マリメッコ本社で、独創的なデザインの秘密を調査!

大胆で鮮やかなファブリックができたワケとは?​

人気の記事

独特なデザインと色使い、日本でも人気のある北欧ブランドといえば、真っ先に思い浮かぶのが「マリメッコ」。今回はフィンランド、ヘルシンキにある本社で、その人気の秘密を探ってきました。唯一無二のデザインを作り上げてきたその背景にあるものとは…?

ADの後に記事が続きます

マリメッコができるまで

フィンランドでは1家庭に1アイテムはある国民的なブランド

創業時はプリント工場。

1949年、フィンランドのヘルシンキに、マリメッコの創業者アルミ・ラティアの夫は、布のプリント工場をスタートさせました。ただ、いい布地を揃えているのになかなか手にとってもらえず、アルミは「もっと受け入れられるには、どうしたら?」と思案を重ねていたそう。そこで思いついたのが、有望な若い女性デザイナーを集め、より大胆で華やかなデザインで生地を作り、その布から作った洋服でファッションショーを開くというもの!

創業年となる1951年、いよいよショーを開催。すると、モデルが着たものが次から次へと売れていくという事態に。当時、フィンランドは戦後の雰囲気が残り、かつ冬が長く日照時間が短いため、暗い雰囲気が漂っていたそう。そこに現れた、心まで明るくするファッション、家の中を色鮮やかにするファブリックアイテムが揃うマリメッコは、生活に華やかさをプラスするライフスタイルブランドとして広く知られる存在に。その後ヘルシンキに路面店をオープンさせ、70年代には百貨店、また世界各国へと展開していきました。

マリメッコの体験すべてができる中心部

訪問した本社の隣には、1年で約100万メートル(!!)の布を作り出すプリント工場に加え、色鮮やかな食器が並ぶカフェ「maritori」や、通常ショップとアウトレットショップを併設し、伺った当日も多くの日本人ファンがやって来ていました。オフィス機能として、商品開発はもちろん、コミュニケーション、ITの部門があり、約150人(9割以上が女性)がマリメッコを運営しています。

デザインに関してもこちらが本拠地。現在のクリエイティブ・ディレクターのアンナ・ターネルと、プリントの担当者、服飾デザイナーが同じ場所で働くことで、「どうやって新しいカラーを生み出す」「どんなコラボレーションを他ブランドとしていくか」など、コミュニケーションを円滑に進め、時代を経てもなお人気のデザインを生み出し続けています。

ADの後に記事が続きます

服飾デザインを担当するエンマ・カイサさんに聞く「マリメッコとは?」

―日本でもファンが多い「マリメッコ」ですが、どのように商品を作っているのでしょう?

勇気があって、オリジナルで、自分の道を切り開いていく女性像がターゲット

マリメッコがターゲットとするのは、マリメッコウーマンという「勇気があって、オリジナルで、自分の道を切り開いていく」という女性像です。なので、年齢や国についてはあまり考えておらず、このコンセプトを基本に、一般的なカスタマーの情報を踏まえてデザインしています。クリエイティブ・ディレクターのアンナが次期デザインの概要やテーマをまとめ、各デザイナーが担当部分を作り上げています。

今回は「コラージュ」がテーマだったので、新しいデザインと今までのアーカイブをどう交えていこうかと各デザイナーが考えていきました。

―エンマさんの具体的な仕事内容は?

2つ先のコレクションをいつも動かしています。すべてがずらっと整ったところを見ると、素晴らしいものを作ったんだと感慨深いです

マリメッコで働いて5年になります。アシスタントデザイナーとして参加し、今はデザイン・マネージャーを務めています。コレクションの課程をチェックしながら、ファッションデザインも担当しています。

生地のデザインは、コレクション毎にテーマを決めた後、世界中からどのデザイナーと一緒に作っていくかを決めています。どこの国の出身かは関係なく、日本人デザイナーの起用もしています。マリメッコのスピリッツを理解して、デザインを作り出せることが大切なんです。

それぞれの作業をアンナと密にやり取りしながら、1つのものへと作り上げるのは、とても楽しいですね。

―フィンランドでは、マリメッコをはじめ、色鮮やかなアイテムを身につけている人をよく見かけました。活気がある印象を受けたのですが、なにか秘密があるのでしょうか?

やはり、北欧の冬が長く日照時間が短い天気が影響して、明るいものを着ることで気分を上げていくという文化はあるのかなと。それに大胆な柄と色は女性に力や自信も与えていると思いますね。

加えて、私達がマリメッコのデザインを考えるときに大事にしてるのが、"現実味"なんです。着心地やどんなシーンでも着れる使い勝手の良さ。それに、長く着倒しても色褪せないデザイン、家族で一緒に着ている方も多いんです。毎日に取り入れられるように作っています。

―世界に届くデザインを作るマリメッコですね。

ここにいるとそんなに考えたことはないんですが、確かに素晴らしいことですよね。特にフィンランドでは、少なくとも家に1つはアイテムがあると言われる、親しみ深いブランドです。自分がこの仕事の話をしたときに、友だちが着たり、雑誌で見たり、みんなが愛してくれていることがわかると素直に嬉しいです。


デザインで多くのフィンランド人に活力を与えてきたマリメッコ。そのパワーはアジアにも届き、世界の売上規模では2位を占めるそう。「勇気があって、オリジナルで、自分の道を切り開いていく」そんな女性像を日本の女子も求めているのかもしれない。

