白いウェディングドレスを流行らせたのは、あの女王だった!

白は、むかし喪服の色だった!?

本当は色鮮やかなドレスでバージンロードを歩きたかったけど、伝統的な白いドレスにしたわ…という花嫁さんがいたとしたら、すべてはヴィクトリア女王のせいなのです。

TIME>によれば、176年前に当時のトレンドセッターでもあったヴィクトリア女王がザクセン=コーブルク=コーダ公国(現在のドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家)のアルバート公子との結婚式で白いドレスを着るまでは、ウェディングドレスの色と言えば"赤"だったのだそう! しかも、<Washington Post>によると、ヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着るまでは、白は"喪服の色"だったと言うからオドロキです!

ADの後に記事が続きます

ヴィクトリア女王がシルクサテンとレースのオフホワイトのドレスに身を包み、王冠の代わりにオレンジの花のリースをかぶって姿を見せたことが当時大変な噂になったのだそう。王室では「地味すぎ」と不評だったようですが、女王の臣下たちは気に入ったようで、たちまち流行の色になったのです。

では、一般的に言われている"白は純潔の色"という考え方はどこからきたのでしょう? 女王がモラルに縛られない人物だったというより、当時の人々が抱いていたイメージでは、深紅は白と同じように純潔を意味していたのではないでしょうか。

ヴィクトリア女王とアルバート公子の結婚からまもなく、アメリカのベストセラー本『Godey's Lady's Book』が「素材が何であっても、白が最もふさわしい色です。白は女性の純潔さの象徴で、選ばれた男性に従う汚れなき心を表す色です」と書かれていたのだそう。女王の思い切りが、伝統になったのでしょうね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
セレブを顧客に持つタトゥーアーティスト、バング・バングとジョンボーイのスタイリッシュなタトゥーのトレンド
ファッション
シェア
2017年の「タトゥー」トレンドは?
セレブが人気の火付け役!
ファッション
シェア
オリヴィア・パレルモがあのブランドとタッグ!
次回のニューヨーク・コレクションでお披露目の予定♡
ファッション
シェア
ジジ・ハディッド&ゼイン・マリクが婚約か?!
2度目の婚約騒動…今回はどっちに転ぶ!?
ファッション
シェア
こんなにセクシーでいいの!?と赤面しちゃうドレス集♡
ちょっと見方を変えると新たな魅力を発見できるって、ドレスも人も同じですね(笑)
ファッション
シェア
「タグ・ホイヤー」の新アンバサダーにべラ・ハディット!
人気モデル、べラの勢いが止まらない♡
ファッション
シェア
愛の戦車で壁をぶち壊せ!鮮やかに多様性を訴える「ディーゼル」
レインボーカラーの戦車には深いメッセージが…。カラフルなキャンペーン写真とイベント模様をお届け!
ファッション
シェア
限定アイテムも!「エムエスジーエム」のポップアップストア
6日間限定でオープン!?
ファッション
シェア
リアーナによる噂のメイクライン、ついに始動♡
話題の「黒リップ」の展開も気になる!
ファッション
シェア
速報!秋冬ロンドンコレクションのハイライトをご紹介♡
注目の若手ブランドから、フロントローに並んだおしゃれセレブまで、最新トピックをおとどけ!
エマ・ワトソン流、「地球にやさしい」ファッションが話題
ファッション
シェア
可愛くて地球にやさしい♡エマ・ワトソンのドレスが素敵
「美女と野獣」のプレスツアーでも、環境を守りながらでもオシャレはできると証明したエマ。