いけないとは思いつつ…女子がやっちゃうNG美容習慣

​当てはまる項目が多い人は、美容習慣の改善が必要かも?

人気の記事

肌に悪いとは知りつつも、ついついやってしまう美容にまつわる"悪いクセ"を、コスモポリタン アメリカ版から! 思い当たる人は、お肌のためにできるところから改善していきましょう。

1.ニキビを押しつぶしてしまう

傷跡が残ってあとが大変。つぶしたい衝動をグっとこらえて!

2.メイクブラシをこまめに洗わない

「メイク前にはちゃんと洗顔してるから、ブラシだってそれほど汚れないでしょ?」と自分に言い聞かせてない…?

ADの後に記事が続きます

3.使用期限を過ぎたマスカラを使い続ける

マスカラの使用期限は3カ月といわれていて、期限切れのものを使い続けると、目の感染症のリスクも。新しいマスカラを買う金銭的余裕がないのはわかるけど、あまり長期にわたって使わないようにしましょう。

4.はみ出たアイライナーを消すのは…ツバをつけた自分の指!

綿棒を使うのが正しいんだろうけど、なぜか必要なときに見つからない…というのはよくあること。いつでも見つけられる場所にストックしておきましょう。

5.ところどころ剥がれてきたマニキュアは、新しいマニキュアで"落とす"!

そういうときにかぎって、除光液が手元にない…。ちょっと面倒でも、コンビニへGO!

6.鼻の毛穴ケアはずばり「鼻を強く押して絞り出す」こと!

毛穴からニュルッと出てきた"アレ"を見るのがひそかな楽しみで…。でも、あとで真っ赤になった鼻を見るとしのびない気持ちになるでしょ? 

7.メイクしたまま"つい"寝ちゃう

これがお肌に良くないのは、女子ならみんなわかってるはず。

8.アイライナーをきれいにしないまま、友だちとシェア

友だちなんだから、お互いの肌に付いてるバクテリアも仲良くシェアしてOK…なわけないし!

9.お店のお試しコーナーでメイクし放題

それはつまり、不特定多数の人が使ったメイク用品を使ってるってこと。

10.毛を1本剃り忘れて、指を使って抜こうとする

でもなかなか抜けなくて、よけい毛穴にダメージが…。毛抜きで抜けば、一発で終わるから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
「ヴィクシーショー 2016」バックステージ・レポート
美容
シェア
「ヴィクシーショー 2016」のバックステージを覗き見♡
レディー・ガガも仲間入り♡人気モデルたちの素顔を一挙公開!
美容
シェア
コスモでしか読めない!日本、韓国、香港、中国の美容トレンド
アジア4カ国の編集部で共同制作。各国のビューティトレンドを動画に♪
美容
シェア
愛用商品まで徹底解剖!美を保つには月額いくらかかる!?
どこにどれだけお金をかければ、そんなに美しくなれるんですか!?
美容
シェア
2016年アジア女性の間で最も人気だった美容品とは?
4カ国のコスモポリタン編集部で今年最も人気だったビューティアイテムを厳選する「ASIAN BEAUTY AWARDS」を開催!
ハンバーガーを美味しそうに見つめる女性
美容
シェア
ダイエット経験者ならわかる!減量中の心の叫び14
大好物が「最大の敵」になる…
美容
シェア
タブー化しないで!デリケートゾーンのケア方法8選
産婦人科医の宋美玄先生が、デリケートゾーンの正しいケア方法を伝授!
ナチュラル美人の素!ハワイの最新スーパーフード事情
美容
シェア
ナチュラル美人の素!ハワイで話題の「スーパーフード」
食べてキレイになれるなんて、最高!
それNG!シェアすると危険なメイクアイテム10選
美容
シェア
ストップ!使い回してはいけないメイクアイテム10選
そこには目に見えないウィルスや細菌が…
デスクワークでお尻が平らに!その防止策は?
美容
シェア
デスクワークがお尻を平らに!?「オフィス尻」解決策は?
たしかに、1日8時間も座ってたら…。
美容
シェア
セレブたちが実践している冬太り対策法
イベントシーズン前に知っておきたいセレブたちの冬太り対策。コッソリ真似すれば冬太りもお正月太りとも無縁!