取材協力:Visit Finland

More from Cosmopolitan Japan:
ファッション&ビューティーブロガーとして活躍するモデルのサマンサ麻里子さんが、今季のトレンドを押さえた冬ファッションを披露。プチプラアイテムを上手に取り入れるサマンサさんのコーデ術を参考にしてみて!
ファッション
シェア
人気ブロガーが披露!トレンドをおさえた冬コーデ5
塞ぎがちな気分になりやすいこの季節こそ、ヴィヴィッドカラーや小物使いでファッションを楽しんで♡
 2000年代を代表するイットセレブであり、元祖お騒がせセレブとしてその名を轟かせ、今なお愛され続けるパリス・ヒルトン。そんな彼女の代名詞は、ご存知ピンク! そこで、キュートで時にぶっ飛びまくっている彼女のピンクコーデを集めました♡
ファッション
シェア
ピンクづかいの魔術師!パリス・ヒルトンの新旧ピンクコーデ集
ピンクといえば、パリス。パリスといえば、ピンク!
ファッション
シェア
カラードレスもお手の物!ミシェル・オバマの歴代ルック54
大統領夫人として活躍した8年間の中から、ベストルックを振り返り♡
コーチ(COACH)が2017年に続き、ブランドの顔であるセレーナ・ゴメスを起用した2018年スプリングコレクション広告キャンペーンを発表! スティーブン・マイゼルが撮り下ろした今回のキャンペーンでは、シンガー、女優、プロデューサー、慈善家と多彩な顔をもつセレーナが、コーチの新作バッグにスポットライトをあてたニューヨークの街のイメージの中で、アメリカ発祥のレザーブランドらしいオプティミズムを体現。キャンペーンは5つのイメージで構成され、ストアでの展開がスタートした第一弾では、ナッパレザーのキルトで作られた新作バッグ「Parker」をフィーチャー。世界中を魅了するオーセンティックかつリアルな感性でコーチ・ガールを活き活きと体現するセレーナのキャンペーンビジュアルはもちろん、撮影中のビハインドザシーン、さらにセレーナ・ゴメスの最新ヒット曲「Wolves」とおくるスペシャルショートフィルムを一挙ご紹介!
ファッション
シェア
セレーナが最新ヒット曲をひっさげて、コーチの広告に!
コーチの顔、セレーナ・ゴメス起用の春キャンペーンが発表!貴重なオフショットも♡
1月16日に44歳の誕生日を迎えた、モード界に愛され続ける伝説的イットモデル、ケイト・モス。ナオミやリンダなど、ゴージャス&パワフルなスーパーモデルが一大ブームに躍り出た80年代後半から90年代前半にかけて、彗星のごとく現れたのが、当時15歳のケイト。身長170cm余りのファニーフェイスという"インパーフェクト・ビューティ(不完全な美しさ)"は『フェイス』誌で表紙を飾り、ジョン・ガリア―ノのショーでデビューするや瞬く間にスターモデルに。現役世代にとっては当時がフラッシュバックしてくる、そしてミレニアルズにとっては新鮮な、ケイトの色あせないランウェイルックを厳選してお届け。
ファッション
シェア
色あせない!「ケイト・モス」のランウェイルック38
キュートからミステリアス、セクシーまで着こなしてしまうのはさすが!
妊娠騒動、強盗事件、女性になった父親などなど、ぶっとびネタの宝庫! リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』。お騒がせの天才!? ぞろいなカーダシアン一家のことが世間はなんだかんだ言っても気になって仕方ないようで、現在シーズン14放映中とすっかり長寿番組に。キャラが濃すぎるカーダシアン三姉妹と、その異父姉妹でヤングセレブ界の稼ぎ頭ジェンナー姉妹。カーダシアン家の5人娘は、赤裸々すぎる私生活はもちろん、それぞれの個性が炸裂したギリギリスレスレなファッションからも目が放せません!
ファッション
シェア
二度見必至!カーダシアン家のお騒がせファッション
いったいどんな仕組みになってんの?とすみずみまで眺め回してしまう、つっこみどころ満載なコーデ10選!
微妙すぎたボーイバンドファッション
ファッション
シェア
懐かしすぎ…時代を感じるボーイズバンドファッション12
イケイケの90sファッションに思わず赤面…。
婚約会見や初公務などで披露したエレガントな装いが絶賛され、いまやファッションアイコンとしても大注目のメーガン・マークル。今後、王室の暗黙のルールでフォーマル化してしまう!? その前に、これまでの彼女のファッションを総チェック! ヘンリー王子もファンだったというドラマ『SUIT/スーツ』の"デキる女"風コーデからオフでのさわやかなデニムルックまで、シンプルながらもしっかりと女らしさをおさえた、男子ウケ抜群なメーガンスタイルのポイントをピックアップしました!
ファッション
シェア
ヘンリー王子が惚れた!メーガンのファッションを徹底チェック
メーガンのファッションは、とことん男子のツボをおさえていた!
ファッション
シェア
キャサリン妃のウエディングドレスに隠された7のトリビア
今なお注目される、あのスタイルを徹底解剖!
Critics Choice Awards 2018ファッション
ファッション
シェア
今度はホワイトづくし!?本格派女優たちが纏った27のドレス
アンジーにガル・ガドットも参加♡ 映画賞で見つけた一流セレブたちのドレスアップをチェック!