エステティシャンが教える正しいアイクリームの使用法

ただ塗ればいいと思ったら大間違い!

目元の皮膚は極めて薄い上、デリケート。コスモポリタン イギリス版によると、アイクリームを使うことは大事だけど、「正しい」方法でむくみを取り、保湿し、ちりめんジワをケアすることも同じく大切なことなのだとか。誤った方法で続けると、腫れたり、皮膚を引っ張りすぎたりする恐れがあるとのこと。

ADの後に記事が続きます

そこで、セレブ御用達のカリスマエステティシャンレネ・ルーローさんアイクリームの正しい塗り方と、刺激の少ない製品の選び方についてアドバイス

1.アイクリームは目を囲む眼窩骨(がんかこつ)に添った部分に塗る

「清潔な指で目の下の皮膚を軽く押し、目の下にある骨の位置を確認します。アイクリームはその内側部分に塗ることを想定して作られています」

2.まつ毛の生え際近くを避ける

「瞬きする度、まつ毛にごく少量のアイクリームが付着し、最終的に目の中に入ってしまいます。目の中に異物が入ると刺激を感じ、不必要に腫れぼったくなってしまいます」

3.ごく少量を塗る

上記の通り、アイクリームは目の動きによって他の場所に移動することを忘れないこと。

「たとえば、まぶた全体に伸ばしたクリームは他に行き場がないので、目の中に入ます。あくびをすると涙アイクリームが浮かび上がり、目をこすったときに目の中に入ります。そのため、目の周りは避け、くぼみに沿った部分のみに塗ってください」

4.油性の成分を避ける

製品を選ぶ際、鉱物油やペトロラタム(石油から作る半固形の油)が含まれていないことをチェックするといいそう。

「こういった重油は目元の敏感な肌細胞を圧迫し、やがて弾力維を弱めるため、シワの原因になります。また、これらの油は睡眠中に目の中に入るため、朝目覚めたときに目が腫れぼったくなる原因にもなるのです」

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
1年半ぶりの来日!ポピー・デルヴィーニュに独占インタビュー
カーラ・デルヴィーニュの姉ポピーが語る、美の秘訣や夢を叶えるためのアドバイスとは?
美容
シェア
美容大国の最前線!韓国で「今」話題のコスメ13選
日本ではまだあまり知られていないアイテムばかり!
美容
シェア
アイテムを選ぶだけじゃダメ?コスメは使い方が重要!
日焼け止めからベースまで!サマンサ麻里子の夏の愛用コスメたち!
美容
シェア
セレブたちの美の名言集めました
オードリー・ヘップバーン、ミランダ・カー、エマ・ワトソン・・・憧れのセレブたちの名言の数々は、明日からの美しさの糧になるはず。
美容
シェア
女装家ブルボンヌが指南!コスモ女子が誇るべき「美意識」
自分が追い求める"憧れの美"と"オトコウケ"、アナタはどっちを選ぶ?
美容
シェア
くせ毛さん必見!梅雨を乗り切るヘアアイテム10選
湿気でウネる悩ましい"くせ毛"に効果的なヘアプロダクツを厳選してご紹介!
イタリア人女優が教える、20代&30代の「美のアドバイス」
美容
シェア
イタリア人女優が直伝!20代&30代女性の「美のレッスン」
伯爵の婚約者でもある女優イザベル・アドリアニが語るとっておきの美容法
美容
シェア
ハリウッド女優が美容のためにしていること
肌荒れに効く!キキ流の超シンプルな自炊術も紹介
パリジェンヌにこっそり質問!自宅でのビューティーケア
美容
シェア
雨でもHAPPY♡パリジェンヌの秘密のホームケア
パリジェンヌに愛用コスメや自宅で実践する美容ケアを直撃!
奇跡の47歳!ジェニファー・ロペスの若さの秘密7
美容
シェア
奇跡の47歳!ジェニファー・ロペスの美ボディの秘訣6
これでアラフィフって…かっこいい!