いけないとは思いつつ…女子がやっちゃうNG美容習慣

​当てはまる項目が多い人は、美容習慣の改善が必要かも?

人気の記事

肌に悪いとは知りつつも、ついついやってしまう美容にまつわる"悪いクセ"を、コスモポリタン アメリカ版から! 思い当たる人は、お肌のためにできるところから改善していきましょう。

1.ニキビを押しつぶしてしまう

傷跡が残ってあとが大変。つぶしたい衝動をグっとこらえて!

2.メイクブラシをこまめに洗わない

「メイク前にはちゃんと洗顔してるから、ブラシだってそれほど汚れないでしょ?」と自分に言い聞かせてない…?

ADの後に記事が続きます

3.使用期限を過ぎたマスカラを使い続ける

マスカラの使用期限は3カ月といわれていて、期限切れのものを使い続けると、目の感染症のリスクも。新しいマスカラを買う金銭的余裕がないのはわかるけど、あまり長期にわたって使わないようにしましょう。

4.はみ出たアイライナーを消すのは…ツバをつけた自分の指!

綿棒を使うのが正しいんだろうけど、なぜか必要なときに見つからない…というのはよくあること。いつでも見つけられる場所にストックしておきましょう。

5.ところどころ剥がれてきたマニキュアは、新しいマニキュアで"落とす"!

そういうときにかぎって、除光液が手元にない…。ちょっと面倒でも、コンビニへGO!

6.鼻の毛穴ケアはずばり「鼻を強く押して絞り出す」こと!

毛穴からニュルッと出てきた"アレ"を見るのがひそかな楽しみで…。でも、あとで真っ赤になった鼻を見るとしのびない気持ちになるでしょ? 

7.メイクしたまま"つい"寝ちゃう

これがお肌に良くないのは、女子ならみんなわかってるはず。

8.アイライナーをきれいにしないまま、友だちとシェア

友だちなんだから、お互いの肌に付いてるバクテリアも仲良くシェアしてOK…なわけないし!

9.お店のお試しコーナーでメイクし放題

それはつまり、不特定多数の人が使ったメイク用品を使ってるってこと。

10.毛を1本剃り忘れて、指を使って抜こうとする

でもなかなか抜けなくて、よけい毛穴にダメージが…。毛抜きで抜けば、一発で終わるから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
美容
シェア
美容皮膚科医が教える、「シワ」ケア最前線
まだまだ先…?と思っていても「対策は早め」が賢い選択!
ムダ毛処理中の女性
美容
シェア
わかる~!「ムダ毛多め」女子に起こるジレンマ15
「ゴリラ」と呼ばないで!
カサカサ肌を防ぐには?専門家が勧める5つの防止策
美容
シェア
専門家に聞いた!カサカサ肌とサヨナラする5つの方法
普段から無意識にしていることが、カサカサ肌の原因かも…?
美容
シェア
ブランドPRが溺愛中!毎日飲みたい「インナーケア」アイテム
実践したからこそ説得力があるんです! あなたのキレイを後押しする12の逸品たち。
カミソリを取り替えないと…?起こりうる5つのリスク
美容
シェア
古いカミソリを使い続けると起こり得る5つのリスク
ケチったら後で後悔するかも…?
美容
シェア
肌がゆらぎやすい季節には「ドゥ・ラ・メール」の美容液を
なめらかなテクスチャーが肌を包み込んで…気持ちいい♡
美容
シェア
夏に向けてボディメイク!「ラクやせ」を叶えるアイテム9選
手軽に取り組めるダイエットグッズで、夏までにカラダすっきりさせちゃいましょ!
誰もが気になる英国王室で何食べてる?!キャサリン妃の「食事習慣」8
美容
シェア
気になる!キャサリン妃の「食」にまつわる習慣8
普段食べているものや、食事で大切にしていることって?
顔以外も!「角質ケア」をするべきボディパーツ4つ
美容
シェア
見逃してない?「角質ケア」すべき身体のパーツ4選
かさつき&ガビガビとはこれでサヨナラ!
美容
シェア
この春行きたい!エディター溺愛の美容スポット
美容室からネイル・リラクゼーション・エステサロン・・・etc. エディターたちがずっと通い続けている鉄板スポットを特別にご紹介! 各エディターのコメント付き。