【毎日を幸福にするヒント】至福のバスタイムに欠かせないもの

入浴剤を賢く使い分けて楽しいひとときを

人気の記事

こんにちはMakikoです。

編集者になって早20年以上! 編集の仕事を長くしていると自分の生活もエディットしているんだな、と最近つくづく感じるようになりました。

日々の暮らしがちょっぴり幸せになる楽しいこと、素敵なもの、アイディアをご紹介していきます。

私はお風呂が大好きで、冬だけに限らず、一年中ほぼ毎日朝晩必ずバスタブに湯を張ってお風呂に浸かります。このお風呂好きが高じて温泉ソムリエにもなったのですが、まずは自宅でのバスタイムの話から。

ADの後に記事が続きます

お風呂に入るとき入浴剤はどんなものを入れていますか? と聞かれることが多いのですが、私が日常気兼ねなくつかっているのが、バスクリンの「きき湯」。いくつか種類がありますが、冷え性・疲労向けの食塩炭酸湯のオレンジのパッケージのものが気に入っています。さらに普通の粗塩も大さじ1杯程度入れています。湯温は40℃で、やや少なめに入れてゆっくりと20分くらい。大抵は本を読んだりして過ごしていますが、携帯を持ち込むことも。あっという間です。温泉ソムリエ的には別の効果的な入浴方法もあるのですが、それはまた別の機会に。自宅では低めの温度で、とにかくゆっくり入るのがリラックス効果大だと思っています。

大抵この組み合わせなのですが、朝などは粗塩だけで簡単に済ますときも。粗塩は1キロの袋入りのものを買っても250円くらいですし気軽に使えるので、ガラスのジャーに移し替えてバスルームに置いています。「きき湯」は温泉由来成分で構成されていて、九州の炭酸ガス系の発泡温泉である「長湯温泉」からヒントをもらって製品開発したそうですから、そこから温泉科学を追求して生まれた入浴剤。たまに遠くの温泉にいくのもいいですが、こうした入浴剤で毎日温泉気分もいいですよね。

そして、ぐっすり眠りたい夜は、少し贅沢なオイルを使います。それがアロマセラピー アソシエイツのバスオイル。不眠気味だったときに出会ったのがこの「ディープリラックス バスアンドシャワーオイル」なのです。何をしても眠れなかったのに、なんとこのオイルを試したら、その日の夜にはまさにぐっすりと嘘のように眠れてしまったのです。べチバー、サンダルウッド、カモミールという心の底からリラックスできる高品質のエッセンシャルオイルが贅沢に使われているのですが、ベッドの中に入ってもこの香りの効果が持続して、まるで森に抱かれているような安らぎに包まれて眠れました。それ以来、常備薬のようにバスルームの棚に加わりました。ご褒美バスオイルとして、我が家の定番の一つになっています。伊勢丹 新宿店のビューティ アポセカリーでも取り扱っています。

♣【毎日を幸福にするヒント】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
パーソナルシェフが明かす、リアーナの「食事習慣」4
美容
シェア
パーソナルシェフが明かす、リアーナの「食事習慣」4
歌姫が大好きな料理は一体…?
美容
シェア
エディターがリアルにハマってる美容アイテム15
毎月いろんなアイテムを試すエディターたちから、今一番愛用しているとっておきを教えてもらいました。結果、全身キレイを目指せる逸品たちが集結しちゃいました♡
美容
シェア
頼りになる! 今欲しいとっておきの「ヘアアイテム」
毎日のケアに取り入れれば、春の日差しに映えるツヤめき美髪に!
美容
シェア
人気モデル香川沙耶のハッピーマインドの秘密
常に人の視線を集めるモデルの仕事。その華やかな姿の裏側にある努力とは…?
美容
シェア
サボらず続けたくなる最新UVケア11選
毎年多くUVケアアイテムは発売されるけど、面倒なのもリアルな話。そんなあなたに、毎日続けたくなる心地よさにこだわった最新アイテムをご紹介! ライフスタイルに合わせて今月から取り入れて!
美容
シェア
便利すぎて手放せない!コスモ厳選のお助け美容グッズ7選
より快適&よりスムーズにビューティライフをサポートしてくれるとっておきのアイテムたち♡
美容
シェア
ツヤ肌さんの必需品! コスモ厳選「クッションファンデ」6選
この春も続々と新商品が発売される注目のクッションファンデを一挙ご紹介!
美容
シェア
年齢を隠せない! ネック&デコルテケアは今からはじめるべし!
顔よりも皮膚が薄い首元&デコルテは20代からのケアがルール! デイリーからスペシャルまで、使うべき優秀10アイテムをセレクトしました!
欠点も隠さない!「自分の体」を愛するセレブ11人
美容
シェア
ありのままでOK!「自分の体」を愛するセレブ11人
見ていると元気になる♡
産後のモデルのSNSに「いいね!」殺到。その理由は…?
美容
シェア
なぜ?産後のモデルのSNSに「いいね!」が殺到したワケ
体の変化を恥じるのではなく、誇りに変えよう!