体型は関係ない!?セルライトにまつわる意外な事実

うわ…勘違いしてた。

人気の記事

セルライトについていろいろ聞いたり読んだりしても、その正体や撃退法は謎が多い…。

太ももやおしり、二の腕に現れるあの憎きボコボコ。それを除去すると宣伝しているメソッドや商品って、実際どれくらい効果があるの?

コスモポリタン イギリス版のビューティーライターが、福祉施設「カッシーナ・ケア」の主任栄養士、フェリース・コサカヴィッチさんにインタビュー。その中から、セルライトにまつわる6つの事実をご紹介。

ADの後に記事が続きます

1. 有酸素運動をしてもセルライトには効果なし!

「マサチューセッツ州クインシーにある<サウス・ショア・YMCA>の研究結果ですが、成人が30分間の有酸素運動を8週間続けたところ、2kg程度の減量はみられたものの、筋肉量は増えず、身体組成にもほとんど変化がみられませんでした。つまり、セルライト除去にはあらゆるアプローチ法を施さなければ、変化が見込めません」

2.  セルライトを除去する魔法のクリームは存在しない

「残念ですが、高価なクリームも、セルライト撃退の強い味方にはならないのです。どんな謳い文句が書かれていようが、セルライトを完全になくしてくれるような商品はないのです」

3.  セルライトは誰にでもつく

「女性の80%~98%の人は、セルライトがあるといっていいでしょう。セルライトのボコボコは、どの女性の体にも存在する、繊維組織が結合してできたものなのです」

4.  セルライトは毒素が溜まってできるものではない

「セルライトは皮下脂肪がコラーゲン繊維を押し上げて表層化したものか、皮下脂肪が結合組織と絡まってできたものです」

5.  セルライトは痩せている人にもつく

「セルライトはどんな体型の人にも現れます。というのも、結合組織が弱まり皮下脂肪が絡まりやすくなるのには、ホルモンの変化、運動不足、筋力の低下、ぜい肉、代謝の衰えなど様々な原因があるからです」

6.  脂肪吸引でセルライトは解消されない

「美容外科で脂肪吸引手術を受けると、脂肪がよりつきやすくなり、セルライトが目立ちやすくなります」

確かにセルライトは気になっちゃうけど、誰にでもある、ごく普通の現象だとわかってちょっと安心!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
美容
シェア
特別感がイイ!春限定の「ラグジュアリーコスメ」はコレを買う!
人気ブランドやデザイナーとのコラボが目白押し!コスモ厳選の期間限定コスメをご紹介♡
美容
シェア
コスパ最強♡春限定の「プチプラコスメ」はコレを買う!
映画『美女と野獣』をモチーフにした限定品も♡ コスモ厳選の期間限定コスメをご紹介!
美容
シェア
メイクアイテムだってナチュラルコスメが使いたい♡
自然派なのにオシャレで可愛いメイクコスメ。ゆらぎやすい今こそ取り入れた人が勝ち!
ダンス動画を公開するプラスサイズ女性が急増中!?
美容
シェア
どんな体も愛そう!プラスサイズ女子のダンス動画が話題
ぽっこりお腹やセルライトを受け入れて、自分を解放!
美容
シェア
美容皮膚科医が教える、「シワ」ケア最前線
まだまだ先…?と思っていても「対策は早め」が賢い選択!
ムダ毛処理中の女性
美容
シェア
わかる~!「ムダ毛多め」女子に起こるジレンマ15
「ゴリラ」と呼ばないで!
カサカサ肌を防ぐには?専門家が勧める5つの防止策
美容
シェア
専門家に聞いた!カサカサ肌とサヨナラする5つの方法
普段から無意識にしていることが、カサカサ肌の原因かも…?
美容
シェア
ブランドPRが溺愛中!毎日飲みたい「インナーケア」アイテム
実践したからこそ説得力があるんです! あなたのキレイを後押しする12の逸品たち。
カミソリを取り替えないと…?起こりうる5つのリスク
美容
シェア
古いカミソリを使い続けると起こり得る5つのリスク
ケチったら後で後悔するかも…?
美容
シェア
肌がゆらぎやすい季節には「ドゥ・ラ・メール」の美容液を
なめらかなテクスチャーが肌を包み込んで…気持ちいい♡