脱・腫れぼったい目!簡単にできるスッキリテク

じゃがいもや使用済みティーバッグで手軽にケア!

人気の記事

目の腫れは、(ケガや感染症によるもの以外)水分がたまった状態である"むくみ"が原因であることがほとんどなんだとか。普段から目が腫れないようにするためには、水分をしっかりとって毒素を体内から排出させる、塩分を控える、利尿作用のある食品(野菜など)を摂取するなどを心掛け、睡眠をしっかりとることも大切です。(ただし、睡眠のとり過ぎは目が腫れるのでNG!)

ADの後に記事が続きます

毎日のケアは大事ですが、それでも「今すぐ腫れを引かせたい!」というときもあるのでは? コスモポリタン イギリス版が、そんなときに使える簡単な腫れ解消テクを紹介しています! 参考にしてみて!

1.生のじゃがいものスライス

輪切りのきゅうりで目を冷やす方法を聞いたことのある人は多いでしょう。実はじゃがいもスライスの方が効果を期待できるのです。じゃがいもに含まれているカテコラーゼという酵素に、腫れを抑える効果があるとのこと。横になり、冷蔵庫で冷やしておいた生のじゃがいもスライスを目の上に置いて10分ほどパックしてみましょう。パック後は、必ず冷たい水で顔を洗ってください。

2.アロエベラジェル

ビタミンEや酸化防止物質を豊富に含むアロエベラは、肌に潤いを与え、細胞の修復をうながしてくれるんだとか。加え抗炎症作用があるため、目の腫れを落ちつかせてくれるそう。アロエの葉を折ると出てくるジェルを目の周りに塗るとスッキリするのは、美容オタクならみんな知っているコトだとか。

3.冷えたティーバッグ

使い終わったティーバッグ(紅茶でも緑茶もOK)は、捨てずに冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。アイマスク代わりに5分間ほどまぶたの上にのせると、酸化防止物質やカフェインが目の周りの肌にハリを与え、血流を良くし、溜まった水分も流れていくそう。

4.冷たいスプーン

古典的ですが、手軽なのがコレ。時間に余裕があればステンレスのスプーンを2本冷凍庫で数分間冷やしてください。お急ぎなら、冷たい水道水を流しかけて冷やすだけでもOK。横になって目をつぶり、スプーンの底部分をまぶたの上に置くと、その冷たさで血管がキュっと収縮し、むくみが引いていくんだとか。

5.冷やしたアイクリーム

普段から目が腫れぼったくなりがちな人は、アイクリームを冷蔵庫にいつも入れておくといいでしょう。冷えていると、含有成分の効果が出やすいそう。

6.血流促進マッサージ

血流を良くし、むくみの原因である水分を排出するには、マッサージがオススメ! ただ、目の周りは繊細な部分なので、力加減にはご注意を。まず指先でアイクリームを目の下部に軽く叩くように塗りこみ、指を軽く添えて皮を優しく引っ張るようにして排水をうながします。次に、眉骨を同じように軽く叩き、まぶたを優しく持ち上げるように上へ引っ張ります。

ガジェット好きなら、アイマッサージ機を使ってみては? 目の周りの代謝がアップして、クリームや美容液の染みこみもよくなるんだとか。

就寝前は…

明日は大事な日!というときは、ぜひ以下の2つの方法を試してみてください!

7.アイクリームの使用は控える

目が腫れやすい人は、夜寝る前にアイクリームを塗るのはやめましょう。寝ている間に染み渡って目の近くまで広がり、かゆみや腫れなどの炎症を起こす可能性があります。保湿用にどうしても何か塗りたい場合は、クリームではなく軽めの美容液にし、目そのものでなく目の周りの骨部分に塗りましょう。

8.枕を増やす

仰向けの状態で、頭の下に枕を2つ重ねて寝るのも目の腫れ防止に効果的です。頭を高くすることにより、水分が目元に溜まらず、下に流れていくからです。

この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
美容
シェア
おさえておきたい! ラグジュアリーコスメ12選
誰よりも素敵になれるとっておきのラグジュアリーコスメを厳選。プレス担当者からのオススメコメント付き!
レブロン シアラ
美容
シェア
シアラが輝き続けるのは「美しさと自信」があるから。
日本の女子に贈る、「自分の美しさ」と向き合う方法
美容
シェア
「ラデュレ」舞踏会で踊る"足"のリップグロスって?
今にも動き出しそう♡
「ヴィクシーショー 2016」バックステージ・レポート
美容
シェア
「ヴィクシーショー 2016」のバックステージを覗き見♡
レディー・ガガも仲間入り♡人気モデルたちの素顔を一挙公開!
美容
シェア
コスモでしか読めない!日本、韓国、香港、中国の美容トレンド
アジア4カ国の編集部で共同制作。各国のビューティトレンドを動画に♪
美容
シェア
愛用商品まで徹底解剖!美を保つには月額いくらかかる!?
どこにどれだけお金をかければ、そんなに美しくなれるんですか!?
美容
シェア
2016年アジア女性の間で最も人気だった美容品とは?
4カ国のコスモポリタン編集部で今年最も人気だったビューティアイテムを厳選する「ASIAN BEAUTY AWARDS」を開催!
ハンバーガーを美味しそうに見つめる女性
美容
シェア
ダイエット経験者ならわかる!減量中の心の叫び14
大好物が「最大の敵」になる…
美容
シェア
タブー化しないで!デリケートゾーンのケア方法8選
産婦人科医の宋美玄先生が、デリケートゾーンの正しいケア方法を伝授!
ナチュラル美人の素!ハワイの最新スーパーフード事情
美容
シェア
ナチュラル美人の素!ハワイで話題の「スーパーフード」
食べてキレイになれるなんて、最高!