いけないとは思いつつ…女子がやっちゃうNG美容習慣

​当てはまる項目が多い人は、美容習慣の改善が必要かも?

人気の記事

肌に悪いとは知りつつも、ついついやってしまう美容にまつわる"悪いクセ"を、コスモポリタン アメリカ版から! 思い当たる人は、お肌のためにできるところから改善していきましょう。

1.ニキビを押しつぶしてしまう

傷跡が残ってあとが大変。つぶしたい衝動をグっとこらえて!

2.メイクブラシをこまめに洗わない

「メイク前にはちゃんと洗顔してるから、ブラシだってそれほど汚れないでしょ?」と自分に言い聞かせてない…?

ADの後に記事が続きます

3.使用期限を過ぎたマスカラを使い続ける

マスカラの使用期限は3カ月といわれていて、期限切れのものを使い続けると、目の感染症のリスクも。新しいマスカラを買う金銭的余裕がないのはわかるけど、あまり長期にわたって使わないようにしましょう。

4.はみ出たアイライナーを消すのは…ツバをつけた自分の指!

綿棒を使うのが正しいんだろうけど、なぜか必要なときに見つからない…というのはよくあること。いつでも見つけられる場所にストックしておきましょう。

5.ところどころ剥がれてきたマニキュアは、新しいマニキュアで"落とす"!

そういうときにかぎって、除光液が手元にない…。ちょっと面倒でも、コンビニへGO!

6.鼻の毛穴ケアはずばり「鼻を強く押して絞り出す」こと!

毛穴からニュルッと出てきた"アレ"を見るのがひそかな楽しみで…。でも、あとで真っ赤になった鼻を見るとしのびない気持ちになるでしょ? 

7.メイクしたまま"つい"寝ちゃう

これがお肌に良くないのは、女子ならみんなわかってるはず。

8.アイライナーをきれいにしないまま、友だちとシェア

友だちなんだから、お互いの肌に付いてるバクテリアも仲良くシェアしてOK…なわけないし!

9.お店のお試しコーナーでメイクし放題

それはつまり、不特定多数の人が使ったメイク用品を使ってるってこと。

10.毛を1本剃り忘れて、指を使って抜こうとする

でもなかなか抜けなくて、よけい毛穴にダメージが…。毛抜きで抜けば、一発で終わるから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
COSMOPOLITAN SUMMER Party♡人気脱毛サロン「シースリー」ブースを直撃!
「#コスモサマパ」で人気のフォトブースはこちら♡
美容
シェア
【SNAP】ニューヨーカーに聞く「教えたくない美容テク」
NYの街角で美女をキャッチ!コスモポリタンだけに明かしてくれた美の秘訣とは!?
美容
シェア
弾ける笑顔は口内環境から!本気のオーラルケアに効くアイテム集
歯の黄ばみや口臭、歯茎の腫れ…口内環境を改善するなら外せない!
美容
シェア
夏到来♡「仕込みコスメ」でくずれ&ヨレ知らずに!
汗ばむ季節でも朝のメイクを1日キープしてくれる優秀コスメをご紹介♡
美容
シェア
「お助けアイテム」で今年の夏はいつもより大胆に!
ムダ毛や黒ずみ、匂いなど、ボディの悩みを解決してくれる強い味方をご紹介!
チャーミングな49歳!ジュリア・ロバーツの美の秘訣
美容
シェア
ジュリア・ロバーツがいつまでも若々しい理由6
笑顔は健在!
女性がウソのビフォーアフターをアップする理由は?
美容
シェア
彼女が偽物の「ビフォーアフター」をアップし続ける理由
どちらであっても、あなたは美しい!
美容
シェア
知らなかった! あの名品スクラブでモテBODYが手に入る♡
ハリがあり、丸みもある。そんな、肌見せしたくなる憧れボディラインが作れちゃう!
美容
シェア
【SNAP】オージー美女に聞く「秘密にしておきたい美容テク」
シドニーで美女をキャッチ!コスモポリタンだけに明かしてくれた美の秘訣とは!?
産後のお腹やストレッチマーク(妊娠線)は、ママの証!
美容
シェア
「産後の体は、命を育んだ証拠!」あるママの投稿に感動
「出産後の体を、恥ずかしがらないで!」