ツ、ツラい…ダイエット中にありがちなジレンマ14選

大好物が最大の敵になる

人気の記事

痩せたい! でも食べたい! そんなジレンマを感じてどうしようもなくなるダイエット。そんなフラストレーションを軽減してくれるわけではないけれど、苦しいのは自分だけじゃない! と勇気づけてくれる(かもしれない)、共感度満点のジレンマをコスモポリタンフィリピン版からお届け

ADの後に記事が続きます

  1. 大好物が最大の敵になる

ダイエット中だと余計に、「大好物のポテトチップスが食べられたがってるよ…」という悪魔の囁きとのバトル。あぁ~なんでそんなにおいしいの!?

2つられ食いしたくないため、友だちや彼氏との食事が億劫になる

食事のお誘いは大きな試練。外食は塩分と油分たっぷりだし、「これしか食べない!」と腹をくくって一緒にレストランに行ったとしても、みんなの食事を見ながら惨めな気分になったり、食欲が抑えられなくなったりするのが目に見えてわかってる。

3運動しなきゃ!でも、面倒!

だって、生理だし、気分が乗らないし…それに会社で嫌なことあった…。これだけ言い訳が思いつくものだと関心したところで、体重は減らず。

4無理して運動したところで、食べていないから体力がゼロ

「じゃあ、いっそのこと、運動しなければいいか!」と思ったところで、サボれば体重は横ばいになるだけ。

5常にお腹が空いてるように感じる

空腹との戦いなしにダイエットは成立しない。

6母親にダイエット宣言したにも関わらず、ご馳走を用意される

料理上手の母親がこんなジレンマを生むなんて!

7食べても食べても太らない女友だちに対して密かに嫉妬する

どうしようもない事実を恨む暇があったら、スクワットでもすればいいんだけど。

8「私の大好物は野菜だ!」と自己暗示をかけて

「ポリポリした食感はポテトチップスみたいだし!カロリーはずっと低いからヘルシー。野菜は自然食品でとってもおいしい」。さあ、これを20回唱えましょう。

9食べるのが好きすぎて、どうしても目標体重に近づけない

パン、ご飯ステーキピザにフライドポテト。あ、ラーメンも。って美味しいものって世の中に溢れすぎ…!

10ダイエットを忠実に実行しているのに、体重が一向に減らない

食べるのちょっと減らしたつもりなんだけど…ってそれじゃ無理か。

111キロ痩せただけで大成功を収めたような気分になる

ヤッター!じゃあ、今夜はピザを頼んで自分にご褒美

12.その後すぐに体重がリバウンドし、自己嫌悪に陥る

なんでご褒美を与えたのかって自己嫌悪。

13ケーキをひとくち食べただけで、自分が凶悪な犯罪者に思える

神様に謝りたくなるレベル。

14禁断のケーキを1個丸ごと食べた後、自分をとことん恨む

あれ、いつの間にお皿が空に!?

悪いのは私じゃなくって、本能!?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN PH

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
エディターがリアルに愛用中!こだわりフレグランス14
色々な香りに出会ってきた編集部員にずっと使いたいと思わせた、優秀フレグランス14選!
日焼け止めを塗っているのに、肌が焼ける11の理由
美容
シェア
なぜ?日焼け止めを塗っているのに焼けてしまう理由11
夏がやってくる前に、知っておきたい!
白髪が増えるメカニズムって?医師直伝の髪の健康法8つ
美容
シェア
白髪はなぜ増える?医師が教える、健康な髪を保つ秘訣
増える前に知っておきたい、白髪に関するアレコレ。
姿勢を変えるだけで、自撮り写真はどれくらい変わる?
美容
シェア
衝撃…姿勢を変えるだけで、セルフィーはこんなに変わる!?
あるインスタグラマーが実証。カギは「角度」にあり?
美容
シェア
モデルたちも撮影前に使っている美顔器とは?
コスモ編集長が、毎晩テレビを見ながら愛用しているものとは…!?
美容
シェア
安いのに頼もしい!PRが溺愛する「 ハードリピートコスメ」
ブランドPRのリピート買いが止まらないプチプラアイテムを大調査!
人気エスティシャンが教える、アイクリーム正しい使い方
美容
シェア
人気エスティシャン直伝!アイクリームの正しい使い方
ただ塗ればいいと思ったら大間違い!
美容
シェア
PRの溺愛アイテムが知りたい!「 ハードリピートコスメ」大集合
ラグジュアリーブランドPRのリピート買いが止まらないアイテムを大調査!
美容
シェア
美容の新聖地「GINZA SIX」の注目ブティック9選
ここでしか手に入らない限定アイテムも!美容好きがチェックすべきブティックを厳選ご紹介♡
美容
シェア
女ですもの!清水買いすべきなビューティプロダクト8選
どんなに着飾っても肌がキレイじゃなかったら、女としては致命的。服やバッグより、お金をかけるべきは化粧品!