一面が見れるかも!?
ファッション
シェア
ファッショニスタの華麗なる「珍」おしゃれをお届け!
どんなファッションも今をときめくインフルエンサーたちが堂々と着こなせば、それはもう立派なトレンドになるのです!
エマ・ストーン
ファッション
シェア
そうだったんだ!セレブの「ドレスコード」に隠された秘密
ただ目立てばいい、という訳じゃなかった!
ファッション
シェア
出会いに向けて衣替え♡春を呼び込む「ボリュームフリル」
今年のフリルは、"とにかく大ぶりで個性的"がキーワード!
ファッション
シェア
「ディーゼル ブラック ゴールド」プレフォールコレクションルック公開
都会的なルックに、70年代のヴィンテージムードをプラス!?