「私はブスです」、女性が訴えた心の叫びとは?

「見た目で判断されること」は、人の心にどれほどの傷を残すのか…ある女性の体験談。

人気の記事

すべての女性には、女性として尊重されて生きる権利がある。しかし時に女性は、あまりにも無残な言葉を投げつけられる。それがどれほど相手を傷つけているか、想像できないような人々から。

"ブス"、"醜い"などの心ない言葉を浴びせられ、ついには自分自身に女としての価値などない、なんて思うようになってしまったら…。

ADの後に記事が続きます

これは、<reddit>という様々なテーマについて自由に意見を述べることのできるディスカッションサイトに、匿名で投稿された1人の女性の体験談をコスモポリタン イギリス版がまとめたもの。彼女の、赤裸々な告白と切実な訴えを読んでみてほしい。勇気ある告白に、考えさせられるはずだ。

以下が、その内容。

私は"ブス"です。客観的に見て自分でもそう思う。<reddit>のみんな、慰めの言葉や反論はいらないから。私は別に太ってるわけじゃない。むしろ同年代の女性たちと比べても、スタイルはいい方だと思う。服だって自分に合ったものを選ぶし、決して趣味は悪くないはず。それにメイクにはすごく自信もある。なのに…。

私はつい先週末ある出来事を体験して、自分に合った服を着ても、どんなに頑張ってメイクをしても、それら全て何ひとつ意味がないのだ、無駄なことなのだと、残酷なほど思い知らされた

クラブにはあまり行かないけれど、大変だった学校の試験がやっと終わって、友達がちょうど21歳の誕生日だったから、その晩ばかりは友人たちと連れだって思いっきり楽しむことにしたの。

だから、以前買ったまま、物怖じして一度も着たことがなかった、普段の格好より少しセクシーなドレスを引っ張り出してみた。友人とショッピングしたときに「アンタもこれくらい思い切っちゃいなよ」って勧められて買ったドレスだったし。

そしていつもよりメイクもキメて、癖毛で広がりまくった髪も頑張ってストレートにして。自分で言うのもなんだけど、鏡を見たら、「わ! これ本当に私?」っていうくらいキレイになったつもりだった。

「ついに私は、本当に魅力的な女の子になれたんだ」

そして家を出て、待ち合わせ場所で友人たちと集まったとき、みんな口々に褒めてくれた。気を遣ってくれたわけでも、おだてているのでもなく、本当にそう思って言ってくれてるんだってことがわかった。ついに私は、本当に魅力的な女の子になれたんだ、そう思った。

だけど、いざクラブに着くと、その晩のイベントは女の子もチャージを払わなければいけなくて。チャージは要らないものだと勘違いしてた私たちは、あまりお金を持たずに出てきたから、6人のうち1人しかまとまった現金を持ってなかった。

このままだとみんな入場できないって困ってたら、後ろに並んでた男の子たちが「みんなの分の入場料を払ってあげるよ」って申し出てくれたの。すごく嬉しかったからみんなで「やった! ありがとう」って盛り上がった。そのときまでは良かった。

友人たちに順番にお金を渡して1人ずつ入場してゆく中、なぜか誰も私の分を手渡そうとしなかった。男の子たちの誰も、私と目を合わそうとしてくれなかった。みんな自分の財布の中を見ながら「もうお金ないよ」ってフリをしたり、目を地面に伏せたりしてた。友人の1人がお金を貸してくれたから私も入れたけど、正直もう帰りたい気分だった。

ADの後に記事が続きます

それでも、「今夜は思いっきり楽しみにきたんだ」、って自分に言い聞かせて、さっきの出来事を忘れようとした。友人たちと踊りながら、楽しもうとしてた。

そしたらそこに男の子のグループが混ざってきて、いい雰囲気になって、だんだんそれぞれがペアになって。ペアになった人たちはその場を離れて、各々話したりドリンクを飲んだりし始めたの。私以外はね。

同じように残された男の子の1人がいて、私と一緒に踊り始めたんだけど…。彼はまるで視線を合わせようともせず、目を泳がせながら、ずっと周りをキョロキョロしてた。まるで誰か他の子を探しているって言わんばかりに。そうして1人でいる別の女の子を見つけた彼は、あっさり私から離れて行ってしまった。他の子と踊り始めた彼の表情は、本当に楽しそうだった。私は悲しくて押しつぶされそうな気持ちになったわ。

