「ビキニラインの処理」で気をつけたい7つのこと

剃るときの正しい方向、知ってる?

人気の記事

女性のエチケットとして、ムダ毛処理は必須! でもデリケートゾーンのお手入れは特に難しいし、気をつけないとさまざまな問題が生じる危険性も…。コスモポリタン アメリカ版から、安心・安全のための7つのヒントをお届け!

1.カミソリは共有しちゃダメ

カミソリは肌の上を軽く滑らせるだけでも、肌を擦りむいたり、切り傷を作ったりしてしまう可能性が高いアイテム。婦人科医のアリッサ・ドゥエック先生いわく、「ヘルペスやその他の感染症を持つ可能性のある人とカミソリを共有すると、自分も感染するリスクが高まります」とのこと。

ADの後に記事が続きます

2.カミソリの刃は頻繁に交換すること

性器はとても敏感なところなので、ワキの下や脚のムダ毛処理をする場合よりも頻繁にカミソリ交換するのがオススメ。切れ味の悪い刃を使い続けていると、ケガをする確率も高くなるのだとか。

3.常にクリームや石鹸を使うこと

ドウェック先生によると、「クリームや石鹸は、肌とカミソリの間の摩擦を軽減し、滑らかにしてくれる役割がある」そう。

4.毛の生える方向に添ってカミソリを当てる

脚の毛を剃るときは、たいてい下から上へと、毛の生える方向とは逆向きに剃る人が多いはず。でもビキニラインを剃るときに、これはNGなんだとか。「デリケートゾーンをカミソリで剃る場合は、毛の向きと同じ方向にカミソリを動かすことによって、肌を擦りむいたり毛を引っかけたりする可能性が低くなります」とドゥエック先生。

5PMS(月経前症候群)や生理中のワックス処理は避けたほうが無難

その時期にワックス処理をするのが危険だというわけではないけれど、肌が繊細になっている分、普段よりも痛みが増す可能性が。

6.レーザー脱毛の危険性を把握しておく(特に毛が薄い人)

ドウェック先生によると、「毛の薄い人は、レーザー脱毛によって毛穴に黒い色素沈着ができてしまう場合があります」とのこと。

7.ハサミを使うときは、明るい照明の下で!

ドゥエック先生はこの手のケガをした患者を何度も見て来たそう。「ムダ毛処理をする際、誤ってひどい傷を作ってしまう人がいます。ハサミがカミソリより安全に思えても、鏡を見ていなかったり、暗くて見えづらい場所でやったりすると、悲しい結果になりかねません」。デリケートゾーンは血液循環がさかんな場所なので、ちょっとした切り傷でも大量の出血につながりかねないのだとか。

美も安全第一。お手入れする際は、これらの注意点を意識してみて。

この翻訳は、抄訳です。

Translation: 名和友梨香

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
安いのに頼もしい!PRが溺愛する「 ハードリピートコスメ」
ブランドPRのリピート買いが止まらないプチプラアイテムを大調査!
人気エスティシャンが教える、アイクリーム正しい使い方
美容
シェア
人気エスティシャン直伝!アイクリームの正しい使い方
ただ塗ればいいと思ったら大間違い!
美容
シェア
PRの溺愛アイテムが知りたい!「 ハードリピートコスメ」大集合
ラグジュアリーブランドPRのリピート買いが止まらないアイテムを大調査!
美容
シェア
美容の新聖地「GINZA SIX」の注目ブティック9選
ここでしか手に入らない限定アイテムも!美容好きがチェックすべきブティックを厳選ご紹介♡
美容
シェア
女ですもの!清水買いすべきなビューティプロダクト8選
どんなに着飾っても肌がキレイじゃなかったら、女としては致命的。服やバッグより、お金をかけるべきは化粧品!
セルライトが目立つ&目立たないの原因は「照明」にあり!?
美容
シェア
セルライトが目立つのは、「照明」のせいだった!?
人気フィットネススターが、自身の身体を使って証明。
パーソナルシェフが明かす、リアーナの「食事習慣」4
美容
シェア
パーソナルシェフが明かす、リアーナの「食事習慣」4
歌姫が大好きな料理は一体…?
美容
シェア
エディターがリアルにハマってる美容アイテム15
毎月いろんなアイテムを試すエディターたちから、今一番愛用しているとっておきを教えてもらいました。結果、全身キレイを目指せる逸品たちが集結しちゃいました♡
美容
シェア
頼りになる! 今欲しいとっておきの「ヘアアイテム」
毎日のケアに取り入れれば、春の日差しに映えるツヤめき美髪に!
美容
シェア
人気モデル香川沙耶のハッピーマインドの秘密
常に人の視線を集めるモデルの仕事。その華やかな姿の裏側にある努力とは…?