いけないとは思いつつ…女子がやっちゃうNG美容習慣

​当てはまる項目が多い人は、美容習慣の改善が必要かも?

人気の記事

肌に悪いとは知りつつも、ついついやってしまう美容にまつわる"悪いクセ"を、コスモポリタン アメリカ版から! 思い当たる人は、お肌のためにできるところから改善していきましょう。

1.ニキビを押しつぶしてしまう

傷跡が残ってあとが大変。つぶしたい衝動をグっとこらえて!

2.メイクブラシをこまめに洗わない

「メイク前にはちゃんと洗顔してるから、ブラシだってそれほど汚れないでしょ?」と自分に言い聞かせてない…?

ADの後に記事が続きます

3.使用期限を過ぎたマスカラを使い続ける

マスカラの使用期限は3カ月といわれていて、期限切れのものを使い続けると、目の感染症のリスクも。新しいマスカラを買う金銭的余裕がないのはわかるけど、あまり長期にわたって使わないようにしましょう。

4.はみ出たアイライナーを消すのは…ツバをつけた自分の指!

綿棒を使うのが正しいんだろうけど、なぜか必要なときに見つからない…というのはよくあること。いつでも見つけられる場所にストックしておきましょう。

5.ところどころ剥がれてきたマニキュアは、新しいマニキュアで"落とす"!

そういうときにかぎって、除光液が手元にない…。ちょっと面倒でも、コンビニへGO!

6.鼻の毛穴ケアはずばり「鼻を強く押して絞り出す」こと!

毛穴からニュルッと出てきた"アレ"を見るのがひそかな楽しみで…。でも、あとで真っ赤になった鼻を見るとしのびない気持ちになるでしょ? 

7.メイクしたまま"つい"寝ちゃう

これがお肌に良くないのは、女子ならみんなわかってるはず。

8.アイライナーをきれいにしないまま、友だちとシェア

友だちなんだから、お互いの肌に付いてるバクテリアも仲良くシェアしてOK…なわけないし!

9.お店のお試しコーナーでメイクし放題

それはつまり、不特定多数の人が使ったメイク用品を使ってるってこと。

10.毛を1本剃り忘れて、指を使って抜こうとする

でもなかなか抜けなくて、よけい毛穴にダメージが…。毛抜きで抜けば、一発で終わるから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
リアルな「産後ボディ」を披露したママブロガーに拍手!
美容
シェア
拍手!ママブロガーがリアルな「産後ボディ」を披露
「産後の体は、1日では元に戻らないわよ」
美容
シェア
ぐっすり睡眠を香りでサポート♡アロマコスメ9選
良質な眠りのためには、バスタイムやベッドサイドに心地よい香りを♡
意外と雑…?セレブの「アンダーヘア処理」に関する発言9
美容
シェア
自然派?ツルスベ派?セレブ9人がアンダーヘア事情を告白
処理方法の多数派は意外にも…!?
美容
シェア
欲張りスキンケアでがんばった肌にご褒美を♡
忙しくてケアする時間がない人に朗報!たった1本であれこれいろんなケアができちゃう名品を揃えました。
美容
シェア
うるもちBODYをお風呂で作れる名品10
せっかくお風呂で温めた体を冷やしながらケアするなんてもってのほか!
美容
シェア
肌はしっとり、香りはこっくりな「濃厚ボディケアクリーム」10
保湿効果だってお墨付き! うっとりボディへ導くアイテムをご紹介♡
美容
シェア
1年のご褒美に、エディターが買いたい「コスメ」はコレ♡
スキンケアラインに、メイクアップツールなど!エディターたちがご褒美に選んだアイテムとは?
美容
シェア
私物公開!御令嬢モデル福田萌子の「ズレてる!?」生活を覗き見♡
本物志向な御令嬢モデルの自宅に行ってみたら、愛用品がスゴすぎた…!
美容
シェア
むくみや冬太りに♡スッキリ小顔をつくる名品を探してみた!
なんとなーく顔がもたつきがちな今こそ手に取りたい、9つの珠玉アイテム!
医師が勧める、ニキビを撃退するための6つのアドバイス
美容
シェア
医師に聞いた!ニキビを早く治すための6つのケア&対策
いざできてしまったら、悪化させないことが大切