仕方がないので、バーカウンターへ行くことにした。男の子とペアでいる友達の1人がそこにいたから、話に混ぜてもらった。彼に紹介されて、飲み物もおごってもらったけど、なんだか自分だけ邪魔者な気がして、いたたまれずそこも離れてしまった。

しばらくして、みんなダンスフロアに再集結した。友人たちはみんな男の子とペアになっているのに、私だけ1人のまま。

でも、その後にもっとひどい出来事が待っていたの。

「悪いけど、君はちょっと外れててもらえないかな」

その晩クラブにはカメラマンがいて、そのクラブの宣伝か何かに使うための写真を撮っていた。そしたら彼は私たちのグループの方へ来て、「君たちを撮りたい」って言ってきたの。

みんなはしゃいでポーズして、彼はぐるぐる周りながらいろんなアングルで写真を撮っていった。私も「なんだかモデルみたいな気分!」って盛り上がって、楽しそうな表情を作ってポーズをとった。でも、ある瞬間に気づいたの。彼はアングルを変えながら、私以外の子たちしか撮影してないってことに。他の子たちは気づいてなかったし、自分でも「まさかそんな」って思ったけど。

でも、ついにカメラマンが私の方へ来てこう言ったの。「悪いけど、君はちょっと外れててもらえないかな」って。

やっと楽しくなったと思ったのに、 ついに"ブス"の烙印を押された私は、その場にいるのが一気にツラくなった。本当に悲しかった。

家に彼氏を残して出てきた友人の1人が、私を夜道で1人にしないために、一緒にクラブを出てくれた。みんなには「疲れたから帰る」と伝えて。残った子たちは、最後まであのカメラマンが私に何を言ったか知らないままだったみたい。

楽しむはずだった私の週末は、こんな風に終わったってわけ。

<reddit>でこれを読んでるみんなにお願いです、どうかブスな子にも、もう少し優しく接してやってください。

あの晩居合わせたうちの誰かがこの投稿を目にして「自分のことだ」って気づいたらいいのにな。そうすれば、心ないちょっとした態度や言葉が「どれほど深く、酷く、人を傷つけることができるのか」を知ってもらえるかもしれない、って思うから。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
お腹にストレッチマークを持つ女性インスタグラマーが明かした、体に対する苦悩に共感!
美容
シェア
インスタグラマーが明かした「体についての苦悩」に共感!
「自分を愛せない日があってもいい」
美容
シェア
グランプリは誰の手に!?ミセス・インターナショナル日本代表が決定!
日本代表に選出されたグランプリは、アメリカで開かれる世界大会に挑戦!
美容
シェア
エディターがリアルに愛用中!こだわりフレグランス14
色々な香りに出会ってきた編集部員にずっと使いたいと思わせた、優秀フレグランス14選!
日焼け止めを塗っているのに、肌が焼ける11の理由
美容
シェア
なぜ?日焼け止めを塗っているのに焼けてしまう理由11
夏がやってくる前に、知っておきたい!
白髪が増えるメカニズムって?医師直伝の髪の健康法8つ
美容
シェア
白髪はなぜ増える?医師が教える、健康な髪を保つ秘訣
増える前に知っておきたい、白髪に関するアレコレ。
姿勢を変えるだけで、自撮り写真はどれくらい変わる?
美容
シェア
衝撃…姿勢を変えるだけで、セルフィーはこんなに変わる!?
あるインスタグラマーが実証。カギは「角度」にあり?
美容
シェア
モデルたちも撮影前に使っている美顔器とは?
コスモ編集長が、毎晩テレビを見ながら愛用しているものとは…!?
美容
シェア
安いのに頼もしい!PRが溺愛する「 ハードリピートコスメ」
ブランドPRのリピート買いが止まらないプチプラアイテムを大調査!
人気エスティシャンが教える、アイクリーム正しい使い方
美容
シェア
人気エスティシャン直伝!アイクリームの正しい使い方
ただ塗ればいいと思ったら大間違い!
美容
シェア
PRの溺愛アイテムが知りたい!「 ハードリピートコスメ」大集合
ラグジュアリーブランドPRのリピート買いが止まらないアイテムを大調査!