いけないとは思いつつ…女子がやっちゃうNG美容習慣

​当てはまる項目が多い人は、美容習慣の改善が必要かも?

人気の記事

肌に悪いとは知りつつも、ついついやってしまう美容にまつわる"悪いクセ"を、コスモポリタン アメリカ版から! 思い当たる人は、お肌のためにできるところから改善していきましょう。

1.ニキビを押しつぶしてしまう

傷跡が残ってあとが大変。つぶしたい衝動をグっとこらえて!

2.メイクブラシをこまめに洗わない

「メイク前にはちゃんと洗顔してるから、ブラシだってそれほど汚れないでしょ?」と自分に言い聞かせてない…?

ADの後に記事が続きます

3.使用期限を過ぎたマスカラを使い続ける

マスカラの使用期限は3カ月といわれていて、期限切れのものを使い続けると、目の感染症のリスクも。新しいマスカラを買う金銭的余裕がないのはわかるけど、あまり長期にわたって使わないようにしましょう。

4.はみ出たアイライナーを消すのは…ツバをつけた自分の指!

綿棒を使うのが正しいんだろうけど、なぜか必要なときに見つからない…というのはよくあること。いつでも見つけられる場所にストックしておきましょう。

5.ところどころ剥がれてきたマニキュアは、新しいマニキュアで"落とす"!

そういうときにかぎって、除光液が手元にない…。ちょっと面倒でも、コンビニへGO!

6.鼻の毛穴ケアはずばり「鼻を強く押して絞り出す」こと!

毛穴からニュルッと出てきた"アレ"を見るのがひそかな楽しみで…。でも、あとで真っ赤になった鼻を見るとしのびない気持ちになるでしょ? 

7.メイクしたまま"つい"寝ちゃう

これがお肌に良くないのは、女子ならみんなわかってるはず。

8.アイライナーをきれいにしないまま、友だちとシェア

友だちなんだから、お互いの肌に付いてるバクテリアも仲良くシェアしてOK…なわけないし!

9.お店のお試しコーナーでメイクし放題

それはつまり、不特定多数の人が使ったメイク用品を使ってるってこと。

10.毛を1本剃り忘れて、指を使って抜こうとする

でもなかなか抜けなくて、よけい毛穴にダメージが…。毛抜きで抜けば、一発で終わるから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
女装家ブルボンヌが指南!コスモ女子が誇るべき「美意識」
自分が追い求める"憧れの美"と"オトコウケ"、アナタはどっちを選ぶ?
美容
シェア
くせ毛さん必見!梅雨を乗り切るヘアアイテム10選
湿気でウネる悩ましい"くせ毛"に効果的なヘアプロダクツを厳選してご紹介!
イタリア人女優が教える、20代&30代の「美のアドバイス」
美容
シェア
イタリア人女優が直伝!20代&30代女性の「美のレッスン」
伯爵の婚約者でもある女優イザベル・アドリアニが語るとっておきの美容法
美容
シェア
ハリウッド女優が美容のためにしていること
肌荒れに効く!キキ流の超シンプルな自炊術も紹介
パリジェンヌにこっそり質問!自宅でのビューティーケア
美容
シェア
雨でもHAPPY♡パリジェンヌの秘密のホームケア
パリジェンヌに愛用コスメや自宅で実践する美容ケアを直撃!
奇跡の47歳!ジェニファー・ロペスの若さの秘密7
美容
シェア
奇跡の47歳!ジェニファー・ロペスの美ボディの秘訣6
これでアラフィフって…かっこいい!
美容
シェア
瑞々しさをオン♡質感命の「濡れツヤコスメ」10選
濡れたようなテクスチャーを簡単に演出できる、優秀コスメをピックアップ!
美容
シェア
目指せアンジー!「セクシーリップ」のお助けアイテム10選
キスを誘うような肉感的なリップは、いつだってコスモガールの憧れ♡
美容
シェア
香りorボトルで選ぶ?最新サマーフレグランス9選!
数量限定品も!売り切れる前にチェックを♡
引き算メイクトップ
美容
シェア
セレブがお手本!引き算メイクでセクシー度アップ
実は男子がぐっとくるのはシンプルメイク♡