女装家ブルボンヌが指南!コスモ女子が誇るべき「美意識」

オトコウケのために美を磨いてるワケじゃない! そんなコスモ女子に。

人気の記事

今回のテーマは"美"ですって。ド直球!まあファッション好きのコスモ女子はもちろん、たいていの女性やオネエさんにとっても、もらえるもんならいくらでももらいたいものの筆頭でしょうよ。「美容にいいらしい」って聞くだけで、みんななりふり構わず、妙にお高い水を飲んだり、アナルからコーヒー注入してきたわけだもんね(みんなじゃないわ)。

ADの後に記事が続きます

でもあらためて"美"って何なのって考えてみると、そう単純なもんじゃない。一応、四半世紀近く女装という"偏った美の地点"にいた身ですから、そこから見えてきたものもあるのよね。

そもそも、ゲイの変身文化「ドラァグ・クイーン」のメイクや衣装って普通の感覚の"美"をぶっちぎってるのは、見れば分かるでしょ。厚み2cmくらいありそうなアイラインとか、ハエとり草みたいなつけまつ毛とか、そんなの観たらそこいらの殿方は勃起する前に怯えるわけ。ヒーローのそばでサポート役に徹するヤッターマン2号的なポジションの大人しいかわいさじゃなくて、ドロンジョ様やヘドリアン女王的な過剰な装飾と攻めの姿勢こそクイーン文化なんだもん(相変わらず例えがババア向きでわかりづらい)。

コスモ女子なんかは、この「自分がしたい美の表現に寄せていったら、男子モテから遠ざかっちゃった!」というのを実感してるコは多いんじゃないかしら。うちの店でも「そのハネすぎのアイライン…オカマにはウケるけど男子には威嚇よね」ってブルゾンちゃん風アイメイクのコに声かけてるわ。

そう、そもそも美の方向性には大きく「相手の感覚に合わせて喜ばせるモテの美」と「自分の感覚を満足させる装飾の美」があるのよね。自分の中で「オトコにウケてこそ美!」と、本心から一致してたほうが、全力でユルフワの甘め女子として装飾できて、そのまま王道の趣味の男性に見初められて、お互い満足で幸せなのかも。でも、そんな女と男だけで固められていったら、全員一緒の制服着せられるみたいでクソつまんなくね? 特にコスモ女子は、オトコウケのためだけに生きてないでしょ!

なのでまず美しくなりたいのは共通項として、その目的が「オトコたちにチヤホヤされる」ためなのか「自分自身が憧れる形に近づきたい」のかを意識するのは大きいと思うの。もちろん、昼は男性同僚ウケする抑えめオフィスビジュアルで、夜は盛り場用の自分が楽しくなるビジュアルでって切り替えるタイプも昔からいるけどね。普段は女装で仕事してるおじさんが、プライベートのホモデートの時には、なけなしの無精ヒゲ生やして男性性を盛ろうとするのも似たような使い分けなのよ(あんまり効果ないけど)。

自分らしさをぶっちぎってる女子も、的確にオトコウケを利用できるしたたかな女子も、それぞれステキだと思うの。ただなんとなく流行りに乗っかってる薄ぼんやりしたモテ狙いや、逆にそれに迎合したくないからってモテファッションを敬遠してるだけの卑屈さとかのほうが、中途半端で魅力的じゃないと思うわ。

で、どっちコースにも間違いなくプラスになるのは、ベースの「お手入れの美」よね。方向性がいろいろあっていい装飾メイクに対して、健康でみずみずしいお肌とか、ヘアや指先のケアとか、基礎化粧品的な範ちゅうの美を嫌がる人はほとんどいないんだから。そこは気にして損はない。そしてもうひとつ、自分のありように自信を持ててるマインドも、美肌と同じくらいに大事な土台。これは卑屈視線と自虐芸風で長年生きてきたアタシだからこそ、痛感してるポイントだからね。「かわいいね、きれいだね」って言われたら、「そんなことないですよ、自分なんてぇ」じゃなくて、「やったー!ありがとう」って素直に言える人間のほうが間違いなく美しいのよ。

実際、2丁目ウケする女子たちって、骨格の造型や肉付きより「ちゃんと気を使ってるオシャレ」と「自分の生き様を楽しむ姿勢」を併せ持ってるコってイメージ。ストレート男子は、欲望のせいで見抜けなかったりするんだけど、同性やゲイはちゃんと見てるものよ。オシャレデブとか、神経の行き届いた個性派フェイスとか、男子には分かりにくい可愛さや美しさって愛おしいわ。

コスモ女子もアタシも、今までももこれからも自分や周り基準のいろんな"美"に一喜一憂していくんだろうけど、自分の外側の作られた像に追いすがるんじゃなく、自分の内側から引き出す"美"に目を向けてみて。オトコ目線に合わせて纏うだけじゃなくて、自分が考えて楽しんで美を生むの! 「今年のスタイル」「今日のテーマ」な自覚と、「モデルきどり」「女優ごっこ」な意識があれば自分主導で"美"を楽しめるはずよ。最悪オトコにはわかんなくても、女子同士、オネエ同士で褒め合いまっしょ。まだ気づいていない自分の"美"へと、HAVE A NICE FLIGHT~!

関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
お泊り会やギフトにも!話題を呼ぶ「おもしろコスメ&ケア」
SNS映えする斬新なパッケージに、他にはない機能性! ユニークなコスメを厳選してお届け♡
医師が教える、「ひどい日焼け」をしたときの応急処置10
美容
シェア
医師が指南!ダメージを軽減する、日焼け後の正しいケア
ケアするか否かで、回復のスピードも大きく変わるのだとか
美しすぎる50歳!ニコール・キッドマンの「食事習慣」
美容
シェア
奇跡の50歳!ニコール・キッドマンの「食事習慣」
女優、プロデューサー、妻、母として多忙な彼女の毎日を支える食生活とは?
美容
シェア
新しい!変化を楽しむ「ニュアンスチェンジ」コスメ7選
手持ちのアイテムに重ねることで色やテクスチャーが変化する!?
美容
シェア
【旅コスメ都市編】NY、Paris...トランクに入れておくべき美容アイテム12選
都会だから現地で買えばいい、じゃなくてやっぱり日本から持参するのが一番安心♡
美容
シェア
美ボディモデルの愛用ヒップケアアイテムとトレーニングを紹介
香川沙耶のような、美尻をゲットするためには...?
美容
シェア
【ビーチ&秘境編】絶景旅行に必須の旅コスメ13選
これからのバカンスシーズン、思いっきり楽しむために厳選ビューティプロダクトを忘れずに♡
美容
シェア
夏の頼もしい味方!今持つべき8本の「ティントコスメ」
メイク直しの時間がとれなくても、汗をかいても崩れないなんてありがたすぎる…!
機内でも美肌に!CAが実践する美容ケア4つ
美容
シェア
美肌の達人CAが実践する「機内の美容ケア」4
これで、長時間フライトも恐くない!
美容
シェア
すべて1900円以下!毎日使える「プチプラシートマスク」
化粧水感覚でバシバシ使えちゃうコスパ最強のシートマスクを8点紹介!